河童のクゥと夏休みの作品情報・感想・評価・動画配信

「河童のクゥと夏休み」に投稿された感想・評価

moro

moroの感想・評価

4.2
以前から気になっていた原恵一監督作品
ずっと見逃してて夏の終わりに配信にて初見
これは確かに「河童級に隠れた良作」だ

冒頭は江戸時代 河童親子が武士に話しかけ
父親は斬殺、息子は生埋めとハードな展開😮
そこから話は現代に飛ぶ

河童の化石を発見した少年と少女
少年は化石を自宅に持ち帰り
「時をかける河童」は奇跡的に蘇生
間もなく流暢に話し出し一家と暮らし始める
一男一女のこの家庭が「クレしん」を彷彿させ
良い感じに「普通の家族」でリアリティ抜群

前半の見せ場は少年が河童と遠野に旅するシーン
ジブリと言えば「少女と空の飛翔」だけど
本作の「少年と河童の水中遊泳」は
ハヤオにも負けない素晴らしい浮遊感がある

旅からの帰りがけ河童はマスコミに見つかり
一家は突如メディアスクラムに巻き込まれる
ここでの少年や両親の浮足立つ様、そして
「クゥちゃーん💕」と騒ぐ残酷な大衆にも
一筋縄じゃない批評性とリアリティがある

「オトナ帝国」を思い出す東京タワーの描写
鉄筋に独り佇むクゥの背中と頭の皿!
デビルマンにも負けない哀愁感だ
そして犬=オッサンの勇姿に涙が止まらない😭

終盤の展開は意外な気もしたけど結末で納得
東久留米と清瀬は個人的にも地縁があり
丁寧に描かれていて大変嬉しい
淡い恋もなかなかに微笑ましい

いつの時代に見ても普遍的価値のある
良作である事を心から賞賛しつつも
公開当時は興収3.6億円に留まった理由も分かる
まず尺の問題
小学生に見せるには138分は長過ぎる
観終わればその尺の必然性は分かるも
ここは製作者がデビルマンになり断腸の思いで
脚本段階でテーマをもっと絞るべきだ
そしてキャラデザ
井上三太のような絵柄は個人的には好きだけど
今時の小学生、特に女子には受けんだろう

瞬間風速的興収は作品評価の一側面に過ぎない
だが本作はあの「オトナ帝国」「アッパレ戦国」
というマスターピースを手掛けた原恵一の
渾身の企画だったわけで
本作を「大人アニメ」に留めることなく
監督とプロデューサーが丁々発止にせめぎ合い
より「商業的に洗練された」作品になれば
ジブリの諸作さえも凌ぐ傑作になったのでは
と勝手な妄想を繰り広げてしまう
要は一言でいうと「あーもったいない‼️」

脚本の構成力、演出の巧みさ、
そして映画的リアリティーの創出
原恵一は近頃持て囃されるアニメ映画の監督達
よりも遥かに突出した手腕の持ち主だと
改めて再認識させられた
万人の魂を揺さぶる原恵一の未来の大傑作を
心の底から待ち望んでやまない
ゆき

ゆきの感想・評価

3.0
もう夏も終わるしな〜って適当に選んだ映画。初めてちゃんと観た!くうちゃん😭可愛かった〜

小学生、夏休み、冒険、、、

最高!

人間はおっかない生き物だと言っていたくうちゃんも臆病なこういちも、一夏で成長した!!

最後にキジムナーでゴリが出てきたのが笑えた!
そして大山百合香が主題歌を歌ってるのが嬉しい😊

感動しました。
mince

minceの感想・評価

3.7
20210723BS12アニメの夏っ!録画
20210912
かも

かもの感想・評価

4.0

日常的な会話とか
家族の感じとかが
細かくて、
すごくリアルで、
ノスタルジックで、
クゥがとってもかわいい
夏っていいな

人間の醜さがリアル
家族の会話もリアル

あるあるがありふれてる

アニメってすごいな
Ayaka

Ayakaの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

泣き顔の表情がリアルで良かった。
妹の態度や小学生のいじめなどリアリティがあった。
おっさんが亡くなったり暴力を受けるシーンは辛くて泣いてしまった。

原監督の作品なので、クレヨンしんちゃんが好きな人にも観るのをオススメしたい。
はつみ

はつみの感想・評価

3.5
クレしん映画2台巨頭であるオトナ帝国の逆襲と嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦を監督した原恵一のクレしん以来のクレしん以外の監督作品。
評価も高いだけあって期待してみました。
河童の子供・クウを拾った小5の康一とその家族を描く。
環境問題、いじめ、マスコミの報道過熱など日本の社会問題をかなり取り上げており1本の映画にしては詰め込みすぎてはともちょっと思うが、うまく取り込んでいて渋滞感はない。
ここらへんはさすがといたところ。

