劇場版 神戸在住の作品情報・感想・評価

劇場版 神戸在住2014年製作の映画)

上映日:2015年01月17日

製作国:

上映時間:97分

3.1

あらすじ

父親の転勤を機に東京から神戸へやって来た19歳の辰木桂。彼女は大学の美術科へ入学し、明るい未来への扉を開けるように大学生活をスタートさせて間もなくの頃、東遊園地で中年の主婦に声を掛けられる。「震災前は、あそこに私らの家がありましてん。一家5人で住んどったんよ。」そんな主婦の言葉に桂は神戸に来て初めて阪神・淡路大震災の惨禍に見舞われた街にいるのだということに気づく。 同じクラスの友人、洋子、…

父親の転勤を機に東京から神戸へやって来た19歳の辰木桂。彼女は大学の美術科へ入学し、明るい未来への扉を開けるように大学生活をスタートさせて間もなくの頃、東遊園地で中年の主婦に声を掛けられる。「震災前は、あそこに私らの家がありましてん。一家5人で住んどったんよ。」そんな主婦の言葉に桂は神戸に来て初めて阪神・淡路大震災の惨禍に見舞われた街にいるのだということに気づく。 同じクラスの友人、洋子、タカ美、和歌子と桂は三宮、南京町、旧居留地、メリケンパークと神戸の街々をめぐりショッピングに、時にはスイーツに舌鼓を打ち、表面上は充実したキャンパスライフを過ごしているかのようであったが、それぞれが関西出身の洋子たちの時には気さくで時には無神経な、いわゆる“関西のり”にいまいちついて行けず、ナイーブな性格の桂にはどこか違和感があり、素直に心を開くことが出来ないでいた。 そんなある日、桂は元町でギャラリーを営むイラストレーターの日和(ひなた)洋次(ようじ)と出会う。車椅子生活ながら精力的に続けた創作活動が認められ、ジャパンウエストアートアワードを受賞し、絵の売上金を各地の震災復興への寄付金とするなど社会貢献でも注目を集めていた。そんな日和(ひなた)の姿や作品に励まされるようにして、桂のなかで徐々に何かが変わっていく。そしていつしか彼自身への想いが募るようになるが、下半身の不自由に加え、何か重い病気を患っていることに桂は気づき始める…。

「劇場版 神戸在住」に投稿された感想・評価

ナック

ナックの感想・評価

3.6
懐かしさもあるし、優しいストーリーって事もあって 結構泣いてしまった
ip

ipの感想・評価

3.5
数日前に震災から20年の日を迎えるにあたり兵庫に帰ったこともあり、なんとなく気になって見に行ってみた。
物語としてはごく普通。内気なまま育った主人公が、大学進学を機にさまざまな年代や分野の人たちと出会う話。

その人たちは自身や周囲に20年前の震災での傷を心に抱えているのが今回の素材。
いま神戸の街は震災に襲われた事実を見つけられないほど綺麗な街に復興し、震災を知らない世代が活躍し、社会を作っている。
一方で、見えないところで特に高齢の方などは今なおトラウマを抱え、消すことは難しい。

神戸だけが特別じゃない。新潟や東日本などその後の被災地域に置き換えれば、淡々としたストーリーの裏にあるメッセージを多くの人が他人事ではなく受け止められると思う。
地元ロケ作品でもあり、風景のみならず主題歌が心に染み入ります。藤本泉ちゃんもめちゃくちゃかわいい!!この作品でファンになってしまいました。

涙なくしては観れない作品です。
Farm2

Farm2の感想・評価

3.0
震災といえば、ビックリした飼い猫が俺のベットの下から中々出てこなかったのを毎年思い出す。
関東出身なら神戸の人ってこう思われるんかって思った。
震災のこととか神戸の名所がたくさんでるから知らん人でも神戸のこと詳しくなりそう。
直球に言うと、まあまあっすね

