もののけ姫の作品情報・感想・評価

もののけ姫1997年製作の映画)

PRINCESS MONONOKE

上映日:1997年07月12日

製作国:

上映時間:135分

4.1

「もののけ姫」に投稿された感想・評価

hitomi

hitomiの感想・評価

2.6
相変わらず素晴らしいですジブリ作品。
ちょっと首飾りのとことかちょくちょく引っかかるところがあるよなぁ…まぁ顔はかっこいいと思うけど笑笑
あと私も一回サンくらい野生児してみたい笑笑
山犬の上に乗りたい笑笑
ここらから宮崎駿が大人のアニメを作り出したと思う。首チョンパや腕スパーン!があるところからも分かる様に。そして視点を絞った描き方も。

アクションの描き方はやっぱ上手い。乙事主の「コイツ、止められない、ヤベェ」感の怖さ、力強さ、それすなわち生命力がハンパない。

人間関係、社会、戦争と被害。とにかく細部まで描かれてて、それを絵としてサラッと見せるのみで説明はしない。このリアリズムの凄さ。
tomiosho

tomioshoの感想・評価

4.5
すでに日本を代表する監督になっていた宮崎駿さんが凄い映画を作った。
という噂だった。
凄い期待を込めて、確か公開日当日に見に行ったけど、想像以上だった。一方で私の理解を超えていた。

2回、3回と見ていく中でイメージを固めていった感じ。
壮大な映画です。
naoko

naokoの感想・評価

4.0
夏になったらなんか観たくなる。
女が強い。最強はおトキさん。
お前にサンが救えるか!!
わからぬ。だが、共に生きることはできる。
アシタカさんカッケー
ジブリ独特の世界観に声優がマッチしていてジブリワールドに引き込まれるいい作品。
オッコトヌシさまが、イノシシたちの皮をかぶった山伏たちに囲まれて「仲間が帰ってきた」というシーン。あまりにもひどいと思って涙が出てしまう。

人間は自然の命のつながりのなかに生かされているのだから、自然を滅ぼしては自分が滅んでしまう。なのに、自然はコントロールできると奢って破壊しては、自分に跳ね返ってくる人間たち。やってることは昔からずっと同じだなと、情けなくてラストでまた泣く。沖縄の辺野古埋め立てのことも重なりました。

つらいのは、えぼしさまが弱い人間に対してとても優しく彼女なりの正義が通っているということ。ただ、人間が自然の一部であるという本質を知らないという愚かさがあるから、こうなってしまった。

1番悪いのは、手を汚さずにシシガミの首を獲ろうとした帝だと思います。今も昔も。力のある人が本質に気がつかないといけない。このままだと人間は本当に滅びちゃうとおもう。
檸檬

檸檬の感想・評価

4.8
ハウル系も好きやけど
アシタカが1番男前な感じする。
エボシ御前の立ち位置好きだなぁ。
ジブリでもトップですきな作品。
QooMe

QooMeの感想・評価

3.8
ジブリ作品ではとても印象に残る作品です。キャラクターが衝撃的なのと、色々と視覚的に残っています笑。地味に、たたら製鉄のところとかちゃんと再現されていて、細かいなあと思います。
umeume

umeumeの感想・評価

4.5
人間界で育ったアシタカと狼に育てられたサンが対立や協力し合う話

断片では観たことあるものの、最初から最後まで観たことがないので、初見

自然界での対立、自然界と人間との対立、人間内での対立など、いろんな対立がありながらも、その中で納得できる状態を目指すために
自分だけが良い、相手だけが良いという話ではなくて、お互いがハッピーになれる道を探ることが問題解決の共存共栄の道であるということを伝えたかったのだと思う。

いやはや、97年に現代で課題になっている環境問題などを提議しており、宮崎駿の感覚の鋭さが感じられる。
>|