アゲイン 28年目の甲子園の作品情報・感想・評価

アゲイン 28年目の甲子園2014年製作の映画)

上映日:2015年01月17日

製作国:

上映時間:120分

3.6

あらすじ

元高校球児、坂町晴彦(中井貴一)46歳。白球を追った日々は遠い昔。もはや仕事に張りはなく、一人娘の沙奈美とも絶縁状態。そんなある日、坂町を元チームメイト松川典夫の娘・美枝(波瑠)が訪ねてくる。坂町は彼女から、長年音信不通だった松川が去年の震災で死んだことを知らされる。彼女は父親の遺品の中に、チームメイト全員に宛てた27年分の年賀状の束を見つけ、なぜ毎年出さずにいたのか知りたいと願っていた。元高校…

元高校球児、坂町晴彦(中井貴一)46歳。白球を追った日々は遠い昔。もはや仕事に張りはなく、一人娘の沙奈美とも絶縁状態。そんなある日、坂町を元チームメイト松川典夫の娘・美枝(波瑠)が訪ねてくる。坂町は彼女から、長年音信不通だった松川が去年の震災で死んだことを知らされる。彼女は父親の遺品の中に、チームメイト全員に宛てた27年分の年賀状の束を見つけ、なぜ毎年出さずにいたのか知りたいと願っていた。元高校球児が再び甲子園を目指す<マスターズ甲子園>のスタッフとして働く美枝は、坂町に大会への参加を勧める。サビついたオヤジである坂町は「今さら」と断ったが、本当の理由は別にあった。28年前のある事件。坂町達が甲子園に行けなかった原因は美枝の父にあったのだ。父親の思い出を追い求める美枝と接するうちに、坂町は娘と向き合うことをせず、ずっと逃げてきたことに気付く。そして現実と折り合いをつけ、思い出を上手に諦めることで、自分自身を騙し続けてきたことにも。「あの夏」を越えて今、夢の続きが始まる。

「アゲイン 28年目の甲子園」に投稿された感想・評価


正直あまり期待してなかったんだけど、何これ、メチャ泣けるやん!!!波瑠ちゃん、何故そこで君がキレる??それ、逆ギレやから、、、っていうシーン
も多々ありつつ、門脇麦ちゃんの旨さが光りつつ、そしてエンドロールの浜ショーの声に更に涙を絞られつつ、、、、、。

やはり、重松さんの原作が良いんだろうな(原作未読だけど、、、、)
そして、中井貴一、ぎばちゃん、和久井映見、渋くて良い役者さん揃えてる。
何もかもが、アタシの年代にはツボ!!!!!


お風呂上がって途中から一緒に観てたチビは工藤監督のご子息工藤阿須加くん(サークルのテニスの試合で会ったことがあるらしい、、、)に目を引かれ、そしてやはりストーリーに惹き込まれ、自分の知っている風景に心打たれ、最後は親子で涙滂沱として禁じ得ず。

直球勝負、できれば良いけれど、周囲を慮るからこそなかなか直球って投げられなくて、拗らせてしまう。
人って、優しいからこそ、傷つけてしまうってこと、あると思う。
でも、そこに言い訳をせず、いつか正面から向き合えたとき、分かり合えることって絶対にあると思う。
“時間”という、大きく優しい力を借りて、、、、、。
KUBO

KUBOの感想・評価

3.5
【2014 アーカイブ】

クリスマスが近づく今日この頃、映画ファンの私は黙々と試写会に通っております。今日は「アゲイン 28年目の甲子園」。原作 重松清、主演 中井貴一とくれば面白くないわけがない!

離婚やリストラで辛い日々を送っている元高校球児が「マスターズ甲子園」に出場し再び甲子園を目指すというお話。

中井貴一は私と同い年。「RAILWAYS」でも中高年からでも夢は追えるというテーマを取り上げていましたが、今作も諦めていた若い頃の夢を実現しようという、中高年への応援歌のような作品。

主演の中井貴一はもちろん、重要な役どころとなる波瑠が魅力的。元プロ野球選手がカメオで出演しているのでオールドファンはニヤッとする場面も。

エンドロールに浜田省吾の新曲が流れるのもうれし〜い。親子で見れる笑って泣ける娯楽作品です。
記録用

記録用の感想・評価

2.0
日本の高校野球OBたちの出場するアマチュア野球大会・マスターズ甲子園を目指す中年男性たちをめぐるドラマ。
馬超

馬超の感想・評価

3.9
中井貴一さんが好きなので鑑賞しました。
とても良い作品です。
昔観た青春と言われたら、確かにそうだけど、年はとっても昔の仲間が集まって、そこに熱い思いがあれば、アゲインするんですね。
昔の悪い思い出も28年経って、思いも寄らない形でアゲインして来ます。
「ちゃんと負けること」も人生においては大切。
何故かは、映画を観れば解ります。
サキオ

サキオの感想・評価

3.8
こういうおっさんたちの映画に弱いんだよなあもっと歳とってもう一回見たらまた違う感動するのかな
FUJI

FUJIの感想・評価

3.5
感動ポイントがいくつもあります。
野球好きな人は是非観てほしいと思うし、大人が観たら感動すると思います。

「ちゃんと負けたら次へ進める」んですよ。

この言葉の意味、是非レンタルで。

浜田省吾のエンディングソングも、とても良いです。劇場では、お客さん誰一人エンドロール中に退席していませんでした。
ある事件がきっかけで甲子園に行けなかった
今、しがらみだらけのおっさん達が甲子園を目指す!

基本的に面倒臭い映画だった。
展開も然り、
演出然り、、、

こんなゴリゴリの坊主がまだネチネチ言うか⁉︎とか
野球やってるくせに女々しいな〜
とか
元高校球児が再び甲子園を目指す"マスターズ甲子園"を舞台に、青春時代の悔恨と現在の葛藤を乗り越える大人たちの感動ドラマ。原作は重松清の同名小説。野球の基本はキャッチボール、それは人生にも通じる。"一球人魂"。投函されなかった27年分の年賀状。親子のプーさん。「負ける時はちゃんと負けろ。負けて次に進め!」
前半はいまひとつ盛り上がりに欠けたが、後からジワジワ来た。震災で亡くなった友人が隠し続けた真実に泣けた。
身をもって感動 我ながらアラフィフだなー
ハルとどうにもなんない中井貴一がまた我が身を置き換えてしまう
>|