あんの作品情報・感想・評価

あん2015年製作の映画)

上映日:2015年05月30日

製作国:

上映時間:113分

4.0

あらすじ

縁あってどら焼き屋「どら春」の雇われ店長として単調な日々をこなしていた千太郎(永瀬正敏)。そのお店の常連である中学生のワカナ(内田伽羅)。ある日、その店の求人募集の貼り紙をみて、そこで働くことを懇願する一人の老女、徳江(樹木希林)が現れ、どらやきの粒あん作りを任せることに。徳江の作った粒あんはあまりに美味しく、みるみるうちに店は繁盛。しかし心ない噂が、彼らの運命を大きく変えていく…

「あん」に投稿された感想・評価

elie

elieの感想・評価

4.5
時給200円でもいいのです
私達も 陽の当たる社会で
生きたい

人生色々...
生きていれば 大なり小なり
何かしら心に抱え込んでる
荷物がある
この作品は それを優しく
溶かしてくれるような
温かさがある
だから多くの人の心に
響くのだろうなぁ

テーマ、脚本、演出、音楽等
どこをとっても素晴らしく
樹木希林さんの演じる徳江さんは
もはやこれは演技なのかと疑う程
自然体過ぎた

風に揺れる木に手を振り
小豆を見つめ 語りかけ
応援する姿
光を遮るシャッターが嫌で
開けてみたらさぁ大変
不自由な手で
困りながらも嬉しそうに生地を焼いて
焦げたどら焼きすら愛しい

セリフのひとつひとつ
全てのものに寄り添うような
優しさがあって
ユーモアがあって
悲しい過去も包み込むような笑顔と
生きる事にひたむきな姿に
胸熱そして涙腺崩壊
それに呼応するような
永瀬さんの演技も素晴らしい

徳江さんの抱えるハンセン病と
それに伴う偏見.差別は
決して軽く扱えるものでは無い
だからこそ そこから芽生える
"生きる意味"というテーマが
より強く 心に訴えかけてくる
タケシ

タケシの感想・評価

3.9
どら焼き、あんこを食べたくなってきた(笑)

ハンセン病(らい菌)については
全く知らなかった。。

樹木、永瀬のナチュラルな演技で
素晴らしすぎて感動しました!
me

meの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

評価つけにくいけど〜
ずっと気になっていた作品
なるほど。社会的なものを描いている作品だったのね
まさかの展開にびっくりと悲しさと。
徳江さんの働けて楽しかった〜って言った言葉が忘れられない
時給200円でもいいって…😭
普通の人が当たり前に送る日常を初めて許してもらえた徳江さんの嬉しそうなこと😭
仕事に不満をぶつけ特に頑張りもせず
自分の人生を絶望するなんて、なんておこがましいのだろうと思った
だからこそ最後のあのシーンになるんだよね
彼が前に1歩進めてよかった
そのために徳江さんが来たんだな〜

自分の人生、心を見返してしまう作品

これの太賀がすごくよかった
本当にちょっとしか出てこないんだけど先輩の佇まいが好き
ミナ

ミナの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

こういう作品を観るたびに無知って怖いなって思う

どら焼き屋オーナー婦人(浅田美代子)から語られたハンセン病は怖くて不気味だったけど、徳江(樹木希林)や施設に住んでいる人たちはそんなことなかった

徳江がようやく叶えた夢を心無い噂で潰してしまったあとの再開シーンではあんを炊いていたときの輝きが消えてしまっていたようだった

それでもなお店長を気づかう徳江の優しさが沁みた

狭く暗い店、鳥かご、開けたブラインド、飛び立ったカナリア、湯気の立つ木など心情を表す演出が良かった
しゅう

しゅうの感想・評価

4.1
樹木希林さんでなければ、成り立たない映画でした。
ある日、ふらっとやってくる年配の女性。
独特の雰囲気を持ち、優しい語り口で、人を惹きつけます。
そして、必死に懇願するんです。
働かせて下さいって。

彼女の作る「あん」は、特別な美味しさでした。おそらく彼女の人柄や、生き様が現れているんでしょう。

ハンセン病で苦しんだ人達の思い、それでも強く優しく生きてきた、とくえさんの思いが胸に迫りました。
ほんわかムービーかと思ったらハンセン病という重めなテーマ。すごく心にくる感じの映画で、とっても良かったです。樹木希林の演技がうまい。
yuka

yukaの感想・評価

2.5
木から立ち上る湯気のシーンが良かった。あとでインタビュー読むとそこは樹木さんが素敵だから今ここを撮ってとリクエストしたそうで。
全体的にセリフで説明しようとする表面的な所が引っかかる。原作ありきの忠実さかもしれないが映画としては奥行きを感じれない。
yoyo

yoyoの感想・評価

3.5
揺れる枝葉を見上げて手を振る樹木希林…
礼節あるおとぼけ感に、歯に絹着せぬ物言いが樹木希林全開でした。

永瀬正敏の演技も悪くはないけど、駆け出しの俳優さんのが面白味があったんじゃないかな。

永瀬はタバコ吸ってるのに風味が分かるセリフ吐いてたけど…
タバコ吸うのは自虐の表現?他の魅せ方はなかったのかね。

面白かったけど、中盤すこし寝てしまった…
「何かになれなくても、生きる意味はある」
樹木希林さん演じる徳江さんのとつひとつがズシリと響く。

1996年で終わったように思われる問題だけれど、公民権問題みたいに"差別"はそう簡単には無くならない。個人的には生まれる前の話だから漠然としか知ろうとしてこなかったこと。恥ずかしいことに、この映画の話題で初めてちゃんとライ病の「存在」を知った。

キャストを背中から映したり何気ない動作を淡々と撮ることで、複雑な想いの変化が緩やかに描かれているように思う。
徳江さんの餡を食べて間髪いれずに二口目を口にした店長さんのシーン、芝居がからずに紡がれる会話のシーンが良い。

くすりと笑えるユーモアを挟んであるから重くなりすぎずに観られるのか。
美味しいお話かと思ってました。登場人物は少なく、テーマとしては重たいですが、ゆっくりと時間が過ぎてゆく感じがしました。心にグッと響いてきます。一人で、じっくり見たい映画です。
>|