アゲイン 28年目の甲子園の作品情報・感想・評価

アゲイン 28年目の甲子園2014年製作の映画)

上映日:2015年01月17日

製作国:

上映時間:120分

3.6

あらすじ

元高校球児、坂町晴彦(中井貴一)46歳。白球を追った日々は遠い昔。もはや仕事に張りはなく、一人娘の沙奈美とも絶縁状態。そんなある日、坂町を元チームメイト松川典夫の娘・美枝(波瑠)が訪ねてくる。坂町は彼女から、長年音信不通だった松川が去年の震災で死んだことを知らされる。彼女は父親の遺品の中に、チームメイト全員に宛てた27年分の年賀状の束を見つけ、なぜ毎年出さずにいたのか知りたいと願っていた。元高校…

元高校球児、坂町晴彦(中井貴一)46歳。白球を追った日々は遠い昔。もはや仕事に張りはなく、一人娘の沙奈美とも絶縁状態。そんなある日、坂町を元チームメイト松川典夫の娘・美枝(波瑠)が訪ねてくる。坂町は彼女から、長年音信不通だった松川が去年の震災で死んだことを知らされる。彼女は父親の遺品の中に、チームメイト全員に宛てた27年分の年賀状の束を見つけ、なぜ毎年出さずにいたのか知りたいと願っていた。元高校球児が再び甲子園を目指す<マスターズ甲子園>のスタッフとして働く美枝は、坂町に大会への参加を勧める。サビついたオヤジである坂町は「今さら」と断ったが、本当の理由は別にあった。28年前のある事件。坂町達が甲子園に行けなかった原因は美枝の父にあったのだ。父親の思い出を追い求める美枝と接するうちに、坂町は娘と向き合うことをせず、ずっと逃げてきたことに気付く。そして現実と折り合いをつけ、思い出を上手に諦めることで、自分自身を騙し続けてきたことにも。「あの夏」を越えて今、夢の続きが始まる。

「アゲイン 28年目の甲子園」に投稿された感想・評価

サキオ

サキオの感想・評価

3.8
こういうおっさんたちの映画に弱いんだよなあもっと歳とってもう一回見たらまた違う感動するのかな
FUJI

FUJIの感想・評価

3.5
感動ポイントがいくつもあります。
野球好きな人は是非観てほしいと思うし、大人が観たら感動すると思います。

「ちゃんと負けたら次へ進める」んですよ。

この言葉の意味、是非レンタルで。

浜田省吾のエンディングソングも、とても良いです。劇場では、お客さん誰一人エンドロール中に退席していませんでした。
ある事件がきっかけで甲子園に行けなかった
今、しがらみだらけのおっさん達が甲子園を目指す!

基本的に面倒臭い映画だった。
展開も然り、
演出然り、、、

こんなゴリゴリの坊主がまだネチネチ言うか⁉︎とか
野球やってるくせに女々しいな〜
とか
元高校球児が再び甲子園を目指す"マスターズ甲子園"を舞台に、青春時代の悔恨と現在の葛藤を乗り越える大人たちの感動ドラマ。原作は重松清の同名小説。野球の基本はキャッチボール、それは人生にも通じる。"一球人魂"。投函されなかった27年分の年賀状。親子のプーさん。「負ける時はちゃんと負けろ。負けて次に進め!」
前半はいまひとつ盛り上がりに欠けたが、後からジワジワ来た。震災で亡くなった友人が隠し続けた真実に泣けた。
身をもって感動 我ながらアラフィフだなー
ハルとどうにもなんない中井貴一がまた我が身を置き換えてしまう
you51

you51の感想・評価

3.0
心温まるヒューマンドラマだったけど、ディテールが端折られているところもあっていまひとつ。
jnk

jnkの感想・評価

1.5
おじさんがおじさん甲子園を目指してそこに感動を生もうとしてるということは、そもそもの甲子園が良いものという前提だと思うけど、しょっちゅう練習中に死人が出るし日程詰めすぎで選手壊れるし、ここ何年かは特に批判ムード高まってるわけだから、まずこの映画では甲子園の何を良いと思ってるかという描写は絶対必要だと思う。
色々あるけど甲子園はええとこなんやって思わせてくれるような何か。でも描かれるのは部活内の年季が入った内輪揉めの話で、甲子園は野球やってる人はみんな憧れるもんだから、ということしか伝わってこない。
いわゆるやったことないやつにはわからんだろうスタイルで、セリフでも「お前なんかに俺らの気持ちがわからんだろ!」みたいなことを言われる。

高校時代は暴力事件がきっかけで甲子園に行けなかったからおじさんになってもみんな文句言ってたのに、事件の真相が明らかになる前に試合して勝ってたりするし、真相が明らかになって許す的な展開も暴力の正当化に見えて気持ち悪い。しかも実際にどんな暴力を振るったのか見せないヌルさ。
最近ジャズの人が中学生ビンタしたとかいうニュースに「中学生調子乗りすぎだからこいつが悪い」みたいな反応が多くてビビったけど、なんでみんなそんなに頑張って暴力を擁護したがるんだろう。
ここで一人でも「俺はそんな理由でも許せない」という人が出てくればまだわかるけど、こんなやつらがフェアプレイだとかちゃんと戦ってどうのとか言い出して本気で引いた。

あと柳葉敏郎とかは娘に「お父さんが気にしてるのは他人の目だけじゃない!野球だって他人の目を気にしてやってただけじゃない!」と言われてやる気になるけど、それって娘の目を気にしてるってことじゃ…
とにかく何かをやらない理由もやり始める理由もよくわからず、歪みあってた人達が集まって何かを成し遂げればなんでもよさそう。
しかも成し遂げたら全く関係ない問題も解決する進研ゼミ方式。
一体あの娘は何をきっかけに甲子園にきて、なんで良い話みたいになってしまったのか。

全部の事件は解決のためにあるマッチポンプ。
この大人の事情で全てが動いてる感じが現実の甲子園の暗喩なのだとしたらとても手が込んでてよくできてると思う。
熱闘甲子園を見た後に見たので
今年活躍している子達も何十年後かにはこうやって青春時代を思い返したりするのかな、なんて思いました。
わたしももう一度あの頃に戻れるなら、またトロンボーンが吹きたいです。
あと、やはり重松清すきです。
mikoyan358

mikoyan358の感想・評価

4.0
2015/4/24鑑賞(鑑賞メーターより転載)
機内で鑑賞。昨日「バンクーバーの朝日」を酷評したが、作り方と見せ方次第でこれだけぐっと来る映画も作れるんだから、まだまだ日本の野球映画にも可能性あるとは思う。過去に不祥事によって夢を閉ざされたという棘が重く心に刺さったまま前に進めない男たちが、そのきっかけを作った男の娘を触媒として少しずつ視界を広く持ち、マスターズ甲子園という新たな目標に向かっていく。観ていて恥ずかしいほどに登場人物がストレートに感情をぶつけ合うが、芸達者も揃ったせいかその直球のキレが心地よくて、素直に見逃しストライク(笑)。
>|