あんの作品情報・感想・評価

あん2015年製作の映画)

上映日:2015年05月30日

製作国:

上映時間:113分

4.1

あらすじ

縁あってどら焼き屋「どら春」の雇われ店長として単調な日々をこなしていた千太郎(永瀬正敏)。そのお店の常連である中学生のワカナ(内田伽羅)。ある日、その店の求人募集の貼り紙をみて、そこで働くことを懇願する一人の老女、徳江(樹木希林)が現れ、どらやきの粒あん作りを任せることに。徳江の作った粒あんはあまりに美味しく、みるみるうちに店は繁盛。しかし心ない噂が、彼らの運命を大きく変えていく…

「あん」に投稿された感想・評価

カシコ

カシコの感想・評価

4.5
店長さん
美味しい時は笑うのよ…

切なくて泣いた

樹木希林も永瀬正敏も女の子も
良かった
浅田美代子のクソっぷりも
風の音も
SODA03

SODA03の感想・評価

4.6
重たいテーマだが、柔らかく綺麗で素敵な作品。
映像から物語まで心にしみる。

鑑賞の際には、ハンカチと、どら焼きを用意。
matsu

matsuの感想・評価

-
殆ど前情報なく、河瀬直美監督ということで鑑賞。
とても素晴らしい。
河瀬監督自体初めて観るので作風など知らず、あんこを巡る修行とかその過程での絆の話かとおもっていた。
途中からの転調に少々驚いた。
被差別者の気持ちや歴史を代弁するこのような作品は素晴らしい。
あんこは美味しいし、あんこが好きな人はそれを見るだけで食欲がそそられる。
しかし「あんこ」を知らない外国人などから見たらもしかしたら黒いし、生理的に受け付けないかもしれない。
こう言ったことは、カニやエビについても言えると前から思っていた。
なぜ人は、ゴキブリを忌み嫌うのに、カニやエビは美味しそうに食べるのだろうか?
そのような人間に生来存在する、理屈なき差別。
外見で忌避してしまう意識。
本作を見てそのようなことを考えてしまった。
yu

yuの感想・評価

4.7
樹木希林さんの演技が大変光る素晴らしい映画だと思いました。言葉にしなくても、陽のあたる場所で誰かに必要とされる喜び、そんな感情をひしひしと感じられることのできる表現、ほんとにすごい…。
劇中、あんは心よ、と言っていましたが、たしかに新しい和菓子屋さんでお菓子を頼むとき、必ずあんが美味しいかどうかを見てしまう。あんて本当に大事な部分ですよね。
希林さん演じる徳江さんが小豆を大事に大事におもてなしをしてあんこをこしらえるシーンが好きなんですが、あのあんこになった小豆も、食べたお客さんも幸せだろうなあと思いました笑
そして店長さんにそのあんこの作り方を教えるシーンも、まるで母と息子のようで微笑ましい。
主人公の店長さんも徳江さんも人には言えない大きな過去があるんですが、そのあんをきっかけに変わっていきます。
偏見とは醜いものですが、誰もが理解してくれるとは限らない。何事においてもですが「無知」による偏見は恐ろしいと思いました。
この作品をきっかけに知ったこともあったし、あんこがもっと大好きになりました😳
秦基博のエンディング曲で泣きますq
ついでに関係ないけど、永瀬正敏…好きだ……。
teaserver

teaserverの感想・評価

4.0
私は、ハンセン病の差別を知らない。
たしかに怖い病気だけど、感染力は低いし、初期なら今は完治できる病だということを知っている。

だから、その差別は理不尽だと思う。
かつては、分からなくて、怖くて、隔離してたかもしれない、それはしかたない、でも、今は違う。

でも、世の中は案外に狭く、無知蒙昧な輩が台頭し、排他的価値観を押し付けがちで、それが悲しくて寂しい。

美味しい「あん」を作れるって素晴らしい。なぜそこを認めてあげないのだろう。樹木希林の演技が素晴らしく、泣けた。
nnm

nnmの感想・評価

4.4
丁寧でぐっとくる映画でした。

桜もどらやきも魅力的に描かれていた。

手作りのあん。
YUKARI

YUKARIの感想・評価

3.5
重いテーマながら、ほんわかとした良い作品でした。永瀬正敏さんが良かったです。樹木希林さんはもちろん良かったです。
すず

すずの感想・評価

4.5
差別の話。
樹木希林はやっぱすごい。
悲しかったしめっちゃ泣いた。
現実もこんな風に差別されてるんやろうな…
酷いな…
mi

miの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

めっちゃどら焼き食べたくなる。
女の子が樹木希林のお孫さんという事で色眼鏡で観たけど、何のこっちゃない素朴で良い味出してました。

「私たちはこの世を見るために、聴くために生まれてきた。この世はただそれだけを望んでいた。だとすれば、何かになれなくても、私たちには生きる意味があるのよ。」

観終わってからどら焼き食べた。
moco67

moco67の感想・評価

4.4
『砂の器』『ゼロの焦点』の二本立てを観に行った際に偶然お隣になったご婦人と話が弾み、ご紹介をされた本作。

病の研究が進み、時代が流れていった中、この思いをどう昇華させたらよいのだろうといったハンセン氏病患者の方々の思いや人生、社会背景を柔らかく伝える作品でした。樹木希林だから、という良さがあった。
>|