子供の声優は子供と決めているため、キャラによっては棒演技があったりする。
妹の瞳のクウに対する態度とかが割りとリアルだなと思った。
お父さんが会社の上司に大きな得意先様の依頼でクウをTVに出演させるところとかもリアルだし、そこでお父さんが折れてしまうのもリアル。
もっと、クウを隠せ隠せとなるかとおもったら、意外とマスコミにばれるし、話題になるし、なんというか河童という異物を扱っていながら他の部分はかなりリアルだなと思った。

ただ、遠野へ旅行へ行ったときに普通に川泳いでいたりしていたのでそこでばれるばれる!とこっちがあせってしまった。
軽率な行動だなと思う。小5だから仕方ないか。

飼い犬のおっさんが良い犬すぎる。ひかれちゃうの悲しい。


テレビに出演させられたかと思ったら、いきなり目の前に死んだお父さんの腕出てくるのは悲しすぎる。クウが号泣しちゃうの分かる。持ち逃げしたのはちょっと笑うし、研究員の人が返してほしそうにしてるのも笑う。

東京タワーで龍を見て自殺やめるのはなんかちょいきりなりファンタジーだな!って感じ

クウが人間はクソ!ってなってても、康一や康一家族は良い人。人間でも良い人はいるんだという考えになったのは良い事。人種差別への指摘。

ラスト、クウが康一の家を出て行くのはいいね。
送り先が沖縄のキジムナーなんは笑った。面白い。
でもクウはキジムナーみたいに人間に化ける術とかを習得しない限り、自由に外には出歩けないんだろうな。
キジムナーはどうやって生計立ててるんだろうか。

正直、オトナ帝国のようにめちゃくちゃ感動したってことはなかったけど、普通に良い作品だと思った。自分のやりたいこととこだわりをめちゃくちゃ感じて、今後も良い映画を作ってくれるとても可能性を感じる映画だと思った。

このレビューはネタバレを含みます

学生最後の夏休みも終わるってんで、ラストに。
小さい頃に見たことがある。けど全然何も覚えてなかったワ‼️
しかし途中から、これって大人の欲望によって壊されるのか。。❓という謎の不安が込み上げてきました。事件はまだ起こってないので、他の感想としては宿のご飯がめちゃめちゃ美味しそうでした。うまそ〜、そしてワタシも1人できたの⁉️って褒めて欲しい。まだ赤ちゃんだからさ。。。。
昔見たと言ったけど、いや、確かに見たんだけどこんな2時間くらいの映画、ガキか見れんのかな。知らんけど。
途中の曲がなんか細野晴臣感あった。
大人の欲望みたいなのがとにかく気持ち悪い。ワンコが、、偉い。。。。わん、、なんか思い出したんですけど、親父の腕があの、、でてきますよね、、これは幻。、❓
なんかこう欲望が大きすぎるものを見ると、なんかこう、、でもここまでメディアの気持ち悪さを露骨に表せるのって当時からそういう目でメディアを見てたからであって、そう思うと興味深いレス。
金柑

金柑の感想・評価

3.0
半分も到達する前にこの作画とテンポ感で2時間超えか…と萎えてしまった。一番きつかったのはそこです。もう少しキュッとまとまってればな。しかも基本ファミリー向けでしょ…?

景色はとても素敵だけど人の作画はなかなか…素朴ですね…ブサ顔の気合いよ

人間の嫌な部分の描き方がどストレートなのでシンプルに嫌な気持ち
マスコミの民度ヤバだなあと思ったけど2007年ならそんなもんかしら
河童だけでスクープ組まれてるの平和かよ
いじめっ子の台詞もムカつきすぎて胸糞悪いですね…笑えないわもう…
ひとみちゃんの生意気感は妙にリアル

好きなあの子が好きって言ってた本を読むのいいよね
かしま

かしまの感想・評価

3.5
久々に見て思い出した、こいつと映画泥棒のせいで小学生だった私はしばらく映画館がトラウマだった
>|

あなたにおすすめの記事