「グリーンルーム」に投稿された感想・レビュー

かま
かまの感想・レビュー
4日
2.9

このレビューはネタバレを含みます

ネオナチ軍団がスキンヘッドばかりで顔と名前が一致するまでに時間がかかった。
カッターや消化器という武器からショットガン、ブッシュナイフと武器がグレードアップしていくがその度にメンバーが殺されてまたグリーンルームに戻るのが可笑しい。
ネオナチ軍団も殺るのか殺らないのか、統率が取れてるのか取れてないのか、とにかく回りくどくて途中から笑えてくる。
サトル
サトルの感想・レビュー
5日
4.1

このレビューはネタバレを含みます

絶賛ではないが、なんやろ、好きな話し。

まさかの犬映画でクライマックスは泣かされた(笑)

『アグラをかいたモグラ』?
ばるでむ
ばるでむの感想・レビュー
2017/04/08
4.4

このレビューはネタバレを含みます

大興奮、大満足。
期待していた以上にハイレベルなスリル、恐怖を味わった。
パットが手首をパックリやられる場面では、あまりの緊張と痛々しいゴア表現のせいで思わずのけぞってしまった。
鑑賞中は終始胃がムカムカして、ときおり軽い吐き気を感じた。
ラストの何ともいえない徒労感もいい。
約90分の中にここまで強烈なバイオレンス描写が盛り込まれているとは。
おが玉屋
おが玉屋の感想・レビュー
2017/04/03
3.4

このレビューはネタバレを含みます

こういうの結構好きなんです。あと、犬かいろいろ活躍する映画も好きなんです。
raga
ragaの感想・レビュー
2017/04/02
3.0

このレビューはネタバレを含みます

敵側の追い詰め方の甘さが物語の展開を退屈にさせてしまう。ジェレミー・ソウルニエ監督、痛さの映像表現は上手いのだが、それに追随する人物描写が希薄なのでイマイチ引き込まれない。頑張れ、ジェレミー!
imnr
imnrの感想・レビュー
2017/03/24
5.0

このレビューはネタバレを含みます

モヒカンの部屋でデリンジャー・エスケイプ・プランのポスターを見つけた瞬間否が応でも上がるテンション。
劇中のハードコアパンクバンド"THE AIN'T RIGHTS"も最高。
ポエティックな美しさのモッシュシーン。
サントラポチるしかない。

ヤバイ現場に運悪く遭遇したせいで楽屋に缶詰めにされてしまい、知られた以上生かして帰さないよ?と武装したネオナチが大挙して攻め込んで来るという状況の中、果たして彼らは脱出出来るのか。
メンバー中、一番戦闘能力の高い腕ひしぎドラマーが頼もしい希望の光だったのに、碌な武器も無いせいで皆まるで歯が立たなく次々と殺されて行きます。しかも総じてグッチャグチャな殺されっぷり。
どんどん追い詰められてく手負いの窮鼠たちがいよいよ腹を括った後の、アントン・イェルチンの後ろ姿!これがもぅ、鳥肌モノのカッコ良さ!

ダクトテープはどんだけ万能なんだ笑
TaiSef
TaiSefの感想・レビュー
2017/03/11
3.7

このレビューはネタバレを含みます

題材としてライブハウスに立てこもって戦うというのはとても面白いと思ったので鑑賞

全体的な雰囲気が独特で美しくまであった。
でも完全に私的な意見ではあるが、単純にシーンのカット割りがあまり好きではなかった

あと、わからないことが多すぎるとも思った
最後の方、ゲイブがオーナーになにをもらったのかとかとか、、
何回も観ないとなやつかな?

戦闘が始まってからはスピード感があってもたつかない感じだったのでドキドキしてとても楽しく観れた
マイクのハウリングで敵(主に犬)を追っ払うという戦略はライブハウスでの戦闘らしくとても良かった

ゲイブ呼ばれてるのに掃除してて全然気づかないのとか面白かった
ネタ枠だよねきっとあの人笑

でも特に印象づいているのは、エンディングであり、そこだけ切り取ったら最高の映画だった
終わり方大好き!

まあ、でもやっぱり万人受けはしないんだろうなとつくづく思いますね笑

アンバーもかっこ可愛くて好きなキャラクターだった
てかさすがロックバンドの方々。好戦的ですね笑
りりー
りりーの感想・レビュー
2017/03/09
3.5

このレビューはネタバレを含みます

アントン君目当てで鑑賞。凄惨な場面のすぐ隣で、間の抜けた会話を交わしているような不思議なユーモアのある作品。それはそれは凄惨なのに!
生きるか死ぬかの瀬戸際の、張り詰めた緊張が続くようで、拳銃を握りながら無人島で聴きたいバンドのことを考える。締まったり緩んだりを繰り返す不思議なリズムで、映画は始まり終わっていく。主人公が真っ先に死にかける。メンバーがあっけなく死ぬ。助っ人が現れたと思ったら死ぬ。敵があっさり撤退する。命令を失った猛犬は飼い主のもとへ帰る。あの二人は、あれからどこへ向かったのだろう。

「深刻になるのは耐えられない」という、なんてことないアントン君の台詞に泣いた。わたしは彼のことを全然知らないけれど、なんだか本当に彼が言いそうな気がしたから。いつになってもかなしいよ。
杉山くん
杉山くんの感想・レビュー
2017/03/07
-

このレビューはネタバレを含みます

ミュージアムとかもこれくらいバイオレンスに走ればもっと良くなっただろうなと思った。ただこの手の映画にしては爽快感が薄い。でも日本にはない、この感じはやっぱり面白いですね。
ベンジャミンミン
ベンジャミンミンの感想・レビュー
2017/03/04
3.6

このレビューはネタバレを含みます

思ってたよりも普通だった。頼りになりそうなやつに限ってどいつもこいつもソッコー死ぬのも良いし、アントンイェルチンの腕の特殊メイクも良いし、犬🐕が可愛いし。戦闘とかも工夫されてて良い。けど全体的にはあまり引っかかるものはなかったなー。

R.I.P.アントン・イェルチン
>|