あんの作品情報・感想・評価

あん2015年製作の映画)

上映日:2015年05月30日

製作国:

上映時間:113分

4.1

あらすじ

縁あってどら焼き屋「どら春」の雇われ店長として単調な日々をこなしていた千太郎(永瀬正敏)。そのお店の常連である中学生のワカナ(内田伽羅)。ある日、その店の求人募集の貼り紙をみて、そこで働くことを懇願する一人の老女、徳江(樹木希林)が現れ、どらやきの粒あん作りを任せることに。徳江の作った粒あんはあまりに美味しく、みるみるうちに店は繁盛。しかし心ない噂が、彼らの運命を大きく変えていく…

「あん」に投稿された感想・評価

なな

ななの感想・評価

3.7
樹木希林が大女優ってことが分かる。

直接的な迫害の描写はないんだけど、美しい情景と相まって心にズシンときた。
リビングルームで、古い手紙の整理をしながら、撮り溜めていた本作を何気なく見始めたが、いつのまにか手が止まり、飲みかけのコーヒーが冷え、最後は泣いていた。
この映画を観たからといって何が変わるわけではないけど、明日からは、家族の声や、部下の心の声、そして風の音にも、もう少し耳を傾けようと思う。
なんか、いい映画だったな。
ぐ

ぐの感想・評価

4.5
あまりに美しくあまりに心を省みさせられる映画でした。役者さん皆さんとても良かった。日々大切に、色々な物や人や自然に心を向けて行こうと思います。
最後に一言。どら焼きを食べます。
hamm

hammの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

なんて愛情深い作品なんだろう。
本当に観てよかった。

徳江さんが店長さんと一緒にどら焼きを売った日々のことを思い出して「楽しかったなあ」と呟くシーンで思わず泣いてしまった。

樹木さんの表情作りがすごい。最後の永瀬さんの絶妙な表情も忘れられない、、演じてる感が全くなく、違う人の人生の一部をそのまま覗いてるかのような不思議な感覚になった。

残酷なことも多い世の中だけれど、それでも必ずどこかに希望はある。
誰にだって自分のやりたいことをやって幸せになる権利がある。

てもやっぱり希望も幸せも、人との関わり合いの中で形作られていくものなんだよなあ、、、、
泣いた。たくさん泣いた。
見えないものを見ようとする、聞こえないものを聞こうとする徳江さんが愛らしくて仕方がない。

どんなひとでも、なにかにならなくたって、この世を見るために生まれてきた意味がある。

樹木希林の演技は自然すぎてさすがとしか言えないし、寡黙で大人しい店長役の永瀬正敏さんも、涙をこぼすところでは一緒に泣いてしまいました。

ちょっと遅れての鑑賞になったけど、観て良かったと思える作品でした。
PHI

PHIの感想・評価

3.9
悲しいくらいに淡々としていて、いつも誰かは誰かに残酷で、それでも生きていて。
空気感ゆえに時間が止まったみたいにスロウなペースに感じられるこれは、確かに映画なんだけれど、でも私の知らないところで知らない誰かが過ごした綺麗で些細で大切な人生の一部なんだと思えた。徳江さんが丁寧に煮詰めていたあんこみたいにずっしりしている。
知らないことって本当に罪になってしまうんだね。

話とは関係ないけど千ちゃんキャラ的にはもうものすごい心くすぐられるたまんねえ人物だな私があすこの女学生ならガンガンに通うわ
美しい景色と、丁寧に炊かれるあんと、そして世間から追いやられてしまった人たちと。重たいテーマだけど、美しい映画でした。
静かで、"間"と"音"がとても印象的な作品。
樹木希林さんの徳江さんがもう…
じんわり泣く。
「店長さん、私は大丈夫よ?」
で、店長と一緒に泣く。

無知って怖い。それから思い込みも。
静かな声にならない声を聞いて、ゆっくりゆっくり煮詰められたあんはすごく美しかった。
色々抱えてもがいてるのを真綿でふんわりくるんで、それでも生きていくのよ、だって自由なんだからって徳江さんに言われた気がした。
vege

vegeの感想・評価

4.0
この世のもの、出来事すべて
ありのまま受け入れる徳江さん。

それがあん作り、人の接し方に
そのまま繋がってる。

能動的であることが尊ばれる社会でこそ
忘れちゃいけない人生の心構え。
武蔵野館

徳江は鳥になったんだろうか
自由に飛べているのだろうか
>|