ノーマ・ジーンとマリリンの作品情報・感想・評価

「ノーマ・ジーンとマリリン」に投稿された感想・評価

あまりに有名なマリリン・モンロー。
本作は彼女の人物像を描いた作品。
それは彼女の本名と芸名がそのまま本作のタイトルとなっていることで解る。
彼女の人物像に興味ある方は観て損はないはず。
自分はとても興味深く観賞できた。
彼女を二人の女優に演じさせたことは斬新でとても良いアイデアと感じた。
彼女の人物像には以前から興味があり、そのドキュメンタリーの類いは今まで見てきた。
終盤の彼女は不本意であっただろう。彼女を死に追いやったものは何か、彼女と契約していた映画会社、あるいは当時の大統領とその弟、いずれも溝があったことは事実。その件はここで語るには相応しくない。
ドキュメンタリー製作と映画は異なるもので、映画製作の方が遥かに労力を要する、自分は本作を高く評価する。
● '98 7/?〜 名画座上映
(初公開: '97 12/13〜)
配給: エース・ピクチャーズ
ワイド(ビスタ) DOLBY
7/22 13:10〜 ギンレイ・ホールにて観賞
フィルム上映 ドルビーA映写
パンフ購入

同時上映:
「女優マルキーズ」
NaitoMami

NaitoMamiの感想・評価

4.5
マリリンモンローの悲しさと寂しさが、ひしひしと染みてくる映画。じわじわと染みてきて、見終わる頃にはどっしりと重たく彼女の哀しさが心にひろがっていて、ほんとにあんなにキレイで魅力的な女優だったのに、それはなんて切ないことだろうと思う。
クワン

クワンの感想・評価

2.1
マリリン・モンローを2人で演じる作品。
本名であり、元のノーマ・ジーンをアシュレイ・ジャッド。
スター後のマリリン・モンローをミラ・ソルヴィーノ。

彼女の二律背反的な葛藤と悲劇にフォーカスしているため、
全編に渡って、トーンが暗く、それがラストまで続く。

ミラ・ソルヴィーノはウディ・アレンの「誘惑のアフロディーテ」
でアカデミー助演女優賞を獲って、満を持してのモンロー役だったが、
いかんせん全然似ていなくて、厳しかった。

マリリン・モンローは何度も映画化されているけれど、それだけ
時を超えて偶像視されているのだろう。

モンロー映画ではジャック・レモンと共演した「お熱いのがお好き」が
一番好き。
B

Bの感想・評価

3.5
これかな~~り昔に幼い頃観たんだけど、今でも忘れてない。衝撃だった。ラストシーンは今でも頭に焼き付いてる。ビデオテープでしかなくてDVD化していないので、今や幻の作品です。その日1日気分が沈んだ。
percy516

percy516の感想・評価

3.2
主演の2人がマリリンを彷彿とさせないというのが致命的
1998.10.24 VHS