あんの作品情報・感想・評価

上映館(1館)

あん2015年製作の映画)

上映日:2015年05月30日

製作国:

上映時間:113分

あらすじ

「あん」に投稿された感想・評価

mine

mineの感想・評価

3.3
久々の邦画。

この映画が評価されている理由は、樹木希林と永瀬正敏というありがたい役者さんの演技によるところが大半だと思う。

内容の方は起承転結がはっきりしていることもあって飽きないんだけど、なんか想像してたものと全然違いました。。

もう少しほのぼのとした、なんでもない日常を切り取ったお話かと思っていたら、特に後半はシリアスで、求めてたものと違うなって気持ちです。
あん作りのように丁寧に描かれた映画
終盤どころか中盤から引くほど泣いた
樹木希林じゃなかったらここまで泣かなかったと思う
顔を歪ませずに泣く永瀬正敏もよかった
えむこ

えむこの感想・評価

4.1
ぜんざい食べるシーン、やばい。
ハンセン病の事全然知らなかった。
自由であることの尊さ。若いから何だってできる自由さ、鳥の自由さ、自由でいいなぁ…と何度も言うのが印象に残った。自由に生きていいんだなぁ…。
どうでもいいけど甥っ子のお好み焼き屋はどうなるんだろ…
uitamn

uitamnの感想・評価

4.3
影に小さな光を取り込むような
隙間ない場所にふわり風を通すような。


ささやかで美しく
悲しみと希望に満ちた
生きる日々を

静かに大切に綴られた お話。

この作品に関わる全ての方々の
作品への並々ならぬ想いを
観ているだけで感じられる、
そんな丁寧に丁寧に
作られた映画だと思いました。



「私たちはこの世を見るために、聞くために、生まれてきた。……だとすれば、何かになれなくても、私たちには生きる意味があるのよ」
リ

リの感想・評価

-
徳江さんの言葉、表情、ひとつひとつがとても優しく愛に満ちていた
世界はわたしが思うより素晴らしいところなのかもしれない 徳江さんが愛した空、木、月、花、鳥
私たちはこの世界を見るために、聞くために、生まれてきた
たとえ何かになれなかったとしても、意味のない人生なんてないんだ

ふつふつと煮立つ小豆の言葉に耳を澄ませ、小豆が見てきた雨の日や風の日を想像し、小豆に語りかける

たっぷりと時間をかけて作られた徳江さんのあんこのどら焼き、とってもおいしそうだったな
sho

shoの感想・評価

4.6
優しいお話。

まさか樹木希林さんのお孫さんだったとは。素直な演技がとても魅力的だった。
素晴らしい映画。樹木希林が亡くなったいま、彼女のような俳優は出てくるのでしょうか…。
なおみ

なおみの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

“あの人はらい(ハンセン病)なんじゃないか?”その噂で、どら焼きの餡が美味しくて繁盛した店に客が来なくなってしまう。餡作りが上手なアルバイトは施設へ戻り、暫くしてから息を引き取る。生きることは皆平等で、目的は同じであるということをテープに吹き込み、生前どら焼屋で出逢った者に渡される。
この時代でも、不自由に生きる人が側にいるのかもしれない。

あんこを作るのに挑戦してる話を、よく行くカフェの店主さんにしたらおすすめされた映画。


".小豆を炊くとき、
小豆が見てきた雨の日や晴れの日を想像し、どんな風に吹かれてやってきたのか、想像するんです。"


こんなふうに考えたことなかった。
丁寧に小豆を炊くってきっとこういうことだと思った。


ひとは、出会うべき人に出会うんだなと思った。
光に満ち溢れた映画だった
あれやこれやと悩ませるような余白もなく
素直に観れた

樹木希林さんだけかと思ってたら
市川悦子さんもでてきて
胸がぎゅっとなった
>|