あんの作品情報・感想・評価・動画配信

あん2015年製作の映画)

上映日:2015年05月30日

製作国:

上映時間:113分

4.0

あらすじ

「あん」に投稿された感想・評価

ノース

ノースの感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます

今まで見たことないような雰囲気の映画。樹木希林の演技が自然すぎてやばい。普通におるばあちゃんにみえる。取り繕われてない感じがめっちゃいい。「人生いろいろありますよ」っていうセリフも臭くなく、めちゃ響いて凄くよい

この映画は、小豆を炊く音とか、中学生の会話とか、木のゆれる様子とか、何気ないものに終始注目が行くような演出がされててなんでかなっと思ったら、後半、徳江さんの人生観を打ち出した演出やったのかなと感じて感激した。
日頃適当に見聞きしてるような部分に目を向けたらもっと毎日が豊かになるのかなって思えた。とはいっても、徳江さんみたいな温かい部分とは対照的な、冷たい現実も存在してて。そん中で自分自身とか人を労りながら、生きていきたいとおもった。
ものや食べ物を大切に扱うことは自分の豊かさにも人への優しさにも繋がるし、気の持ちようだけどそれを意識するのとしないのとで何か変わる気がする。桜並木とか川とか食べ物の湯気とか綺麗なものをなるべく多く見ていたいよなーちゃんとご飯をたべたり早起きしたり最近そういうの忘れてた。演技を見ているような気がしない、語らずしてメッセージ性の強い映画。そして太賀のいる蕎麦屋は絶対に週2で通う
樹木希林さん最後の主演作。観てよかった…。
すごい。なめらかであるようで、ずっしりとしていた。
すごく良かった。。。
知らないことは時に人を傷つけることにもなり得る、無知は恐ろしい。

無知から来る差別はとても多いと思う。皆がもっとちゃんと理解して知っていくことが大切だと思った。

とりあえず、美味しいどら焼き、買いに行こう。
juri

juriの感想・評価

4.0
映画は自分の知らないことを教えてくれる。
見た後、またいろいろ調べた。
もののけ姫みたくなった。
えぼし好きになった。
momo

momoの感想・評価

3.8
あんがとても美味しそうだし、どら焼き食べたい〜とか思いながら観てたけど全然それどころじゃないくらい後半苦しかった…

いやでも美味しくてやさしいどら焼き食べたい。
なみ

なみの感想・評価

3.6
ハンセン病の差別がテーマの話。樹木希林さんの演技が良い。とても。切ないけどあったかい、泣いてしまうけど、前を向ける話。

「私たちは聞くために、見るために、生まれてきた」「だからそれだけで生きる意味がある」
(記録用)2021-62
ハンセン病という重いテーマを扱ってますが、樹木希林さん=徳江さんの優しさと強さに包まれたような素敵な作品でした😄

樹木希林さん、親友役の市原悦子さんの演技と存在感が凄まじく、大女優の貫禄を認識させられました。
また、千太郎役の永瀬正敏さんも負けておらず、彼が桜の下でどら焼きを元気に売るラストシーンはとても印象に残りましたね。

このレビューはネタバレを含みます

最後のセリフがとても好きでした。小さな一歩かもしれないけど、その一歩一言がどんなに背中を押してくれるか。「この世に、感じるために、聞くために生まれてきた何かになれなくても生きる意味がある。」とても心に残るセリフでした。
優しくそっと背中を押してくれる映画でした。
Ryota

Ryotaの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

 自分のばあちゃんに会いたくなった。ばあちゃんが炊いてくれる赤飯とおしるこが食べたいし作り方も教えてほしい。今年は顔出さな。

 服役した過去と被害者への慰謝料(借金)があってそのためにどら焼き屋の店長をやっている中年男と、ハンセン病の影響で手が少し不自由でめっちゃウマイ餡を作るお婆さんのお話。

“ねえ店長さん、私たちはこの世を見るために、聞くために生まれてきた。だとすれば何かになれなくても、私たちは...私たちには、生きる意味があるのよ。”
>|