アゲイン 28年目の甲子園の作品情報・感想・評価・動画配信

「アゲイン 28年目の甲子園」に投稿された感想・評価

ドグ

ドグの感想・評価

3.8
遠い昔に高校球児だったおじさん達がマスターズ甲子園という舞台を目指して野球をする物語。

ごめんなさい、最初はB級映画だと思って見始めたのに何このクソ熱い人間ドラマ。泣いてしまった。
負ける時はちゃんと負けて次に進む、か。なんか自分自身ちゃんと真っ当に生きて、時には真っ直ぐに負けて、誇れる人生を歩んでるのか?すごく刺さるものがあった。
一球人魂。一時一時を一生懸命生きなきゃなと思いました。

なんとなく今年のコロナ騒動で夢の舞台を、またその舞台を目指す事すら奪われた高校球児、野球に限らずそれぞれの目標を奪われた学生達と重ねて観てしまいました。彼らにもそのやり場のない想いが、何か少しでも報われる舞台が用意される事願います。
浜田省吾 夢のつづき この曲が主題歌だったので観に行った映画
号泣😭良かった😊
コロナで高校野球の春夏の大会も無くなってしまった今、このDVDを見つけどうしても気になり観た。今年の高校三年生はどんなに悔しい思いをしているだろう。息子達も9年間野球をしていたので痛いほど感じる。この作品は28年前ある出来事から甲子園への夢を絶たれてしまった高校球児達のその後の人生が描かれている。この映画の様に今年の高校球児達もずっと頑張って努力し夢に向かって朝夕練習を重ねてきた思いが、いつか報われる時が来ると良いなと思った。
ふうた

ふうたの感想・評価

3.9
マスターズ甲子園というのを初めて知った。高校野球ほど張り詰めた空気ではないけれど、もう一度輝きを取り戻せる場所のような。どれだけ前を見てても過去の輝いてる時ってやっぱり眩しくて振り返ってしまう。そんな過去と一緒に前を向ける映画でした。

ざらついていて、ブレたりする映像が嫌味なく味わい深い。むしろ綺麗な映像じゃなくてよかったとも思う。僕にはわからないけど、中年の心の描写なのかな。
波瑠目当てで観た。それだけで満足だけど
せっかくマスターズ甲子園という(私は知らなかった)
話なのに脚本が???な部分がたくさんある。
特に違和感があったのは門脇麦演ずる娘が
なんで急にお父さんのことをゆるしたのか?とか
けっこう泣かせるシーンもあるんだけどなぁ。
もうちょっと脚本が良ければいい映画になったのにと思いました。
主演の中井貴一がもったいない。
CSWPSW

CSWPSWの感想・評価

3.9
2015年1月28日鑑賞

地元の映画館で上映しておらず
会社帰り遠征してレイトショー
観客10名弱で全て年配の方

野球と甲子園を題材に
家族・親子・人生
永遠のテーマを描いた
古き良き日本映画といった感じ

娘役の2人が
とてつもなくいい味だしていた

自分は親とのキャッチボールと
少年野球を経験した世代なので
共感しこみ上げる物があったが
キャッチボール経験がない人や
若者はどう感じるのだろうか?

子供や親と
今あまりうまくいってない人
若い学生さんにも
是非見てもらいたい映画
素晴らしい余韻をあなたに…
なんか元気が出るねっ!
Naokyon

Naokyonの感想・評価

3.8
夢の甲子園目指して高校の野球部OB集結したチームに息子も参加したと聞きマスターズ甲子園と言うのを知り
何となく今日の1本で観たのですが
ちょっと泣いちゃいました(笑)
いいなぁ〜いくつになっても1つの目標にむかって頑張った人達の友情、団結ってカッコイイ!
ぐ

ぐの感想・評価

2.9
粗い粒子の潰れたような質感の画面が特徴的。わかりやすく中高年層向けの30年昔の作品のような印象を受けた。男性のほとんどが色黒のため女性の白さが際立ったのは演出なのか…甲子園のおさえ日程か、何故か柳葉さんの投球シーンだけ雨降ってて不可解でした。
高校野球をやってきた人からしてグッと来るものがあった。

野球よりも人間ドラマだったが、考えさせる映画だったように感じた。

中井貴一の演技がすごく良かった
chiyo

chiyoの感想・評価

3.5
2015/1/21
単純な「あの夢をもう一度」な青春リプレイ映画かと思いきや、父娘の関係を見つめ直しながら28年前の事件を紐解く、なかなか良質なドラマ。そして何よりも、坂町演じる中井貴一がハマリ役。あまりに適任すぎてベタと言えるかもしれないけれど、でもこういう役で彼の右に出る人はいないと思う。個人的に、坂町と高橋の口論、同級生トリオの居酒屋での会話がお気に入り。46歳という年齢でも学生時代の仲間に会うと、スッと当時の乗りに戻ってしまうのが楽しい。ただ、坂町と美枝の関係は、擬似父娘としたいのか、恋愛感情を持たせたいのか、その辺りがよく分からなかった。坂町が美枝に頭ポンポンするのは有りだと思うけど、美枝が坂町の肩に寄り掛かるのは無しかな、と。坂町と実の娘の関係が等閑なところも気になるけれど、マスターズ甲子園の存在を知れたのが一番の収穫。OB会長演じる西岡徳馬も面白かった。
>|