ライオンズ・ラブ(原題)の作品情報・感想・評価

「ライオンズ・ラブ(原題)」に投稿された感想・評価

場面の繋ぎの奇妙な感じとかドキュメンタリー的なパートとかはそこそこ面白かったけど、肝心のヒッピー三人組の模様がどうでも良かった。

日本で公開されなかったのも納得してしまうくらい、アニエス・ヴァルダの作品ではつまらない部類の映画だった。
T

Tの感想・評価

2.0
アニエス・ヴァルダがまだいろいろとおかしかった時の作品。ハリウッドを舞台として男2人女1人の優雅な生活を描いたコメディ。登場人物の会話をバックにやる気なく流れるオープニングロールの無常さだけ良かった。ヴァルダのやる気がないのかやる気がありすぎるのかわからないけれど、電話のシーンや犬との交尾コラボレーションやら、こんなに意味不明なカルトを撮っているなんて知らなかった。