若葉のころの作品情報・感想・評価

若葉のころ2015年製作の映画)

5月一号/First of May

上映日:2016年05月28日

製作国:

上映時間:110分

3.7

あらすじ

台北に住む17歳の女子高生バイ(ルゥルゥ)は、離婚した母と祖母との3人暮らし。学園生活を明るく満喫していたが、最近、親友ウエンと男友達イエとの関係に心を痛めていた。そんなある日、母のワン(アリッサ)が交通事故で意識不明の重体となってしまう。悲しみに暮れる中、バイは母のパソコンから、偶然、初恋の相手リン(リッチー)に宛てた未送信メールを発見。そこには、自分と同じ17歳だったころの思い出が切々と綴ら…

台北に住む17歳の女子高生バイ(ルゥルゥ)は、離婚した母と祖母との3人暮らし。学園生活を明るく満喫していたが、最近、親友ウエンと男友達イエとの関係に心を痛めていた。そんなある日、母のワン(アリッサ)が交通事故で意識不明の重体となってしまう。悲しみに暮れる中、バイは母のパソコンから、偶然、初恋の相手リン(リッチー)に宛てた未送信メールを発見。そこには、自分と同じ17歳だったころの思い出が切々と綴られていた。遠い日の母の青春に思いを馳せるバイは、母に代わって「会いたい」とリンにメールを送る…。遡ること30年前の1982年、ワン(ルゥルゥの二役)とリンは、高校の英語スピーチコンテストで優勝を争ったことから、お互いを意識し合う存在となる。惜しくも2位に甘んじたリンは、ある日、英語担当の教師から、ビージーズの「若葉のころ」の歌詞を中国語に翻訳するようにと課題を出される。リンはこれをチャンスとばかり、ワンへの思いを言葉に託し、「若葉のころ」のレコードと一緒に、訳した歌詞を彼女に渡す。だが数日後、リンが“ある事件”を引き起こし、二人は離れ離れになってしまう・・・

「若葉のころ」に投稿された感想・評価

まぁ

まぁの感想・評価

5.0
ふぁ〜ため息が出てしまいました。
気がついたら、涙も…。

何て美しい映画なんだろう…。

良い音楽を聴いて、自然と涙が溢れる自分で良かった…♪
良い映画を観て、自然と涙が溢れる自分で良かった…♪

今日…という日を、大切に生きたい…。
でも、たまには、過去を、昔を、思い出しても、良いよね…。

眩しいくらいの若葉…ちょっと羨ましいけれど…(笑)

朝から、心が優しく、温かくなれる作品…(*^^*)
今日も1日…頑張れそう…☆
Yuka

Yukaの感想・評価

-
主人公の女の子めちゃくちゃタイプ

30過ぎとか信じられない笑
ぽのけ

ぽのけの感想・評価

4.0
限りなく透明に近い ストーリーよりもルゥルゥ・チェンの美脚と美しさが残ったな 終わった後はMystery of Loveが聴きたくなる
この時代の
台湾の制服かわいいし、かっこいいし
全体の空気感がみずみずしくて尊かった。
あとは…なにもまとまらなかった感…。
miharu

miharuの感想・評価

3.2
ちょいちょい演出がダサくて笑ってしまったけど、穏やかで優しくてきゅんとした。

女優さんがもう可愛すぎる。ルゥルゥチェン!台湾の高校生ってこんな感じなのかなあって、新鮮でした。制服かわいい。スカートが短い(笑)

ポスターで気になってた通り、自然が綺麗だった。雨とか、緑とか陽の光とか。エンドロールの映像も綺麗。レコード投げるシーンがよかった!かな!
YUKI

YUKIの感想・評価

3.3
はじめての台湾映画。
これでもかって程エンドロールまで美しく、17歳の煌めき、眩しさが詰め込まれていた。
中国語って早口できつい言い方のイメージあったけど、やさしい喋り方だった。
mbotii

mbotiiの感想・評価

4.0
こういうの好き。
rikkorason

rikkorasonの感想・評価

4.0
心地いい風を感じる映画。
ドラマチックな展開はさほどないからこそ、日常のシーンが現実と乖離した印象がなく馴染んで見えた。事故で倒れた母の挟んで祖母と肉まんを食べるシーンの愛おしさよ。
>|