映画 聲の形の作品情報・感想・評価・動画配信

映画 聲の形2016年製作の映画)

上映日:2016年09月17日

製作国:

上映時間:129分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「映画 聲の形」に投稿された感想・評価

いろんなことを考えさせられたり、思い出させられたりする映画だった。自分も知らず知らずに加害者になっているんじゃないかっていう怖さがあった。映像がとてもきれいでした。アニメ映画はそんなにみないけど、かなり好きかも

このレビューはネタバレを含みます

良作で終わってしまった印象。
いわゆる感動ポルノの範疇で終わらず、これでもかと障碍者をえぐりまくる構成は評価。登場人物もリアルなほどクズで、特に川井が憎たらしいほど保身に走る性格描写はよかった。上記はどちらかというと原作に対する評価で、映画全体の評価が原作に対するものになってます。
悪い点は上映時間の関係で石田の描写が多めになってしまい、周辺人物の心理的な変化についていけなかった点。なんで西宮さんは石田のことが好きになったのか?そこの変化を描かない限り蛇足としか思えないし、結局最後まで回収されてない。別にカットしても良かったのでは?あくまで石田を主軸に置くとするのであれば、この映画に期待されることは青春映画にありがちなラブストーリーではない。私がまだまだ感受性が乏しいだけなのか。。
木

木の感想・評価

3.8
なかなか見応えがあると思う。みんなが少しは通ってきた道で、素通りできないし、色んな立場も考え方もあるけどこうして大人になっていく。主人公が何より一番偉いと思ったのは逃げなかったこと!硝子からも周りからも、過去からも自分からも逃げずに向き合った。1度は諦めた生命力が誰かを救おうとする命にまで復活して大切な人を救う。たしかに、過去は変えられないし過去があっての今と未来やけど、世界はいつも自分の視点。自分が世界を広く見ればいつだってそれは応えてくれるはず。それが自分を信じることで得られる報酬やと思った!人生生きてれば、そんな失敗なんて何回でもあるよって言葉、本当に良い薬になると思うなぁ
kaito

kaitoの感想・評価

3.5
だいたい同じ頃に公開された「君の名は」の方が圧倒的に面白かった
ryon

ryonの感想・評価

4.4
何気なく見始めたらしっかり最後まで見てしまいました
久しぶりに集中出来た映画(*´ω`*)
キャラがそれぞれ良い!
内容を全く知らずに鑑賞したらだいぶ重めな内容だった
見たときには気づかなかったけど合唱のシーンは確かに重要
sui

suiの感想・評価

3.0
京アニ好きだ〜。キレイ。
前から気になってた。
こーゆー話だったのね。
耳が聞こえない子の話とは何となく察していたが。
なんか、いじめられっ子だったからちょい辛かったな。
正直、許すなんてできん。
顔も見たくないし、人生で1ミリも交わりたくない。
大人になるとみんな優しくなれるのかね?
すごいね。理想だとは思うけどね。
アニメとかマンガの特権よね。
私の世界にはないな笑
ゆめ

ゆめの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

映像の綺麗さが圧巻。

人間関係の変化が全部ちょっと早すぎて納得できないところもあったけれど、映画尺に収めるためには仕方ないかな。

障害やコンプレックスにどう向き合うか、友達をどう作るか、幼い頃の罪をどう挽回するか。色々なテーマがあってその表現も多彩で素敵だった。

花火のシーンは儚さと切迫感が伝わって目を奪われた。

個人的にはそれぞれの家族の支え合いが好きだった。2人が前を向けたきっかけは恋や友情を知ったからだと思うけど、それが可能となる土台を家族が長い間守ってきたのだと思った。
がしの

がしのの感想・評価

3.5
「いじめ」を題材にした長編アニメーション映画。原作があるらしいけど読んだことがないので、映画からの情報だけでレビュー。

まず最初に触れたいのが小学校の担任の先生。石田らが西宮を虐めてることを認知しているように見受けられたのに、特にアクションを起こさず、西宮が欠席すると石田に対して怒鳴り上げ、他のいじめに加担していた生徒が名乗りづらい状況まで作ってる。挙げ句の果てにはその後の石田に対するいじめにもノータッチ。最悪。インテリぶっておいて飛んだ無能教師。子供は責任能力が低いから他人を傷つけてしまうのは理解するしかないので、いじめを起こさないためには大人がしっかり生徒を監督してあげること。この先生は無能であると製作陣が伝えたかったのならどこかで教師に対する責任にも軽く触れて欲しかった。

高校編に入ってからの話はそんなに好きじゃなかった。
まず、西宮が石田を好きになるという展開が少し不可解で、いじめっ子といじめられっ子の関係を描くなら、それなりに2人に対立して欲しかった。なので好きな異性としての色眼鏡はかけて欲しくなかった。西宮の優しい性格の背景も教えて欲しかった。
川井は結局優等生ぶった女なのか、植野はどうしてラストで急に西宮を知ろうとしたのか、真柴と嶋田はそもそもなんだったのか、しっかり説明して欲しかった。

でも別につまらない映画ではなかったと思う。題材が題材なだけに見るべき映画。
かき

かきの感想・評価

4.7
登場人物が全員正直者なので何回か見るのやめそうになるくらいツライシーンもありましたが、それも含め大好きです。
>|