アゲイン 28年目の甲子園の作品情報・感想・評価

アゲイン 28年目の甲子園2014年製作の映画)

上映日:2015年01月17日

製作国:

上映時間:120分

3.6

あらすじ

元高校球児、坂町晴彦(中井貴一)46歳。白球を追った日々は遠い昔。もはや仕事に張りはなく、一人娘の沙奈美とも絶縁状態。そんなある日、坂町を元チームメイト松川典夫の娘・美枝(波瑠)が訪ねてくる。坂町は彼女から、長年音信不通だった松川が去年の震災で死んだことを知らされる。彼女は父親の遺品の中に、チームメイト全員に宛てた27年分の年賀状の束を見つけ、なぜ毎年出さずにいたのか知りたいと願っていた。元高校…

元高校球児、坂町晴彦(中井貴一)46歳。白球を追った日々は遠い昔。もはや仕事に張りはなく、一人娘の沙奈美とも絶縁状態。そんなある日、坂町を元チームメイト松川典夫の娘・美枝(波瑠)が訪ねてくる。坂町は彼女から、長年音信不通だった松川が去年の震災で死んだことを知らされる。彼女は父親の遺品の中に、チームメイト全員に宛てた27年分の年賀状の束を見つけ、なぜ毎年出さずにいたのか知りたいと願っていた。元高校球児が再び甲子園を目指す<マスターズ甲子園>のスタッフとして働く美枝は、坂町に大会への参加を勧める。サビついたオヤジである坂町は「今さら」と断ったが、本当の理由は別にあった。28年前のある事件。坂町達が甲子園に行けなかった原因は美枝の父にあったのだ。父親の思い出を追い求める美枝と接するうちに、坂町は娘と向き合うことをせず、ずっと逃げてきたことに気付く。そして現実と折り合いをつけ、思い出を上手に諦めることで、自分自身を騙し続けてきたことにも。「あの夏」を越えて今、夢の続きが始まる。

「アゲイン 28年目の甲子園」に投稿された感想・評価

まだ小学校だった頃、父親とよくサッカーの練習していたことを思い出した
そしたらちょっと泣けてきた
競技は違えど、やっぱりスポーツは熱いね!!
ぺあの

ぺあのの感想・評価

3.0
練習してんの?、波瑠は毎回東北から川越まで通ってるの?中井貴一と門脇麦の親娘の和解のきっかけは?とかモヤモヤ感があった。全体的にストーリーが出来過ぎだけど良い映画。
軽ーく見たい。
ちょっと感動したい。
なんて時に結構良かった。
話はわかりやすくて、とくにサプライズがあったりするわけじゃないけど、別に退屈しない。
最後のキャッチボールもわかってても感動。
DcatcHerK

DcatcHerKの感想・評価

3.8
 すべてが純粋とまでは言えないかもしれないが、好きなことを、うまいへたに拘わらずやっていた若い時は、それだけで夢や周りの人たちが宝物だった気がする。
 大人になれば何もかも結果を求められるので、結果に縛られ、周りとの関係もそういったことが基準になり、決して心地よいものではなくなる。
 この映画は、そんな環境にいる大人たちに、何かを思い出させてくれる、ほっとする映画だ。
 特に、主演の中井貴一さん、柳葉敏郎さんと村木仁さんのやりとり、中でも、居酒屋の会話は、心から笑えた。楽しめる、希望を持てる映画だ。
まさに重松作品の真骨頂である。
青春時代、野球、不器用なオヤジそして家族。
得意アイテム目白押しである。

こんな小説をどのように映像として料理するかを観たくて観賞した。

舞台は、甲子園であるが高校野球ではない。
この作品でマスターズ甲子園と言う大会があることをはじめて知った。
元高校球児がもう一度甲子園を目指す大会である。

高校時代に訳ありで甲子園の夢破れたオヤジの元にある女子大生がマスターズ甲子園の話を持ちかけるところから話は始まる。

夢破れた訳は何か、その女子大生の正体は?
止まっていた時計が急に動き出すように事は進まない。
そこが重松作品である。

しかし謎が明かになるたびに泣かせの波状攻撃がこれでもかと襲いかかる。

そのたびに思惑通り泣かせられ、もう終わりかと思って気を抜くともう一度と強烈な一発を浴びて最後は浜田省吾さんの曲で打ち上げとなる。
でもそこで流れる涙は悲しい涙じゃない。

爽やかな涙を流すならこの作品をおいて他にない。

このレビューはネタバレを含みます

なんか 台詞や場面や感情が唐突過ぎてついていけない事が多く、引きぎみでみてしまった。
甲子園で負ける最後のシーンとか表情とかそういった必要なシーンも合ったんじゃないかと思う。それと、皆物わかり良すぎて予選決勝のシーンは絶対勝とうと行った時に、反論する人がいてもいいと思った。
johnny

johnnyの感想・評価

3.6
家族愛ですね
何歳になってもスポーツで盛り上がれるって最高!
ごじ子

ごじ子の感想・評価

2.0
映画化したくなるような原作を手堅く映像化した、低予算地味系邦画の一つという認識で臨む。しかし予算と無関係にやたらチープで古臭い。28年前の真相が明らかになったところで特にカタルシスがない上そこからの話が長く、しかし話の上ではハッピーエンドのまとめに入っているらしく何でもかんでも全て時に唐突に時に大音量の音楽とともに解決と、まるで伏線のお片づけ状態。
山下の長打力が癖になる。
1塁まで全速力で走ることが、仮に負けた時でもしっかり負けることみたいな言い回しはなんか伝わった。
野球ドラマというよりは人間ドラマがメイン。
最後の波瑠の投球フォームもツボった。
HITOMI

HITOMIの感想・評価

3.5
元高校球児のおじさん達が、甲子園を目指すお話し。オーソドックスな演出と展開が今日の私には合わなかったみたいです(^^;
でも最後のキャッチボールで涙してみたり…
色々な方が出ているなかでも、門脇麦が光ってました。でも真実がわかるまで28年てねー(^^)
>|