パニック・ルームの作品情報・感想・評価

「パニック・ルーム」に投稿された感想・評価

絶対安全な部屋のはずが、犯人にジリジリ追い詰められる感覚。

ハラハラドキドキ。
まさに映画ならではの体験だと思う。

超駄作『デッドハング』も、こんな感じにしたかったのかな?

面白さは雲泥の差!です。
たまにふとこの映画の内容は思い出すのにタイトルが思い出せなくて
あーーーあーーーーあのーーーー
なんだっけ!ほら!!ほらあ!!
って自分の中ですごく考えてタイトルを
やっと思い出して借りる!

どきどきはらはらのスリルも
人間関係も色々と見れるストーリー!

フォレスト・ウィッテカーさんは
相変わらずいい役をする( ´・ω・`)
優しいのに悲しい役。
クリステン・スチュワートさんは
子役時代もシュッとしてて綺麗だねー!
中庭

中庭の感想・評価

1.8

このレビューはネタバレを含みます

グーグルマップのように暴力的に画面が拡大・縮小されるショットの多さが気になったものの、ヒッチコックが現代的な機材を手に入れてたら、土管の上に積もった微小な砂や石が振動で震えて落ちるといったような物質の運動の表現は用いたかもしれないな、とも想像させられた。ハンマーを頼りに暴力的な男が母親へ迫るショットはキューブリック的だし、画面前景でドアの背後でジョディ・フォスターを待つ犯人と近くまで迫る彼女の構図はヒッチコックやホークスに近い、さらに椅子にくくられた傷だらけの父親の歪んだ造形はカーペンターやダンテ的で、フォレスト・ウィテカーが降伏する裏庭のショットは70年代世代のスピルバーグ周辺のハリウッド作家たちの仕事のようでもある。床に落ちた指の欠片を拾い集めるときにあまり目でとらえられないような速度でそれを隠してしまうのはフィンチャーっぽい。
Charlotte

Charlotteの感想・評価

3.9
面白かった。

クリステンの子役時代が見られて良き。

撮り方上手いし音楽がフィンチャーっぽい。
かここ

かここの感想・評価

5.0
小学生の頃、CMが怖くトラウマになった映画
中学生の頃にハラハラしながら見た記憶があり、再度視聴。

いやー面白かった。
フィンチャー作品は最高のサスペンスを生み出しますね。
クリステンステュアートの子役とは思えない演技も良い。

母は強し。笑
まる

まるの感想・評価

3.7
ありそうでなさそうな映画。
みあきず満足度は高かった。
犯人それぞれにちゃんとキャラクターがあるのが面白い。犯人たちがこの映画の特徴でも面白さでもあると思われる。
設定としてありそうな話ではあるのだけれど、見ごたえは十分。
他のフィンチャー作品に比べ話の種明かしのとき感じられるワクワク感や驚きが格段に少ないのは否めないけれども、監督自身娯楽に特化して作ったと明言しているようだし、十分レベルの高い作品。
終始ハラハラできたし、監督の多才さを感じられてよかった。最後まで手の内を見せないところやラストのなんともいえないモヤモヤ感は他作品にも共通するフィンチャー監督ならではのよさかも。楽しかった
緊張感の作り方、飽きない構成。
最後まで楽しく鑑賞することができました。

キャラクター一人一人もちゃんとはっきりとした性格があって、主人公側も悪役も余すことなく関心を向けることが出来ました。
キャラクターの描き方は他のフィンチャー作品同様素晴らしかったです。

ただ、他のフィンチャー作品にある“ずば抜けてこの部分すげぇ!”ってなる要素がこの作品には少し少なかったように感じました。
テーマがテーマだから多少仕方がないのですが、もう少し作品の奥行きのようなものが欲しかったです。

しかしスリラーとしてもエンターテイメントとして良くできており、かなりオススメできる一本です。
最後までハラハラ、飽きさせない展開。面白かった!
娘の持病の一件には驚いたし、本当に気の毒。
黒人の犯人は、、、最初からこうなると予想した結末だった。
ま、私はそれでよし、だけど。
shota

shotaの感想・評価

3.5
パッケージはずっと知ってたけど思ってたのと違う内容やったけど、すごいハラハラして見入った!!
Qちゃん

Qちゃんの感想・評価

3.3
元々富豪の家だったトコに住む事になった母娘。そこに非常時に逃げ込む用の「パニック・ルーム」があって…という設定がユニーク。ほぼ全編通してハラハラしっぱなし。画面作りの暗さや話の流れも手伝って、とにかく緊張感が重い。息できん。余計な部屋のせいで死ぬほど酷い目にあう二人の可哀想な姿に、もう途中の方からしんどくなってきた。でも映画館だったので早送りするわけにもいかず。後味も悪い。残るものないんで、観て疲れるだけの映画。
>|