ラストレターの作品情報・感想・評価・動画配信

ラストレター2020年製作の映画)

上映日:2020年01月17日

製作国:

上映時間:121分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「ラストレター」に投稿された感想・評価

ぷん

ぷんの感想・評価

3.8
亡くなった姉に向けて手紙が送られる

岩井俊二の作品はちょっと青臭いところをうまーく取り消してくれるから好きなんだけど、今回は何故か消す気がなく青臭すぎた、しかもおじさんの妄想が捗った感じがしてより青みがマシマシな感じ
(広瀬すずを無垢な少女として扱うのもなんだろなーという感じ)

あなたがこうだったらこうだったかもしれない、的なおじさん版君の名はみたいなストーリー

松たか子の振り回される綺麗な女性役、本当にピッタリ
嫉妬で怒る夫役の庵野秀明が見れるのもレア

うーん、ストーリー性が強かった印象
岩井俊二のメッセージみたいなものはあったのかな‥?
さやか

さやかの感想・評価

3.4
神木くんを国民の初恋に任命したい
客観的に見ているとかなり重たい愛
その時しか紡げない言葉、自分だけの語彙は手紙には多い気がする
EI

EIの感想・評価

4.0
とてもハートフル。心が揺さぶられた。
青春の思い出が上手く練り込まれて話に引き込まれた。

静かなストーリー展開だが、愛情・後悔・切なさ・・・心の機微を、
福山さん、松さん、広瀬すずさん、神木さんが丁寧に表現している。
森ななちゃんの透明感すっごい羨ましい周りの景観とまじで相性が良すぎる画面が綺麗だった
akari

akariの感想・評価

4.8
記憶の中で、小説の中でずっと生き続けているんだなぁと思った。
芽

芽の感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ロケ地の一つがなんと母校(笑)ということで観なければと思ってようやく鑑賞。

あの時どうして別れちゃったんだろう、あの時こうだったらどんな「今」があったのか、そう思うことって誰にでもありますね。

裕里の、子供の頃からずっと変わらない、ピュアで姉想いで、まっすぐだけどどこか抜けてて可愛いらしいキャラクターに心惹かれつつ、いつも姉を思うあまりに一歩引いて自分を抑えている感じが、共感できるどころがあるなと思いました。

自分をモデルに小説を書いてくれるような人がいながら結ばれなかったことを未咲も鏡史郎も後悔しているでしょうが、きっと鏡史郎は、この苦味を胸に抱いて、二作目を書けたのではないでしょうか。
りんご

りんごの感想・評価

4.7

このレビューはネタバレを含みます

起承転結がはっきりしてる作品ではなかったけど、最後の終わり方が最高だった。

母親を失った女の子、その母親に恋して小説を書き続ける男性、母親の妹、英語の先生と義理母、みんなが手紙を通じて、何か大切なものに触れていた。
私はまだ高校生だけれど、大人の視点からの「高校生」を見せてもらって、今目の前で起きていることは大切な経験なんだと思った。

キャストさんが、物語の登場人物に限りなく近く感じた。動作一つひとつが、「そのまま」という感じ。素敵
fmk

fmkの感想・評価

3.0
岩井俊二作品、その醸し出す雰囲気が大好きな者です。
ラブレター、リリィシュシュ、花とアリス、、。

でもこれはちょっと違った。
題材もキャストもすごくいいはずなのに、もっと良いものができたのでは・・?と失礼ながら思ってしまいました。
六花

六花の感想・評価

3.3
岩井俊二監督は2000年初期の鬱々とした作品のイメージだったので、ストーリーもキャスティングもだいぶ親しみやすいものになっていてちょっとビックリ

庵野さん出とるやんww
ツッコミどころ満載でソフトに観れる映画だけど、実咲が死んだ理由とかはズシッとくる感じ

後半は鏡史郎の奇行にモヤッとした
森七菜のこと少しは考えてやれよ..
ゆ

ゆの感想・評価

-
ゆったり時が流れてよかった。

主人公は、高校の時は芋っぽくて初恋拗らせたまま大人になってしまった役なのに、福山氏のかっこよさは全然メガネなどでは抑えられてなかった。
>|

あなたにおすすめの記事