あんの作品情報・感想・評価・動画配信

あん2015年製作の映画)

上映日:2015年05月30日

製作国:

上映時間:113分

4.0

あらすじ

「あん」に投稿された感想・評価

Junpei

Junpeiの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

現代のコロナ禍や福島ヘイトにも通じる作品。「世間って怖いよ」には身に刺さるものがある。本作はこの「世間」の描き方がとてもリアルかつ恐怖を感じた。大抵の作品では、こういった場合、嫌がらせや目に見えての誹謗中傷があるが、本作ではそれがなく(強いて言えば社長夫人ぐらい)、サーっとお客さんが引くというのに、リアルを感じると同時に、目に見えないという恐怖を感じた。風景描写も良く、特に四季の描き方、春から翌年の春までの風景描写が登場人物の心情にも相まっていた。またあん作りのシーンも印象的で、しっかりとした職人への取材をも感じさせる。
事前学習しないで視聴。
あぁ、、、なるほど。働きたい気持ちがとても切なくて心にくる。
法律自体廃止されてはいるけど、今でも続く差別意識。これはキツい。
それでもひたむきに目の前にできることをやれる喜びがとても尊い。

ただのどら焼き屋の店長と従業員の話なのに奥行きが感じられるストーリーでとても良かった
イメージしていた話と全く違い、人の生き方を深く考えさせられた。ハンセン病の人々が世の中の偏見で隔離されひっそりと暮らす様は、同じように社会的弱者として生きるどら焼き屋の店長とも相通じる。
最後に心の自由を得た主人公をいつまでも応援したい気持ちになった。
ふうた

ふうたの感想・評価

4.6
徳江のおしえてくれた生きるという価値。その優しさに感動し、心が温まりました。

社会的制裁や病による差別、それらによる暗い側面とともに描かれるストーリーだが、街、人、木々、あらゆる視点から世界の美しさを魅せられ、とても明るい印象の映画だったように思う。

ぐつぐつと煮えるあずき、風に揺れる桜、細やかな描写が印象的で匂いや温度まで伝わってきた。

日々、生きていると不意に目に留まった景色に心を揺さぶれる時がある。徳江がいうようにそれを目の前にあるものから私へのメッセージだと考えれば、とても納得がいくように思えた。

「私たちはこの世を見るために聞くために生まれてきた、だとすれば何かになれなくても、私たちには生きる意味があるのよ。」
ラストシーンの徳江のセリフ、表情、間、ロケーション、アングルすべて完璧で本当に圧巻でした。
どろき

どろきの感想・評価

4.5
淡々した中に、人生に含まれる悲しさ、優しさを感じる作品。大げさに声を張り上げたり感情を剥き出しにすることだけが良い演技ではないことを実感します。
せいな

せいなの感想・評価

4.0
かぎりのある中でも生きてる意味を見出してそれができたらもうじゅうぶんなんだな、と泣けてくる映画でした
あと世間なんてくそくらえ、とも泣けます
三日月

三日月の感想・評価

4.3
これは良作。

いろいろと考えさせられる映画だが、決して暗いばかりではなく人の優しさに温まる。

ぜひ観て欲しい作品です。
樹木希林あらためて半端ないなあ、、、素晴らしい。どらやきいかがですかー!の永瀬さんに涙
奈保子

奈保子の感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ハンセン病という言葉は知っていましたが、ハンセン病という病気に対してわたしは無知でした。
こんなにも辛い思いを今でもしてる人がいることも。無知過ぎて恥ずかしくなりました。

徳江さん、お店に出れて本当に嬉しそうだったなぁ。若い子と話しをしたり、ワカナちゃんとも色々話しをしていたんだなぁ。
徳江さんの作るあんは、美味しそうでした。

千太郎の「世間は怖いよ」とワカナちゃんに言った言葉が印象的でした。

そして徳江さんは、千太郎が何かを抱えてるのを知っていた。かつての自分の目と同じだったから。
千太郎は、徳江さんを母親みたいに思っていたように思いました。
徳江さんの言ってた「人は何かになれなくても生きる意味がある」このような事を確か言っていました。この言葉も印象的でした。
徳江さんのお母さんが「メリヤスの布でブラウスを作ってくれた…だけど此処にくると持ってるもの全部取り上げられる」悲しかっただろうなと思いました。
徳江さんとの出会いで、千太郎もワカナちゃんも
変わることが出来た。徳江さんって本当に凄い人だと思いました。

樹木希林さんの演技は演技なのか、、あまりにも自然体で凄過ぎる。
永瀬正敏さんも上手い。ワカナちゃんも頑張っていたと思います。
樹木希林さんが亡くなった時、わたしは「こんな女優さんは、もう出てこないだろうな」と思いました。
剛太郎

剛太郎の感想・評価

3.7
人には外からはわからない 秘められた人世がある
人を見る目が優しくなれる
>|