でも映像作品としての雰囲気は、良かったと僕は感じました

変に力が入ってないので、スッと観れるし、メッセージも良いです

スコア自体は3.5ですが、普通に人にすすめることのできる、好きな作品のひとつです
mince

minceの感想・評価

3.5
東京から神戸に越してきた内気な女の子。美大に入学し連立つ友も出来、憧れたイラスト作家とも知り合え楽しく過ごす。街にも慣れた頃、生活に少しの影が差す。「劇場版 神戸在住」CL神戸。神戸の街並はあくまで背景。豚まんは四興樓、女優は鳳蘭が希望。藤本泉良いね。松永渚、キッチュが好演。2015年1月28日
歯が浮くというかスポンサー的な街紹介やアレで少しイライラする場面もあるのだけれどそれを充分補うだけの魅力はあると思った。震災の話しは映画制作に際してどうしても触れなくてはならなかったのだろう。それもスパイス的な使い方で好感を持って観られた。なんにしても自分の見慣れた風景を映画館で観られるのは予想以上にうれしい。神戸っ子の少し斜に構えたイケズな部分も見たかったな。
「やっぱり人の役に立ちたい」

えぇ話やわぁ〜(T_T)

東京から神戸に越してきた超内気な美大生の青春と切ない恋の物語。

10巻ある原作コミックからの抜粋エピソードとゆー事でボリュームに欠ける気もしますが、ともかく「行った事ないトコないんちゃうか?」と思われる程、ガッツリ地元神戸でのロケーションでして、感情移入がハンパなしな作品でございましたσ^_^;

冷静になってみれば恐らくそこまで語る事もない気がしないでもない気がするのですが、改めてローカルネタの割り増し感とゆーモノの強みに飲まれた気がしないでもない気がする気がします…

有名無名関係なく、なんか通っぽいキャスティングも好印象だし。

アゲアシとる気が全く起こらない、人畜無害なエアリームービー。神戸在住の方は何の予定もない時にゼヒ!



余談:東遊園地のシーンでタワーマンションの話が出てました。

2016年現在、神戸にもタワーマンションはボンボコ建っていってます。

何だったらタワーマンションの前にタワーマンションが建ってたりして、コレは一体何のイヤガラセなのか?と思わざるを得ない現状なんですね。

映画でも触れられてました阪神大震災、あれ程壊滅的被害を被ったこの街で、よくこんな高層の建物を建てようなんて思いましたよね。また、住もうなんて思いましたよね。地元民としては甚だ不可解な現状なんですよね。

あんな高いの…地震で倒れでもしたら…いや、きっと耐震構造がスンゴイんでしょうね…めっちゃしなって絶対倒れないんでしょうね…あ、それとか津波が来ても完璧防げるんでしょうね…ひょっとすると腕とか足とかガシーン!出てきて、高台に避難したりとかするんでしょうね…

………って、解せぬ!!!(ー ー;)

映画はスゴくキレイに撮ってましたが、なんつーか余計な考えが次から次に湧いてきて、感情移入はしたモノの、まぁコレも一種のファンタジーよねぇ…等と、冷めた意見も出てきちゃって結局アゲアシとっとるがな!みたいな今日この頃………(´・_・`)
レンタルで。前半の空気感はよかったのにそこから断絶した後半の展開の強引さと窮屈さが気になってしまう。
http://blog.livedoor.jp/burningday/archives/kobe-zaiju
実写版『珍遊記』を見た時に、乃木坂46の生駒ちゃんがやたら頑張って演技してるなぁと思ってたら彼女の名前が無かったんですよねぇ~。アレはいったい誰だったんだ、、と思ったらこの子か!! 藤本泉、めちゃくちゃカワイイと思ったのですが知名度的にどうなんでしょう、全く知りませんでしたけども!!

タイトル通り、舞台は神戸。1995年の阪神・淡路大震災を絡めていますが、、正直そんなに関係ないような気がします。
そうか公開日がちょうど震災20年目に当たるという事ね!!

大学の美術科に通う藤本泉が車椅子のイラストレーター(おっさん)に憧れと恋心に近い感情を抱くストーリー!!この藤本泉がめちゃくちゃ内気でピュアでステキでした。。

ただ、この恋(?)は思わぬ方向へ向かっていくのですが…大きく括れば藤本泉の青春ストーリーでした!仲良しの友達3人も出てきますが1人全く空気読めない子がいてイラっとしますね。。

けっこう重いテーマだし若干泣かせようともしてきますが、特に深い感動はないです。色んな意味でチープですが見やすいと思います!!!

とにかく藤本泉がカワイイ!!要チェックや。
>|