グリーンルームの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

「グリーンルーム」に投稿された感想・評価

NORIDAR

NORIDARの感想・評価

3.0
アクションスリラー…インザハウス!

タラちゃん一押しということもあり気持ちいいリベンジモノを期待していたものの、案外淡々とした攻防で思っていたよりも地味な仕上がりに。

ただ、ゴア描写が派手ではない分痛々しさは増し増しで、ルックのカッコよさも際立っていた。

ライブハウスならではのハウリングを駆使する所が好き。



無人島でロックならブラー。
殺人現場を見られてしまって、その口封じをしようとするところまではまあ理解できるんやけど警察をごまかすためのシナリオのこだわり方がすごすぎ。

そこまでして犬に襲わせて殺す必要あるかって感じ。笑🐶
しかもものすごいあっさり撃退されるし😨

みんなでショットガン持っていってドアぶち破ったら5分とかからずに口封じ成功だったような🤭

まあそれやと30分ぐらいで映画終わってまうか💥
中盤、ドア挟んでの攻防からおもろい。前半の音楽好きあるあるはわからん。
グリーンルーム 鑑賞。

アントン・イェルチェン、シリアスに狂気を見せてくれていました。

が、そこまで面白いかと言われると微妙だ。パトリック・スチュアートもかっこええが勿体無い使い方をしている。
Daichi

Daichiの感想・評価

3.5
面白かった!飛んだ災難だ!かわいそうに!みんなやられっぷりが良かった!
この緊張感!
ライブハウスのおっさんが事務所に拳銃を取りに行くワンカットで、これはもしやと思っていたら、そこからの人死にのシーンはどれも素晴らしいですね!特にモヒカンの従兄弟が撃たれるところ、地下室での背後からのヘッドショット、最後の銃撃戦は、それぞれ緊張感が切れずに映っていて見応えがありました。
アントンが観られなくなるのは残念です。
ヤッター血だ!血!!といっても実はB級スリラーホラーではなかったので驚いた。系譜を持った立派な作品だこれ!

簡単に言うとネオナチに喧嘩売って密室で囲まれてヤベェってプロットなんだけれどこれってまあ言うまでもなくよく使われている手法ですよね、やべーのに囲まれた密室の篭城戦、そうナイト・オブ・ザ・リビングデッド!!
ゾンビこそ出てこないけれどあの映画の本質は「極限状況下で取る人間の行動」にあるので本作はちゃんとそれを踏襲しているのではないかと思う。調べてみたらビンゴだった。ちなみにそれとは別に監督は要塞警察とやらも踏襲しているとか。ゾンビ+西部劇だったわけだ。そこにパンクロックが合わさったのが本作。映画を見る度に思うけれど洋楽履修してないのは映画オタクとしてはまずいな〜〜と思う。本作冒頭の会話とかポカーンだった

概ね未体験ゾーンの映画たちは好きなので本作もいい感じだった。実は今日は誕生日なのだけれど祝杯入れてFoooってな感じで見るには丁度いい映画だった。
柴

柴の感想・評価

3.0
バイオレンスなシーン多め。

しかし画面が暗いから個人的にはそんなにグロさは感じなかった
(個人的な視力の関係で暗いと見えない 笑)

終始緊張感。
inabow

inabowの感想・評価

2.8
ライブハウスのグリーンルーム(楽屋)を拠点に敵と攻防を繰り広げながら脱出を試みる。
終盤に主演二人の容姿が変化するのは楽屋ならではという感じでなかなか面白かったです。
暗くてどこが出入口でどこから敵が来るか分からないあの雰囲気はまあまあ良かったですが、もうちょいライブハウスそのものを活かしてほしかったです。マイクのハウリングだけではものたりない!
JIN

JINの感想・評価

3.3
パンクバンドがひょんなことからネオナチのライヴに出ることになり、その後ドエラい目に遭うという話。
このバンドが最初に何かカッコつけたこと言ってて、演奏を始めたらクソバンドやったから笑ってしまった。
無人島に一つバンドを連れて行くとしたら?の質問が妙。

新スタートレックやX-MENのパトリック・スチュワートが悪役だったのが印象深かった。
パンクスvsネオナチという構図は新鮮やったけど、何かもう一声がほしいもどかしさ。
まあそれなりにインパクトのある作品ではある。
>|