もののけ姫の作品情報・感想・評価

もののけ姫1997年製作の映画)

PRINCESS MONONOKE

上映日:1997年07月12日

製作国:

上映時間:135分

4.1

あらすじ

「もののけ姫」に投稿された感想・評価

真琴

真琴の感想・評価

5.0
ジブリで一番好きな作品。
映画館で観た際は圧巻だった。
何年経っても色褪せない名作。
ゆ

ゆの感想・評価

4.4
テーマがわかりやすいジブリ。
幼い頃の自分には呪われた主が怖すぎたのと、シシ神さまの神々しさが印象的だった。もう一回みたいな。

このレビューはネタバレを含みます

シシ神@驚異的に美しい森+湖と、モロの神という生物種を越えた親のあたたかさ+見た目とのギャップが素晴らしい。
大きすぎる犬ってカッコいい。
サンがカッコいい。
モロも最高よ。
祟り神のドゥルドゥル感がもう…昔は怖かったなあ、
好きすぎる〜〜〜( °̥̥̥̥̥̥̥̥з°̥̥̥̥̥̥̥̥)
色んな背景を知った上で観ると尚良し
u5p9pihy

u5p9pihyの感想・評価

5.0
細田守を見た後に見たくなってYouTubeで見た。1番初めのシーンから、これこそ日本人たる表現!!!だと思った
どうして日本にはこんなに独特な自然と神道があるにもかかわらず、そこに根差したような実写映画が無いんだろう。あまりにも少なすぎる。キリスト教の映画が当たり前にあるように、神道らしい映画が増えればいいなと思う。
どよう

どようの感想・評価

3.6
呪われて村を追い出された村長候補のアシタカと山犬に育てられたもののけ姫サンと鉄を作るたたら場を引っ張っているエボシの3人の関わりを描いたアニメ超大作。
単純な自然や環境を守る守らないの話ではないため、私利私欲のため自然破壊をする悪い人はおらず、自然を守るために暴走して悪になってしまう神様もでてきません。
女性や病人に対する差別と戦うエボシの男性軽視のスタイルも危うくて味があります。
アシタカ以外の男性は全員モブの田舎者が坊主ばかりでイケメンがいないところも味があります。
何にしても全編名シーンで構成されている、考えさせられる要素の多い名作であることは間違いありません。

コダマのプリケツ!
干し肉を口移しっ!
黙れ小僧!by美輪明宏

過去2016年9月21日テレビ鑑賞
あんな

あんなの感想・評価

3.5
理解するのも難しいし、環境問題に関して考えさせられる映画。
人間が得することによって、自然、動物たちが犠牲になる。
REDksk89

REDksk89の感想・評価

3.5
ジブリ12作目。
環境問題を直視した、久しぶりの社会派作品。熱を感じる。
シシガミは時間という概念を凝縮した存在なのかなと思う。生も死も司る。森を生かすも殺すもできる、時間だな、と思う。
ラストは元通りでハッピー!みたいな終わり方はちょっとお気楽な感じがしてしまったが、現実に少しでも光を、という狙いなのだろうか。
HIRO

HIROの感想・評価

-
この作品を見た時まじビーフジャーキーを柔らかくしてイケメンからもらうって想像めっちゃした!いい影響です🙆‍♂️
>|

あなたにおすすめの記事