マザーレイクの作品情報・感想・評価

マザーレイク2016年製作の映画)

Mother Lake

上映日:2017年07月01日

製作国:

上映時間:95分

3.1

あらすじ

あの日僕らが見たものは、真実か幻かー。 2036年、世界的な写真家・藤居亮介が琵琶湖に帰って来た。彼が向かったのは、博物館に展示された恐竜の模型。それは、かつて「ビワッシー」ともてはやされた想像上の動物だった。20年前、11歳の亮介は真実を求めて奔走した。「ビワッシー」の実在をを信じて。しかし、亮介は一切の思いを封印してしまったのだ。

「マザーレイク」に投稿された感想・評価

咲ちゃん、すっごいかわいいね…?滋賀弁ってあんな感じなんだなあ。関西弁ってくくるにはやっぱりどこも違うんだね。
琵琶湖行ってみたい。
lalala

lalalaの感想・評価

2.7
大人になった話より、子供時代がメインのお話でした。
子供達が素敵だったなぁ。
女の子が地元の素人の子だったなんて…

変な関西弁がたくさんあって気持ち悪かった。。。
zkkn

zkknの感想・評価

-
小学生のひと夏を描いた点で岩井俊二の打ち上げ花火と比較してしまってインパクトが薄かったけど、JABAERLOOPの曲はよかった。
ひとりの小学生の夏休みにミラクルが起きる。
その中には、親子の愛、思春期手前の複雑な感情、大人社会への疑念、そして淡い初恋。
飾り気がなく、リアルに描かれているのが心に響いた。
機内にて。
琵琶湖のUMA・ビワッシーを巡る冒険譚。滋賀県全面押し。
TV局のブラック感やストーリー展開など、全体的に惜しい感じが。
映画にしては関西弁(滋賀弁?)が自然だった。
西暦2036年、世界的写真家となった藤居亮介が故郷である滋賀に帰ってきた。自身の写真が展示される博物館で旧友の田中賢人と再会。亮介は、20年前、11歳のときに想像上の恐竜、ビワッシーの実在を信じて、琵琶湖に浮かぶ沖島を目指した冒険の日々と、その秘密を語り出す——。

私が滋賀県出身なので、ずっと気になっていた映画だった。しかし、関西の一部でしか公開されていなかったため、DVDのレンタルを待ってようやく鑑賞(※ここまで滋賀に全振りした映画を関東で上映しても仕方ないからねぇ…)。

UMAが流行っていた頃に話題になったネス湖のネッシー、屈斜路湖のクッシー、池田湖のイッシー。ならば琵琶湖にはビワッシーがいても良いのではないか…滋賀生まれなら一度は考えたことがあるはず(※かなり多分)。

本作は、ビワッシーを見つけに行く子供の冒険を描きながらも、家族ドラマを中心に置いている。主人公の亮介は、母親とは死別していて父子家庭だ。その父親は不器用で、仕事も家庭も上手くいっていない。思春期前の親子の微妙になり始める関係が前半で表現されている分、後半の父と子の関係を取り戻して行くシーンは、心が温かくなる。

そして何より、タイトルに“マザー”が付いているように、死別したとしても、家族にとって母親の存在は偉大だと思わせてくれる映画だ。

県民にしか分からないような身内ネタも随所にあるので、滋賀出身者なら楽しめるだろう。映画の舞台になった沖島は、琵琶湖の中で唯一人が住んでいる島で、県民なら遠足で行く定番スポットだ。映画のロケ地としても、しばしば使われるので、少しは知られるようになったかもしれないが。

近年、滋賀のフィルムコミッションが、頑張っているお陰で、本作以外にも「ちはやふる」「信長協奏曲」「トリガール!」「るろうに剣心」「はがない」「偉大なる、しゅららぼん」等々、出身県が舞台として出てくる映画が増えてきた。滋賀出身の映画ファンとしては嬉しいことだ。

✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎

私のプロフィール画像は、滋賀ではよくある「飛び出して坊や」だ。学校の通学路などに、子供の飛び出し注意喚起のために設置されている。本作の中にも沢山出てきていた。
monja

monjaの感想・評価

3.5
似た内容の映画を相当昔に観たことがある気がするけど思い出せない。
主人公の子役の表情や雰囲気作りが上手いのと、その友達の女の子も上手くてキレイな子なのに地元の素人ってのには驚いた。
簡単なあらすじは、2036年、有名な写真家となった藤井亮介(内田朝陽)が故郷へ凱旋。
写真展会場の博物館で旧友が作った恐竜「ビワッシー」の模型を見せてもらう…。そこから20年前の夏の思い出が蘇る。
琵琶湖に潜む謎の恐竜「ビワッシー」を小学五年生3人で探しだす…。
とゆう、なんとも分かりやすいあらすじです(^^)
映画自体のストーリーとして「ビワッシー」はあくまできっかけで"親子の絆"が大きなテーマだったと思いました。
信じる気持ちの大切さも感じたし、心が暖かくなる、夢のストーリー的な印象★☆
小学 5年生の男の子の、ひと夏の体験を軸に物語が形成されます。

友達とびわ湖の島へ行き、友達のいとこの「咲」と出会う。
そこで偶然「ビワッシー」なるUMAを目撃!
テレビ、県を巻き込み大騒ぎになるが・・。
主人公の男の子は、ビワッシーに興味を持ち、調べたり島に通いつめたり。
そこで亡き母の思いに触れて。
でも、「咲」との夏も、主人公には大切な思い出。

全体を通して、可愛らしい作品だと思います。別所哲也のだらしない父親役も、鶴田真由の叔母役も、トレンディードラマ世代には興味深い感じです

まぁ

まぁの感想・評価

3.4
鑑賞を進めるうちに「タイトル」の意味に気づく…☆

母を亡くした子ども…まだまだ甘えたい年頃よね…(涙)
だから…幻じゃなくて…彼を見守っているんだな…と…信じたい…☆
(「龍神伝説」…♪)

…大人になって…母と同じ仕事…というのが、好きだな〜良いな〜と思った…♪

母(妻)が、遺した言葉が…素敵だな〜って…☆
(ガンジーの言葉だったけれど…心に響いた〜♪)

…「生き方」の指針…道しるべ…よね…☆
「今日をどう生きるか」…♪
…「明日がない」…と思って生きるか…
「永遠に命がある」…と思って生きるか…☆…考え方次第で…変わってくるものね…(笑)

冒頭の写真(映像?)から、「わ〜綺麗だな〜」と…魅入ってしまった…☆
素敵だったよ〜♪

子役3人の演技が…良かった…♪

タイトル & ジャケット写真 & 粗筋を少し…でレンタルしたけれど…☆
優しい気持ちになれる作品だった…(o^^o)
>|