四十二番街の作品情報・感想・評価

「四十二番街」に投稿された感想・評価

エンターテイメントショーって感じ

タップダンス

舞台演劇の良さと映画の良さ

1933年代の映画とは思えないほどのクライマックス。

最後の舞台のシーン。他のミュージカル映画が視野に入れているというのが、とても分かった。

カットを割らず、カメラを移動するという撮り方。まさにララランドはこれを参考にしたんだなと感じた。

正直、ミュージカル部分にいくまでは とても退屈になってしまった。だが その退屈さがあったおかげで、クライマックスに始まるミュージカル部分が 派手に 倍楽しく感じた。


86分という時間もちょうど良い。
Mayashico

Mayashicoの感想・評価

4.0
脚!脚!脚!斉一した脚!
その間をカメラがくぐり抜ける。
それから円形の回転台に乗る集団の俯瞰ショット。幾何学的な集団美!
これがバスビー・バークレーのレヴューか!
すごい!
犬

犬の感想・評価

3.7


ジョーンズ&バリーの新作ショーが決まり、ブロードウェイはその話で持ちきり
演出家のマーシュは、スターであるドロシーを主演に据え、初日に向け準備を始めるが....

チャンスはどこに転がっているか全く分からない

製作陣の思惑、オーディション、稽古、さらには主演女優の私生活まで、、

ショービジネスの舞台裏を垣間見れる興味深い作品でした

開演までのゴタゴタがスゴい
男女関係ってやっぱり

そして、ラスト15分ほどの舞台ショーが楽しい
万華鏡みたいなシーン、大人数でのダンスシーンは圧巻!
まどか

まどかの感想・評価

3.7
脚線美。脚がいっぱい。
振り付けが面白い、鳥肌立つ。

マーシュとオールザットジャズのギデオンが重なる。最初のオーディションのシーンとかとっても似てる。
キよ4

キよ4の感想・評価

-
鬼演出家マーシュの最後の花道になるかもしれない新作ミュージカル プリティ・レディのオーディションから苛酷な稽古そしてごたごたの末の舞台までを描く舞台裏ミュージカル映画
ラストのミュージカル・シーンは見応え充分 回転するステージ 真上からのダンサーたちのショット まるで万華鏡のようで華やかで美しい
元祖大ヒットミュージカルの先駆けとも言える本作を鑑賞。

女優ドロシー・ブロック主演でミュージカル『プリティ・ガール』が制作されることになり、敏腕演出家のマーシュは出演者たちに厳しく稽古をつける。しかし、彼の思うように演出はそうそううまくいかず...。

マーシュ役のワーナー・バクスターといえば、第2回アカデミー主演男優賞を取った人物として知られていますが実際に動いてる姿をほぼ初めて見たので新鮮でした(笑)。それ以外はほぼ知っている役者さんがいなくて、本当にミュージカル黎明期のキャストという感じ。唯一ダンサーの1人を演じている女優さん、よく見たらジンジャー・ロジャースでした!まだアステアとコンビを組む前でなんとなく初々しかったです。

あらすじとしてはミュージカルの成功に向けてみんなが思考錯誤しながら愛も芽生えて...というお決まりのバックステージものでしたが、昔の映画と思えないくらいテンポが良くてサクッと観られました!
ミュージカルシーンが思った以上に短いのが淋しかったけれど、それでもやっぱりクライマックスは圧巻!!主題曲の'42nd Street'が歌われるんですが、長回しで街を再現したセットにズームインしたりズームアウトしたり...。めまぐるしく変わるニューヨークの街の様子を映しながら繰り広げられるダンスは一見の価値アリです。
振り付けも素晴らしいけど、それ以上に布やパネルを使ったマスダンスが画期的で、それを上から撮ったり...古典的だけど今観ても「すごい...!」と唸ること間違いなしです。どれだけ練習したんだろう。バズビー・バークレイが全ての振付を監修したとのこと、天才すぎる。

いまから84年前も、こんな風に観客を歌と踊りで楽しませるという発想はあって。何だかミュージカルだけは何年経っても途絶えない文化な気がします。
cinefils

cinefilsの感想・評価

3.2
所謂バズビー・バークレー調の振付が見られるのはラストから15分くらい。ゴールドウィンで作っていた時よりは平板化している。

ジンジャー・ロジャーズのへちゃむくれ顔。
人生。16ミリフィルムで見るバークレーのレビューシーンにガチ泣き。
舞台の裏側を見ることが出来る作品

基本的にみんながダンスを頑張っているシーン。その中で若手女優が頑張ったり、監督が怒ったりしてます。
5週間、練習しただけあって、幕が開いてみんなでタップするシーンは息がぴったりと合っていて凄かった。

万華鏡のように見える上からのシーンは圧巻だけど、お客さんからは何をやっているか伝わりにくそうだよね(笑)映画ならではの演出だと思います…
>|