王の運命 歴史を変えた八日間の作品情報・感想・評価

「王の運命 歴史を変えた八日間」に投稿された感想・評価

ちょっと前に観ましたが、あまりに悲惨過ぎて……。王家ならではの厳しさというのはあろうが、ここまで親は非情になれるものでしょうか。

大好きなソン・ガンホの出演作で苦手なのは『復讐者に憐れみを』でしたが、それを上回る嫌悪感。改めてすごい俳優さんだと思います。
子供とはいえ、別の人間だし、半分は他人である妻の血が入ってるのだから、何が好きでどんな性格かは父親がコントロールできるものではない。それを意のままにならないからと退け、果てにはあんな沙汰を加えるなんて、王が人として成熟してない証拠だー、と強く主張したくなる展開。もう、辛くてつらくて。
こういう葛藤、母と娘のが強いのかと思いきや、男親も同じなんだなぁと。

王に疎まれ、米櫃に押し込められる悲劇の王子を演じるユ・アイン。ほんとに上手い。この人の自然で肉体的というか、身体ごとの存在感と切ない眼差しは、ほんとに観るものを揺さぶる力がある。最期、だんだん錯乱して狂っていく様子も凄かった。
幼い息子が水を一杯運んでくるシーンは、ほんとに勘弁して、という感じだった。辛すぎて。こんなトラウマ、当事者だけでなく、周りにいて観ている従者たちにだって被害甚大なはず。思い出すだに腹立たしい……。
しかし、時代劇装束も似合う鳥顔の王子、ユ・アイン。ますます好きになりました。

ひたすら悲惨な展開を淡々と追う映画なので、正直かなり地味。超リアリズムというか。それで一体何を伝えようとしたのだろうというところは、ちょっと不明瞭だったようにおもう。


余談;
最期に登場する、大きくなった息子は、なんか男前だなと思ってたら、ソ・ジソプですか。なんと! 辛過ぎる話に爽やかな風を、って気にも、やはりならない笑。あの死後硬直……。
kojiメン

kojiメンの感想・評価

3.7
ソンガンホ出演映画。
父と子、上司と部下の関係……。
後世後継に厳正な姿勢を仁義する気持ちが伝わる映画。「人がいてこそ、勉学も礼節もあるのだ」
あと主題歌がたまらなくかっこよかった!
展開が多いわけでも無いのにじわじわと観ている人を引き込む。二時間があっという間に過ぎていった。凄い。
なかなかレビューを書く気になれなかった一作。超凄かった。ソンガンホも凄かったけど、ユアインが凄すぎた。
英祖〜正祖の時代を題材にした映像作品はたくさんあるみたいですが私はこれが初めてで。はあ、凄かったなあ。。。
あのお経サウンドトラック欲しい。


ユアインの息子、幼少のイ・サン役にわたしの中では幼ドンウォンでおなじみのイ・ヒョジェくん!!セリフが多い!!すごい!!ソ・ジソプは初めて見たけど、なるほど彼にも似ている!

チョンヘジン姉様が意志の強い母親であり淑やかに立場を全うする側室を演じてます!
ユアインの正室の父にパクウォンサン
ソンガンホ(英祖)の母である先王の后にキムヘスク(キムヘスクが絵になるシーン!!)
英祖の正室に(群盗と同じ役回りの)パクミョンシン!
家臣のチョンソギョンも印象的!
イ・デヨンもいた
「プリースト」のパクソダムは悪女っぽい役は微妙かも〜
Orca

Orcaの感想・評価

4.0
何度も流れるお経(?)のインパクトがすごい。「王の涙 イ・サンの決断」につながる内容。女優さんにも容赦なく老けメイクするんだなあ。
マダムM

マダムMの感想・評価

3.0
王の涙に続き鑑賞。

昔の王朝とかでは親兄弟を殺すとか良くある話で、日本でも信長とか秀吉とかやっちゃってるけど、ここまでいたぶる必要があるのか?李氏朝鮮時代最大の謎らしいから真実は分からないけど・・・。

ひょっとして、あの父王がソン・ガンホだったの?気付かなかった。

作品としては『王の涙 イ・サン』の方がずっと好き。これは残虐過ぎる。ただ、勉強にはなった。
ゆめ

ゆめの感想・評価

3.8
よかった〜!!最後の方号泣だった。ボタンの掛け違えのどうしようもなさに納得感があって良かった。冷酷なガンホさんも良かったけど、徐々に病んでいくユ・アインの演技が超良かったね。ユ・アインやっぱり上手いんだなー。
あとチョン・ヘジンさんがメインで出てるの知らなかったからお得感。不汗党と違い、優しげで思慮深い母をうまく演じていた。
劇中歌や演出もすごくいい。韓国時代物によく出てくる米櫃事件の背景を丁寧に見せつつ8日間を追うストーリー。最初はなんでそこまで?って思うけど、見てるうちになるほどそうなってしまうのか…と納得。父と子のすれ違いと次の代の絆が泣ける。
ネトフリにて鑑賞
ソンガンホ×ユアイン
全員がずっと苦しんでるんだけどユアインが特に苦しそうでかわいそうだった
跡取り息子を米櫃に閉じ込めて餓死させちまった李氏朝鮮王朝の英祖のお話。
偉大な父と不肖の息子の確執をテーマにしていましたが、実際のところは廷臣たちの派閥争いであり、老王と次期王の権力闘争だったらしい。

ソン・ガンホの色気が封印されちゃっててちょいと残念。
いよいよ最後になってソ・ジソブが出てきたのが嬉しかった。しかも子役がよく似ている!
kiko

kikoの感想・評価

3.4
ユ・アイン演じるサドセジェの息子役 後にイ・サン王となるイ・ヒョジェと大人になった役のソ・ジソプの顔がよく似てる。王と息子の確執の話ですが、実の息子を米櫃に入れて死なせるって…父が描いた龍の扇子を持ち舞うソ・ジソプが良かった。が、こういう時代ものでは、王になった男の方が好みかな。
>|