探検隊の栄光の作品情報・感想・評価・動画配信

「探検隊の栄光」に投稿された感想・評価

Aka

Akaの感想・評価

3.2
藤原竜也が嫌いな人っていないんじゃないかと思う…コレ見てもっと好きになるよみんな

UMAが流行ったのって自分が産まれる前とかで、ナントカ探検隊とかいうやつも観たことはないのですがムーは好きです。で、昔友達とカッパを探したことがあるのですが(馬鹿ですね)、それを人に言ったらこの映画の話になりました。そんな平和な日常にこんな平和な映画を見てみました。
くだらなくて途中で寝ましたが、本当にくだらなかったです。アハハ。
予告編以上の期待値を上回ることはなかった。被り物や現地ガイドとのコント的なギャグの応酬で、鑑賞していると次第にどうでもよくなってくる。

中盤、「バカバカしいことでも命懸けでやっている」といった藤原竜也の演説シーンが入るも、スタッフ達は番組をテキトーな雰囲気で作っており説得力皆無。
そもそも最初は藤原竜也だけやる気に満ちてて、スタッフ達のテキトー加減の間で空回りするコメディなのかと思っていたが、いつの間にか「番組作りを楽しんでるヤツら」といった風に藤原竜也がスタッフ達を評価し始める。
いやいや、どう考えても番組作りテキトーだっただろ。役作りの質問とか流してるし。このように1つ例を挙げればキリがないが、終始支離滅裂。

整合性を取るには、スタッフ達がやる気に満ちあふれており、藤原竜也はそれに戸惑うが次第に感化されていく。といった構図か、もしくは藤原竜也を更に熱血にさせ、ユースケ・サンタマリアが言う「バーン!」とした画が撮りたいというくだりの中で、
藤原「爆破…いれときましょう」
ユースケ「…は?」
みたいな感じで反政府ゲリラから火薬いただいて爆破シーンを無理矢理撮らせる。とかでもいい気がする。文字通りの命懸けだし、その方が反政府ゲリラが番組作りに関わる流れも違和感少なくできるし。

「バカバカしいことでも情熱を持って取り組めばいいものになる」というのが、この映画のメッセージにあると思うのだが、最初から番組スタッフに情熱を感じられない。なので話にノレない。邦画にありがちな、とりあえずメッセージ性を打ち出そうとするのはいただけない。
バカバカしい映画をやるなら、そんなメッセージ性入れずに終始バカやっててほしかった。

藤原竜也のくどい演技だけは否応なしに画面に引き込まれるので、藤原竜也の凄さを体感したい方にはおすすめ。
まこと

まことの感想・評価

3.3
リアルでクレイジージャーニーやんか笑

いやしかし不覚にもヤーガが本当に実在する珍獣だと騙されかけた・・・


こういう映画にも出てくれる藤原竜也って大好きだぜ!!

一から通しでこのドキュメンタリー見てみたいな笑
楽しく番組の裏側をみることができます。
バラエティーも純粋な目で見ることが出来なくなっているんだなあと思いました。
おひさ

おひさの感想・評価

2.5
2019/12/13
GYAO

くだらおもしろかった。
ヤラセ満載の 探検隊。

藤原竜也が 熱かった🔥
ハル

ハルの感想・評価

3.3
なんて安上がりな映画なんだ!面白かったからいいけど。今こんな番組やったらヤラセだって批判されるのかな?エンタメをヤラセとかって言うのはやっぱり興醒め。なんだって面白かったらいいじゃない、と思える作品だった。
J

Jの感想・評価

3.5
伝説の未確認生物ヤーガ

めちゃくちゃ面白かったです

昔大好きだった川口浩探検隊シリーズ過ぎて笑
当時毎回楽しみでテレビに食いつくように観てましたね


いつも「恐怖」とか「伝説の」とか「人食い」とか散々テロップや音で煽っておいてギリギリ辿り着けなかったりまたは近くまで行くけどいつもギリギリ見つけられない、正体見えたかと思えば影しか映らない笑

そしていつも「その時だ」のナレーションの後に誰かがピラニアに噛まれたり谷に転げ落ちたり笑

あの伝説のテレビの裏側垣間観れたみたいで良かったです

本当にこんな風に撮ってそう笑

良かったです 
MOMO

MOMOの感想・評価

3.0
地味〜にずっと好きな映画。。。
ゆるやかなじわじわが癖に
なっちゃう感じが楽しかったな。
やっぱり藤原竜也は信頼できる...
って再確認したよ 👨🏻‍💻🏜
JUN

JUNの感想・評価

3.4
2019.11.30

藤原竜也主演なのに未チェックでした…。

物語は番組を制作するべくジャングルで撮影をする探検隊の話。
行き当たりばったりでヤラセ感満載の撮影、予想外のトラブルを超えて面白い番組を作るべく奮闘する人たちを描いてます。

番組を作る系の話でいうと「カメラを止めるな」のようであり、撮影技術を使って本当のトラブルに立ち向かう姿は「ザ・マジックアワー」のようでもありましたね。
あとは期待を裏切らない藤原竜也の演技に、ユースケ・サンタマリアや小澤征悦の個性的な演技が光っていました。

いくらでも長く作れそうな要素がありながら、90分という尺でスッキリとした作りになっていました。
決して面白くない訳じゃないけれど、好みのジャンルではなかったです
>|