あんの作品情報・感想・評価

あん2015年製作の映画)

上映日:2015年05月30日

製作国:

上映時間:113分

4.0

あらすじ

縁あってどら焼き屋「どら春」の雇われ店長として単調な日々をこなしていた千太郎(永瀬正敏)。そのお店の常連である中学生のワカナ(内田伽羅)。ある日、その店の求人募集の貼り紙をみて、そこで働くことを懇願する一人の老女、徳江(樹木希林)が現れ、どらやきの粒あん作りを任せることに。徳江の作った粒あんはあまりに美味しく、みるみるうちに店は繁盛。しかし心ない噂が、彼らの運命を大きく変えていく…

「あん」に投稿された感想・評価

ありち

ありちの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

最初から最後まで口数は少ないけど、どんどん表情が豊かになる店長に、徳江さんの存在の大きさを感じた。最後の「どら焼きいかがですかー!」に店長の思いが全て詰まってる気がして涙が出た。
監督河瀬直美ってだけでたじろぐとこだけど、グツグツ煮立ったあずきと秦基博の曲に惹き付けられて。ツッコミどころは多々あるけど珍しく解り易くていい映画だった。この調子で原案は人任せにすりゃいいものをまた屁理屈並べたようなもんばかり撮りやがって、やれやれだ。私は断然つぶあん派。
みそ

みその感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

「私達はこの世を見るために、聞くために、生まれてきた。
この世は、ただそれだけを望んでいた。
…だとすれば、何かになれなくても、私達には生きる意味があるのよ。」

とくちゃんの
「たのしかった、わよー」
っていう台詞にしびれました。

豆へのおもてなしをはじめ、
声をきくとくちゃんの姿と
不器用な店長さんとのやりとりに、
映画の前半は、にやけてばかりでした。
だから、その分、映画の後半はつらかった。
甘党じゃなくてもどら焼き屋をつづけてきて良かったって思えただろうね。
徳江さんに出会えたから。

湯気の香りが変わった。
その時に店長さんがタバコ吸ってて。
そのシーン結構ツボ。
なぜか謝ってしまうところも好き。
手洗っていいっすか?のくだりも好き。

中学生3人組もいい味だしてる。
どら焼き10個買った少年の「タカッ」もいい味。

犬を連れてくる奥さん。
知り合いが言うには、らいだって。
甥っ子と、お好み焼きもやって。
彼女にはイライラです。
奥さんが登場したら決まって次のシーンは、
夜。雨。体調ガタ落ち。
(店長さんのロン毛が映えます…)

声をきく。
それを大事にした作品だから、
風景のシーンも
少し声がききとりにくいシーンも
エンドロール入ったときの子供の台詞も、
いきてましたね。

主題歌との相性も素晴らしかったです。
(秦基博『水彩の月』)
み

みの感想・評価

4.0
凄く切なくなったけど最後はどこか救われたような、希望を感じられる終わり方で良かった
「どらやき、いかがですかー!」
四季折々の美しさと一緒に描かれる人生、差別、世間がテーマの映画
どら焼きにまつわる人の話。
静かでいて人の嫌な部分や気持ちが描かれていていい作品でした。
映像がとてもきれいで河瀬監督の作品が見たくなった。
日本ではハンセン病を扱った映画やドラマなどは、ほぼタブーに等しい。『砂の器』の主人公の父親は、『病気』としてボンヤリと表現していたが、あれも原作では『ハンセン病』となっていると聞いた事がある。

本作は正面からキチンと描いている。無知と差別によって長年隔離されていた当事者の現実と、施設の事がしっかり描かれているのが素晴らしい。

河瀬直美監督作品としては一番わかりやすい作品になっている。
chama

chamaの感想・評価

3.8
閉鎖された環境で長い間生きてきて、森羅万象への感度高く過ごしているおばあちゃん。偏見に傷つくことがあっても傷ついた風にしないその強さに、切ない気持ちになった。。全てのものに愛情を注ぐことの素晴らしさ、自然の美しさ、人の一生、色々静かながら感じられる映画でした。
美味しいどら焼き食べたい。
なると

なるとの感想・評価

4.3
河瀬監督作品、初鑑賞。
まず思ったのは、1つ1つのカットが素晴らしく美しい。これだけで惹かれる作品でした。ただ撮ってるのではなく、しっかりキャラクターの感情も感じ取れる桜の景観のカットなどもありました。綺麗だった。

そして樹木希林演じる徳江はハンセン病を患っている人。そのおかげで昔はずっと隔離されていた。彼女が桜の木や、どら焼きの餡に対しても強く感情を入れるところは悲しくなります。どれだけ辛かったか、そして愛情の大切さを思い知らされた。また彼女に対して涙する永瀬正敏演じるどら焼き屋の店長も言葉数が少ないながらもこの映画では大活躍。彼も刑務所経験ありで、被害者への慰謝料で苦労。しかし被害者はただ被害者ヅラしてるだけで、あまり苦しそうに見えない。1つの事件で店長の人生を、残りの人生を棒に振ってしまった悲痛な感情がずっと表情から見られた。
どのキャラクターも、それぞれの苦しい人生があり、私たちにどう生きるかを感じさせられた秀逸な作品でした。
かずよ

かずよの感想・評価

3.1
H30.8.11
永瀬正敏の出演してる映画って初めて観たかも
知らない世界の話だったので勉強になった
>|