アマノジャク・思春期の作品情報・感想・評価

アマノジャク・思春期2016年製作の映画)

上映日:2019年07月27日

製作国:

上映時間:31分

3.7

あらすじ

「アマノジャク・思春期」に投稿された感想・評価

amemamema

amemamemaの感想・評価

3.5
30分の中に学校や家庭の地獄が凝縮されていました。
監督のインタビューを読んで、適切な診断や知識が人を救う時があるんだろうと感じました。
見終わりの正解がわからない。問題の目の付け所はいいと思うが、実際の学校の現状を知っている身として終わりがないのは辛い。
y

yの感想・評価

3.5
ショッキングだけど、30分以下と短いので一度見てみるといいと思う。
知っておくべき事実。が書かれてるんじゃないかな。と思う。
イジメが出てくるので、決して心地よい作品ではないけれど、どこにでも起こっている、起こりうる事実なんじゃないかと思う。
人と違うことを理解しようとする人でありたいし、学校の先生は少なくてもそうであっていただきたい。
Lightroom

Lightroomの感想・評価

4.5
絞り込まれた脚本、とても考えられた演出。秀逸な演技
最小限の表現で、鑑賞者の意識の何かを引っ張り出す。
印象的な音楽、音響がそれを増幅する。没入させる。
約30分ほどの濃密な体験。

しっかりと刺さる、考えさせられる映画です。
Next

Nextの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

ネット配信にて視聴。
胸の奥がギューっと締め付けられ、目の前が暗くなるような感覚、たまに挟まる明るくでも物悲しい音楽や弟の存在に救われつつも、さらに続くかもしれない未来の不安に心がざわざわする。息を止めてみてたかのように、視聴後息を思いっきり吐き出す。映画の中で起こることとしては、難解なストーリーでも複雑な登場人物構成でもないのに、超絶濃厚な30分。
こうして映画にすると一人ひとりの心の葛藤が俯瞰して見え、あぁそうじゃないよだめだよ、、、なんて思えるが、主人公はじめ、さまざまな人が色々なこだわりやもどかしさを胸に抱え、それをどう外に表現発散するかによって、評価賞賛、あるいはレッテルを貼られる現実。一瞬の出来事で昨日までの理解者が今日の敵になってしまうかのような恐怖。
主人公にとっては絶対的な心理的安全があればまた違う生き方になったのか、登場人物らに自らを投影し、誰の立場ならどう考え振る舞うのか、現実世界で私ができることは何か。。。視聴後、思いがぐるぐると止まらない。
宮台氏と映画作成者のトークも含めて、深く考えさせられる機会。
2020.2.2 5
中々重かった。その後の宮台真司のトークショーがよかった。
呪いと救い。最近の日本は呪いを感じる人が少なくなっている。聖なる娼婦としての女性。上野千鶴子は映画で描かないでと言った。
幸せと感じるのが95%、一方人に迷惑をかけないなら何をやってもいいと思うのが先進国が80%に対し日本は30%。同調圧力や嫉妬心。沢尻エリカの公判に来た人、反省してるか見る、など。

このレビューはネタバレを含みます


備忘録

彼の声は誰にも届かない

監督の作らなければという意思
映画で救われる

このレビューはネタバレを含みます

31分と短いですが、しっかりと小学校高学年の子どもが抱く不安や葛藤が描かれてました。コンプレックスに縛られ、将来、いや、それどころか一寸先にすら希望を見出せない少年の姿には思わず涙が…。受け口を隠すためのマスクは残酷な世界から身を守るための必要不可欠なアイテム。そのマスクがいじめで汚れてしまうところなんてもう…(泣)

監督さんも思春期に同じ悩みを持っていたそうで、18歳の時に顎の矯正治療をされたんだとか。子どもの頃の辛い思い出は忘れたいはずなのに、映画に収めようとしたのは「今」があってこそ。映画の中では絶望しかなくても、それは人生の一部分であり断片に過ぎないのかなと。もしかしたら私たちが感じる生きづらさも断片的なのかもしれないとちらっと感じました。

今日のK’s cinemaは映写機のトラブルで上映時間を過ぎても上映出来るか分からずちょっと焦りましたが、10分遅れでようやく上映OKに。舞台挨拶で訪れた監督さんがロビーで見せたホッとした表情にこっちも和みました。
ちか

ちかの感想・評価

-
下北沢トリウッドにて鑑賞。
下顎前突や発達障害を背負っている少年とその周辺の人間模様を良くも悪くも誇張することなく表現した映画でした。
変な誇張が無いからこそ、とても残酷に思える場面があり、救いようもない世界観がちゃんと描き出されていたように感じる。
小学6年生はそれなりに賢くなってきているものの、まだまだ純粋な部分も残しており、それがまた暴力的な印象を与えている。子供たちの演技には感嘆。
各々の感情をぶつけ合うシーンは目が離せなかった。
あっという間の30分で、観覧後はなんとも言えぬ心がひたすらざわつきました。きっと賛否両論あるんだろうなぁと思いながらも、そういう意見の広がりがイジメに対する考え方やハンディキャップの捉え方を再考する潮流になれば良いと思いました。
ぴろし

ぴろしの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

衝撃を受けた映画だった。
剥き出しの暴力の萌芽ともいえる小学生のイジメのリアルな描写。
家族や友達、先生、好きな子からの隔絶と絶望感。
受け口という身体的特徴に加えて発達障害を抱えた少年。
描かれた1990年代には発達障害という概念も世の中には無く、人間の生きづらさが凝縮されている映画だと思う。
監督の子供時代をモデルしている。
ということはこの絶望感の中で生き抜いて、その過去に向き合い表現したということ。
そこに希望を感じた。
まずはこういうことがあるというの知ることが世界を自分事化し、愛の深さを学んでいく一歩なのだと思う。
>|