あん(2015年製作の映画)

上映日:2015年05月30日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:113分
    監督
    河瀨直美
    脚本
    河瀨直美
    キャスト
    樹木希林
    永瀬正敏
    内田伽羅
    市原悦子
    水野美紀
    太賀
    兼松若人
    浅田美代子
    あらすじ
    縁あってどら焼き屋「どら春」の雇われ店長として単調な日々をこなしていた千太郎(永瀬正敏)。そのお店の常連である中学生のワカナ(内田伽羅)。ある日、その店の求人募集の貼り紙をみて、そこで働くことを懇願する一人の老女、徳江(樹木希林)が現れ、どらやきの粒あん作りを任せることに。徳江の作った粒あんはあまりに美味しく、みるみるうちに店は繁盛。しかし心ない噂が、彼らの運命を大きく変えていく…

    「あん」に投稿された感想・評価

    big1PATRA
    3.3
    見終わってすぐどら焼きを食べた。
    音がいい、、心地いい、、
    そうか。らい病ハンセン病は昔に比べたら知名度今低いとは思う。なんか悲しいけどもリアルな現実を提出された。その美しいあんの中に冷たい現実が混ざっていてそのミスマッチの中話が進んでいくのだけど
    白い色が多くて常に爽やかな感じ。
    ナガイ
    4.0
    なにか大きなことが起こるわけじゃない。
    街中にある小さなどら焼き店で起こる話は、たった数人のなかだけで完結する。
    それでも、そのたった数人の心を、生き方を、確実に変化させる力を持っていた。

    懸命に生きる人たちへの無理解、思考停止した否定的な感情を向けることだけはやめようと思いました。
    それと同時に、様々なものに耳を澄ませて、目を向けながら素直に生きていくことの豊かさを突きつけられました。
    こんなふうに生きられたら素敵なのになあ。

    樹木希林という女優さんをはじめてきちんと観た作品であったけれど、誰もが「凄い」と絶賛する意味が分かりました。
    愛くるしさ、お茶目さはありつつも、年相応(76歳の設定)の野暮ったさ、若者との空気のズレはしっかり醸し出す。
    なのに、輝く太陽の下、花に触れてその匂いを楽しむ姿は美しい。
    かと思えば、久しぶりに画面に映る頃にはすっかり老け込んでいて、話し方にも覇気がなく、過去に思いを巡らせて過ごしている。
    どこまでが演技でどこまでが素なのか、全てが計算なのか、素直に生きているだけなのか。
    本当に絶妙なバランスの上に成り立っている演技だなと思いました。

    対するどら春の店長さんも本当に素敵でした。寡黙で、劇中ではあまり顔つきも変化しないのに、嬉しそうだったり悲しそうだったり、悔しさや怒りなどもすべて伝わってくる。目で全てを表現しきるその演技力にはもう惹き込まれるばかりでした。

    周囲を取り巻く女子中学生や家族、店のオーナー、徳江さんのお友達なども皆さんいい味出してました。

    そして映像が本当に綺麗です。
    透明感、空気感がスゴい。
    劇中の徳江さんではありませんが、どの映像ひとつとっても、まさに木や、風や月がこちらに囁きかけてくるような、そんな映像でした。

    あと秦基博の主題歌「水彩の月」もよかったです。聴きながらシーンを思い起こしてホロリとするのに最適です。
    みゆ
    4.4
    2017.07.27(161)
    録画


    NHK BSプレミアムにて。

    河瀬直美監督作品は「萌の朱雀」をテレビで見たのが最初で、その時は美しい奈良の風景に、まさに風が吹いたような気持ちになったものの、あまりに語らない描写に難しい感じも覚え、不思議な感覚だった記憶がある。その後「沙羅双樹」を見たのだが、やはり萌の朱雀の時と同じような印象で、雰囲気しか味わえていなかったように思う。そして次に劇場で見た「殯の森」で、ようやくきちんと理解出来たような達成感に近い満足感を得たのだった。

    その後の作品は見たい見たいと思いながら機会を逃してきたのだが、やっと今日「あん」を見ることが出来た。

    今迄の私が知っている河瀬直美の世界とは異なり、とても易しく分かりやすい、でも河瀬直美らしい作品だなと感じた。従来通り語りを抑えているものの、演出により雄弁さを得た分、多くの人に理解しやすい内容になっていたと思う。

    他者にはなかなか理解出来ない「背負うもの」を持った者たち3人が距離を縮め、ふうわりとした幸せな時間を味わうも、それは長くは続かない。長くは続かない中で、樹木希林演じる年長者のとくえが語る「もてなす、聞く、見る」といったことが、如何に人生を豊かにするか、観客は気づかされていく。

    内田伽羅演じるわかなちゃんが、とくえに手のことを尋ね、それをきっかけに図書館で最初に手にした本のタイトルは「いのちの初夜」だった。これは北条民雄の著書で、ハンセン病になった著者が書いた手記である。私も文庫版を持っていて、確か8〜9年くらい前に読もうと思って買ったのに、読む覚悟が出来ないまま今になってしまった。今回をきっかけに読もうと思う。

    今回一番心に残ったのは、もっと自我を捨て耳を目を傾けなければ…ということだ。人が自我を捨てるのは容易ではないように思うかもしれない。だが真に何かを理解しようとするならば、まず対象をよく見なければならないし、そうすることが結局は楽しみや喜びに繋がるのだと、とくえの粒あんを炊く姿や自然を愛でる姿から学んだように思う。

    浅田美代子がとても良いのだ。浅田美代子がいなくても、この作品は成り立たなかっただろう。
    よかった。優しさが心強い。

    もう一回見ないといけない気がする。。
    樹木希林のうまさを再確認。樹木さんがいなくなってしまったら日本の邦画滅びるんじゃないか、ってもいえるくらいだった。
    b
    4.3

    全編にわたって、光のうつくしさ、温度を、触感を感じるようなあたたかな映像がとても好きです
    日本の美しさが詰まったような映像に思えました

    見えるもの、聴こえるもの
    当たり前に存在していると思っているものに、耳を傾けること
    繊細な感覚を持った徳江さんのように、歳を重ねたいと思った

    わかなちゃん役の女の子の透明感がとてもよかったです
    nutaki
    4.0
    どら焼きのあんの話と思いきや、ハンセン病の苦しみや悲しみを描いた社会派作品。つらい主題を甘いあんに包んで上手く自然に持っていったのは見事。樹木希林の、役に入り切ってる迫真の演技、殆ど素の様に見える自然な演技が、この作品を作っている。永瀬正敏と市原悦子の静かな演技も良かった。店長の喫煙シーンが多いのとワカナ役がセリフ棒読みが気になった。
    midori
    4.3
    樹木希林さんがいい味出してた
    桜や木や月などの自然の
    描写が多々あって自分も
    声を聞いてる錯覚になる。

    とてもよかったし、切なく儚い映画でした。どら焼き食べたい。

    このレビューはネタバレを含みます

    つ、つらかった。意外と。
    ワカナの家庭、店長の過去と現状、そして徳江さんの体...だれもが何かしらあって、現実って、世間って、日本って...と胸が痛くなった。
    樹木希林さんは役作りしないとおっしゃっていたからなおさら、こんな役者他にいないというかできる人がいないなって改めて思った。特に店長との会話やあん作りなんて、ドキュメンタリーか?ってぐらい自然体すぎた。

    BGMがほとんどなくて、セリフや生活音で余計な音が少なく、桜や月など目でも充分味わえた大事な作品。
    エンディング、映像消えてからのエンドロール中の会話というか公園での店長さんにまで涙が......
    >|