あんの作品情報・感想・評価

あん2015年製作の映画)

上映日:2015年05月30日

製作国:

上映時間:113分

4.0

あらすじ

「あん」に投稿された感想・評価

樹木希林さん凄い。演技を感じない。乗り移ってる。素晴らしい!仕事にやりがいを感じてキラキラ輝いて行く下りが好き。ハンセン病…私は無知。差別されて隔離されて。胸が締め付けられた。永瀬正敏が守ってやれなかった、というセリフ重い。噂はあっという間に広がる。自分が居なくなれば…と身を引く希林さん。つかの間の普通の世の中。永瀬正敏が背負ってる重い過去。最後は前向きに力強い物を感じた。私の邦画最高スコアだと思う。
永瀬正敏と大友監督と一緒に写真撮ってもらった事あるけど、ファンじゃなかったからあんまり感慨無かった。この映画観た後だったら、結構違ったろうな…
manami

manamiの感想・評価

-
店長さんが最初につぶあん作りを教わるシーンが素晴らしい。「湯気のにおいが変わってきた」「畑から来てくれた豆へのおもてなし」「いきなり煮たら失礼」「あとは若い二人で」この場面は樹木希林さんにしかできないなー、名人達人の域。
徳江さんは行列ができるほど美味しいつぶあんを作れる。小豆や鳥や月、いろんなものの声を聴き取れる。そしてたった1年で、千太郎やワカナにきっと一生忘れられない何かを遺していった。虐げられたことのある人の強さと温かさ。
主題歌がとても合っていて、思わず歌詞検索してしまった。「近ごろは ひとりでいても うつむくことも少なくなったよ」「生きてくことに意味があるなら ただ ひたむきであれたら」
どら焼き食べたーーーーーい!
かすみ

かすみの感想・評価

4.0
樹木希林さん追悼番組で、視聴しました。ハンセン病の徳江(樹木希林)が、どら焼き屋さんをしている店主(永瀬正敏)へ、アルバイト希望で訪れるところから始まります。季節は、丁度桜が満開で、優しい時間を感じられます。
徳江が手作りする『あん』が美味しく、評判を呼ぶのですが、徳江がハンセン病であることがわかり、突然評判のよかったどら焼きが売れなくなります。私は、ハンセン病を知ったのは、松本清張の「砂の器」がきっかけでしたが、隔離を禁止する法律が制定されたのが、1996年と20年ぐらいしか経ってないことを初めてしりました。樹木希林の飄々とした雰囲気の中に、偏見 差別 子供を持てない苦しみなど、垣間見た作品でした。
ただ、どら焼き屋さんにくる中学生の女の子(役名忘れました)が、徳江の手が不自由なことから、ハンセン病と知りながらも、なんらかわりなく接する社会であってほしい。
いい映画だった
永瀬正敏はいい映画にしか出ないのか
ハンセン病のことなど知らずに見て、やはり知らないのは怖い。
知っていることでなにかできることがあるならば、色んなことを知りたいし、経験したい。
この作品はみんな観れたらいいな

2016
川瀬作品はやっぱり構図が何だか、良くも悪くもカンヌ仕様だなとこの作品でも感じますね。でも逆に言うと、個性が出ていて面白かった。一番印象的だったのは、食事のシーン、物を食べるときの仕草がみんな良かったですね。この辺はいろいろ研究したのだろうか?生活感が出ていたのも、物語に入りやすくて良かった。
ハンセン病については、実際に調べるとやや違和感があります。ただこれについては、その奇病に纏わる人間模様や生きることの意味などを描きたかったのであって、おそらく、ハンセン病自体は二番煎じで良かったのではないかとこの映画を観る限りそう思います。
ただ、終盤がややお涙頂戴の演出がすこしくどくて微妙に感じたのも事実で、ちょっと惜しい気がしました。
改めて、樹木希林さんのご冥福をお祈りいたします。
きなこ

きなこの感想・評価

3.8
病んでいるのはどちらなのか、自分で判断しないと。そう頭でわかっていても、反射的な冷たい目を避けられないのが人だよね。せめてこの映画のわかなちゃんのようにフラットで。
mikaco

mikacoの感想・評価

4.0
本当に素晴らしい女優さんですね

風の音、陽の光、丁寧に注がれる水、小豆へのおもてなし
全てのものを愛しむような、静かで温かみのある作品でした
カレン

カレンの感想・評価

4.0
ここでのレビューを見て気になっていたところ、昨夜BSで放送されたので観てみました。

良かったです!
誰よりもつらい立場にある人が、人に力を与えることができるなんて。
きっと何十年も苦しんだ末に神になったんだね。心が洗われた思いでした。
希林さんのご冥福をお祈りします。
m

mの感想・評価

4.3
樹木希林さん


流れるようで、
陽の光のようで、
水が桶にちょろちょろ注ぎ込む水音のようで
葉と葉が擦れ合うざわざわのようで
それら全てが彼女の内側からの言葉なんだと思えて
なんて、どうしてこんな表現が出来るんだと思った

多くを語り過ぎない作風もまた、
素敵でした

ありがとうございます
辛い過去を生きてきた人や、今、
本当に辛い現実を生きている人には、
心に染み入るものがあると思います。
片目ずつ涙を押さえながら観てました。

観る人によっては、残念ながら
ボソボソ何言ってんのか判りにくい
お涙頂戴のあざとい映画でしか
無いでしょう。それでもイイんです。

あの、樹木希林さんが永瀬正敏に
「あんは、自分で作らなきゃ駄目よぉ…!?」
と言った時の、
(業務用?信じらんないよアンタ…!)
みたいな表情が、もう最高でした。(笑)

浅田美代子の甥が、密かにイイ。
あの叔母・甥の二人は、
世の無常を象徴しているキャラだね。

あの店がその後どうなったかも
気になる所。ラストから察するに、
ソッコー潰れたんやろな。(笑)

劇中で試作してた、塩どら焼き。
私、アレが大好物でして…!☆
夏の疲れた体に染み入る様な、
あの美味しさにはとても癒されます。♪
>|