奇跡の作品情報・感想・評価・動画配信

「奇跡」に投稿された感想・評価

U-NEXTにて。

オダギリジョー出てるし見てみよーって軽い気持ちで見たら、なんだこれめっちゃいいやん!
両親の離婚で離れ離れになった仲良しの兄弟がまた一緒に住めるようにと奇跡を願って、旅に出る…といったストーリー。

子どもたちの純粋な夢や希望が清らかで、ほっこり&じーん。
いろんな子が出てて、橋環もおったけど、みんな演技も自然で訛ってて良かったわー。
それぞれ境遇はしんどい子供とかもおったけど、それを重く見せない演出で、観た後にじわじわと感動が来るタイプの作品だった。
大人も子供もいろんなことがあって成長するんだなー。

オダギリジョーは今回もダメ男役だったけど、めちゃくちゃかっこよかったです!笑
rei

reiの感想・評価

-
はしかん出ててびっくり!

やっぱり是枝さん子供の撮り方上手いなあ
P

Pの感想・評価

2.0
wowowで鑑賞

テーマが九州新幹線と決まっていたからか、ストーリーが驚くほどつまらなかった。途中、鹿児島の環境(火山灰、かるかんなど)をディスりまくってたので、見ていてイラッとした。

小学生時代の橋本環奈さんをみられたのが唯一良かった。
LX

LXの感想・評価

5.0
『ポネット』『ミツバチのささやき』『禁じられた遊び』等ヨーロッパの映画には子どもの世界の美しさを描いた名作が沢山ある。
本作もまたこれらと並び評されるに値する作品といえよう。

ただ本作がより魅力的に映るのは、周りの大人の温かさではないだろうか。
ヨーロッパ(特にフランス)では良くも悪くも子どもを大人として扱うので、容赦なく現実を突きつけるような描写が多い。
本作も別に現実から目を背けている訳ではないのだが、子ども心を忘れていない先生や、ただ見守ってくれる主人公の家族(逆にそこまで子どもに構ってくれない親もいたかも)、むしろ協力してくれる老夫婦達の存在を自然に描いてくれている。
これが決して現実感のない都合の良い話にみえないのは、役者の演技と脚本・監督の力量は勿論のこと、日本人の子どもを可愛がる良いところをちゃんと見抜いていたからではないか。

ある意味大人達が子どもを甘やかした故に7人の子ども達は、目的へ突き進むが、それ故に大切なことを見つけ、成長していく。
主人公達の最後の選択に注目だ。

子どもの世界を認めてこそ、子どもは大人になれる。

類稀なるその才能で子どもを撮り続けてきた是枝裕和監督の真っ直ぐなメッセージが伝わる最高傑作の一つだ!
おまわりさんに見つかるところとかリアルだったなぁ。
あと狙って撮れないようなすごい雲とか。
この子たちみんな今どうしてるのかな?ってエンドクレジット見てたら橋本環奈がいてびっくり。
2011年の作品だもんなぁ。
あのひとつひとつの断片のカット涙が出たなぁ
み

みの感想・評価

2.8
小さい頃のまえだまえだだーと思いながら観てたら小さい頃の橋本環奈が出てた!地元っ子だけあって方言がリアル!
子供たちのほのぼのした物語。ちょっと長い。
pino

pinoの感想・評価

3.4
子供って真っ直ぐで、奇跡を信じて突き進む感じがいいなと思った。仲間がいれば色んなことに挑戦できるなとも感じた。
小学生ってよく走るなー笑
子役の子たちの演技が自然でむかしをおもいだして、懐かしく感じた。
オダジョーがカッコいいと見せかけて橋爪功が一番カッコいいやつ。「あぁケシの実」とか「父さんパチンコやめますように!」とか細かいセリフも光る。後半、知らん奴らと旅することになって、そいつらが花にかまけて本来の目的忘れてるのにブチ切れる前田航基、自分も修学旅行で同じことやらかした覚えがあって恥ずかしくなる。
milmil412

milmil412の感想・評価

3.5
ほっこりする映画。子供たちだけでなくまわりの大人たちも理解があってすごくいい。電車押しじゃないとこもよい。
nonono

nononoの感想・評価

3.5
くるりの音楽に惹かれて鑑賞したが、田舎の子供目線の物語でほっこりした。ずっと色が綺麗。
>|