マリリン・モンロー 瞳の中の秘密の作品情報・感想・評価・動画配信

「マリリン・モンロー 瞳の中の秘密」に投稿された感想・評価

8A

8Aの感想・評価

-
マリリン・モンロー 瞳の中の秘密
観た。今までビジュアルのセクシーなイメージばかりが先行していたのが、実は頭の回転が早くて努力家で、とても繊細な人だったのかなという印象に変わった。

"幼児体験は 一生影響する"
"自分以外の人を本当に理解するなんて無理なのだ"
"相手が幼い頃に受けた痛みなど 分かりっこない"
"だから勇気を持って愛するのが一番"

このあとに続いた、"そして できるだけ我慢する"という言葉に彼女の本質を感じて切なくなった。
Nana

Nanaの感想・評価

2.9
マリリン・モンローや周りの人を数人の俳優による独白や映像で語るドキュメンタリー 彼女の真面目な性格が分かるのはいいけれど痛々しくて辛くなってくる 俳優が自分の個性を出してしまうのも微妙 マリリンの映像をたくさん見られるギャラリーとしては貴重
mam

mamの感想・評価

2.6
劇作家アーサーミラーとの結婚において彼女が感じていた言葉が突き刺さる...。

彼は背が高く、男前なばかりか、ピューリッツァー賞をとった劇作家だ。
彼女の劣等感が、彼によって払拭された。
Camille

Camilleの感想・評価

5.0
マリリンは演じていたんだ。ノーマジーンっていう人はものすごく繊細な人だったんだと感じた😔
人は幼少期の経験が永遠につきまとう。幼少期からどれだけ傷ついていたかは人にはわからない。自分と重なるところが時々あって泣きそうになる。
この映画はこれからの自分に大きく影響する気がする。時々見るようにしたい
jean

jeanの感想・評価

5.0
マリリンモンロー、初めて好きになった女優さんであり、初めて化粧を真似した女性でもあった。

でもいちばん興味を持ったのはマリリンモンローよりノーマジーンの人生だったのかも。既に本で読んで知っていたことばかりだったけど改めて語り手がいて映像が照らし合わされてるのを見て、また色々な想いが溢れてきてる

具体的に話そうとするともっとたくさん時間が必要になりそうだからまた今度続きを書いてみようと思う
akaricream

akaricreamの感想・評価

3.8
いろいろな女優さんがマリリンの遺した言葉を語る、という構成に最初は馴染めなかったんだけど、しばらく観ているうちに見かたが分かってきた。
孤独な生い立ちから、心の土台が不安定で生涯、克服したいものを内面にたくさん抱えて生きたであろうマリリン。繊細で努力家で儚げなひと。様々な角度から、生身の姿が見えてきて愛しい気持ちになる。
硝子

硝子の感想・評価

4.0
山口路子さんの『マリリンモンローの言葉』という本を読んだのがきっかけで見ました。山口さんの著書を読んだ時以上に、マリリンモンローが懸命に生きていた一人の人間だったのだということを感じました。
Erigeron

Erigeronの感想・評価

3.5
大衆のイメージを受け入れつつ、役者として女性として成長しようと苦しみ続けるの尊敬する
2枚の自画像が印象的で、まわりのイメージと自分の劣等感や不安の差がつらい
フェミニズムのはじまり、あの時代に若くて美しい女性であることがどれだけのストレスかわからない
昔の女優さん、女の人はこんなことと戦ってたのか
マリリンについては色んな作品があるけど映像、写真、インタビュー、彼女の筆跡と盛りだくさんだった
語りがくるくる変わるからわかりにくいまとめ方だった
けど俳優たちの中にマリリンが社会や人に与えた影響、現代に根付いたマリリンモンロー像を感じた

なんとなく見た目を寄せたリンジーローハンが印象に残る
kid

kidの感想・評価

2.5
軽薄で奔放だけど、そんな魅力と美貌でのし上がった人だと思ってた
けど、すごく努力家な人なんだね
ノーマジーンは人間だったんだと実感した

個人的にはエイドリアンブロディが出てきて嬉しかった(笑)
eijdufa

eijdufaの感想・評価

4.0
マリリン・モンロー大好きです
だから、書籍などで知っていましたが
すごい努力家、そしてすごく可哀想な最後

本を読んだ時にはそんなに感じなかったし
元々よく存じ上げていませんでしたが
アーサー・ミラーって最低!大っ嫌い!
でも、モンローはミラーの事が1番
好きだったのかも知れません
だからこそ裏切られて、酷く、酷く傷付いた

マイケル・ジャクソンにしても
マリリン・モンローにしても
何であっさり死なせてしまったんだろう?
もっと周りの人達がちゃんと見てて
あげられなかったのか悔やまれてなりません

モンローには幸せになってほしかった!
>|