王の涙 イ・サンの決断の作品情報・感想・評価・動画配信

『王の涙 イ・サンの決断』に投稿された感想・評価

過去視聴作品。
悲しい話だったね。
でもヒョンビンがカッコよすぎるから!
目がハートになっちゃう作品
6

6の感想・評価

2.8
時代背景がわからなかったので、よくわからなかった。
子供を奴隷や刺客として育てる闇の世界は本当にあったのだろうか。
mako

makoの感想・評価

3.6
韓国時代劇ものを初めて見ました。時代ものはそれ程好まず
見ましたが良かったです。
 これまた撮影監督コ・ラクソン繋がり。仄かな明暗はホント安定だなー。とりわけ貞純王后(チョンスンワンフ)の屋内シーンでは、これでもか!というくらい不穏かつ権力欲ダダ漏れの雰囲気で、演じるハン・ジミンのいかにも性悪美人顔(演技として。いい意味で。怒った時の鼻の穴がめんこい)とハイマッチしていた。
 この前の『観相師』よりずっと政治要素が強い作品で、政治物は好きだからOKなのだけど、韓国時代劇は人物を指す時に名前だったり職名だったり、さらにそこにカタカナと漢字が組み合わさってくるもんだから、韓国ビギナーの自分は100%処理が追いつかず…。李氏朝鮮史、勉強します🙇‍♂️
Kei

Keiの感想・評価

3.3
全体的に画面は暗く、雨の日の憂鬱なイメージ。
殺傷シーンはかなりリアルでグロデスクに私は感じました。

ヒョンビン演じる王は、いつ来るか分からない闘いに備えるための秘密の鍛練はすさまじかった。
孤独な王を体現している感じです。

ヒョンビンの背筋がすごいと誰もが思うシーンがあるのですが、
これを撮影するために、かなり時間をかけて身体を作り上げたのだろうなと思いました。

王が心を許せる数少ない側近の尚冊が実は仇討ちを心に秘めていたにも関わらず、彼の最期の決断はどうなるか分かっていても悲しかった…
babygroot

babygrootの感想・評価

3.7
歴史知らないけど、王の運命を観た後だったので、あーってつながりました。哀しい時代です。。
あお

あおの感想・評価

3.7
2回目の視聴。

ヒョンビンの映画の中で、これが一番好き。
兵役明けの復帰作であり、ヒョンビン初の時代劇ということだったが、
王の悲しみを秘めた威厳ある姿を十分に表現していて、正直びっくりした。

チョン・ジェヨン、チョ・ジョンソク、ハン・ジミンと演技派が脇を固め、見応えがある。

斬り合いのシーンなどは迫力に欠ける気もしたが、雨の描写や屋根の上から切り取られたように見せる剣のシーンなどは、非常に美しかった。

父親を祖父により米櫃に閉じ込められ殺された王。
刺客として送り込まれたが、いつしか王に惹かれ、最後は王を救おうとする宦官。
宦官と幼馴染でありながら、王の暗殺時には敵として殺し合わなければならなかった刺客。

それぞれの男たちの、悲しみに満ちた運命が、美しいシーンの中に描かれている。

米櫃事件は「王の運命」で描かれた。
こちらもソン・ガンホとユ・アインの熱演が光る作品。

続けてみると、理解が深まる。
ぜひ
ガプスが可哀想すぎる。イサンを結果的に守ったのに。あの仕打ち。そもそも宦官にさせられるなんて。
自分だと思うと寒気がします。
イサンに簡単に寝返った武将なんだったのか。盾が無くなったヒョンスン大妃のあの脆さ。
イサン弓で戦ってだ時は強さ全開だったのに近距離の戦いは強くはないのね。逆にウルスとガプスのしぶとさに驚きです。

映画としてはうーんな内容。
ゴン吉

ゴン吉の感想・評価

4.0
李氏朝鮮第22代国王イ・サンの暗殺事件を描いた史実をもとにした宮廷歴史ドラマ。
ヒョンビンが主演、チョン・ジェヨンやチョ・ジョンソクらが共演。

国王イ・サン(ヒョンビン)は、最大派閥である老論派により、幼い時に父を殺され、25歳で祖父から王位を引き継いだ。
1777年7月28日、老論は王を暗殺するため、軍隊を集結させ、刺客ウルス(チョ・ジョンソク)らを差し向ける……   

朝鮮王朝時代の国王の暗殺事件である丁酉逆変を描いた作品。
王をとりまく人間模様と、側近や女官として潜入した暗殺者達との20時間の攻防が描かれる。
誰が敵で誰が味方なのか、そして誰を信用すべきか? 
クライマックスでは王と近衛兵が、暗殺集団と鉄砲や弓矢、剣によるバトルを繰り広げ、敵も味方も次々と命を落としていく。
そんな中、暗殺者同士の命を懸けた戦いも。
子供のころから王の暗殺のためだけに生きてきた人々と王の関係がせつなくも辛く、悲劇を引き起こす。
はたして王の運命は如何に?  

「小事を軽んじず 至誠を尽くせ 小事に至誠を尽くせば 誠となる 誠あるものはにじみでる 表れればいよいよ著しく 著しければ感動を呼ぶ 感動は変化を起こす 変化は万物を生育する 天下において 至誠を尽くす者のみが 己と世を変えることができる 誠を尽くし たゆまず歩み続ければこの世は必ず変わる」 

2022.6 鑑賞
韓国時代劇はあまり観たことなかったけど、渋くてストーリーも面白くて、家での鑑賞でも全然飽きずに観られた。
中庸の言葉が心に響いたのでメモ。
小事を軽んじず 至誠を尽くせ  
小事に至誠を尽くせば 誠となる
誠あるものは にじみ出る 
にじみ出れば 表れる
表れれば いよいよ著しく 
著しければ 感動を呼ぶ
感動は 変化を起こす 
変化は 万物を生育する
天下において 至誠を尽くす者のみが
己と世を 変えることが出来る
>|

あなたにおすすめの記事