千と千尋の神隠しの作品情報・感想・評価

千と千尋の神隠し2001年製作の映画)

SPIRITED AWAY

製作国:

上映時間:125分

ジャンル:

4.0

「千と千尋の神隠し」に投稿された感想・評価

指南書

指南書の感想・評価

4.1
背景もキャラも設定も芸術的であるが、実に分かりやすく全てを備えた映画である

今でもファンは多い

裏設定もしっかりしててさすがだ
本場アカデミー賞で最優秀アニメ賞。ジブリを代表する作品。東洋的な美しい背景と、丁寧なキャラ設定、ストーリーにもまあまあ納得。
本来ストーリーは、千尋が魔法使いアクション的に湯婆婆に勝つ予定だったという。尺の都合で本作に。それでもオチも、ストーリーにも不自然さなく、欲求不満も見えずカタルシスもあって良かったと思う。
Nicolaus

Nicolausの感想・評価

5.0
千尋が大粒の涙をボロボロ流しながら、ハクのおにぎりを食べるシーンは傑作。

おばあちゃんの握るおにぎりが格別にうまいのを思い出させてくれる。最高のシーン。
映画において全ての要素を満たしているとも言えるこの作品は、ジブリの中でも群を抜いている。
久しぶりの鑑賞で、自分の中の子供が起き出してきて、そのまま千尋になり変わってしまう感覚だった。

自分の親が豚になったらなんて考えたくもない。(笑)
asm

asmの感想・評価

5.0
私の中で1番大切な映画。
人生で一番最初に出会った映画で、ちょうど千尋と同い年くらいに観た。

当時は両親が豚になってしまう事や、カオナシの得体の知れなさや湯婆婆の厳しさで怖い映画!として残っていたが、自分自身が大人になっていくうちに思うことも視点も変わって、何度でも楽しめる映画になった。
そしていつ観ても懐かしいと感じさせてくれる映画になった。
音楽がまた切なくて。

ハク様は私の初恋。
梢

梢の感想・評価

4.5
小さい頃はどうしても怖くて、前編しっかり観たのは今回初めて

ストーリーも、世界観も音楽も、全てが素晴らしかったです

最初は人に言われないと挨拶も出来なかった千尋が、自然と会釈できるようになったりして、だんだんと成長してくのが可愛い、千尋につられてお辞儀してるカオナシも可愛すぎる(笑)

ハク様、、萌😌ぱっつん…👍🏻
入野さんこの頃と比べるとほんと演技うまくなったと思う、ハク様のときも好きだけど

でも釜じいが1番好き
座布団そっとかけてくれるシーン温かい
映像や物語は不思議な世界観で、ゆったりしてると思ったらいきなり興奮できたり、展開が面白かったです
最後の展開がほっこりしつつもこの後どうなったんだろうと気に見た人の想像力を掻き立てる作品です
asir

asirの感想・評価

4.5
トンネルのむこうは、
不思議の町でした。


「ここで働かせてください!」

「忘れないで、私はそなたの味方だからね」

「手え出すならしまいまでやれ!」

「一度あったことは忘れないものさ...思い出せないだけで」
あひる

あひるの感想・評価

3.8
たまに見たくなる。
なんかほっこりするような、ふと思い出す映画。

このレビューはネタバレを含みます

もののけ姫が結構難しくて色々と考えを巡らしたのに対して、千と千尋は謎は多くともエンターテイメントとしてしっかり楽しめた感じはあった。

世界観という点で言えば、千と千尋は今まで連続して見てきたジブリの中でも断トツでハマってるのでは。日本の八百万の神の描写はやっぱり平面的な描写がしっくりくる。これは写実的な表現は合わないだろうな。
神様の世界の東洋的なんだけど無国籍なデザインもすごく好きです。観ててワクワクする。これもイラストレーションの表現がバッチリハマってた。
「め」っていう看板がいっぱい出てくるのはつげ義春のパロディ….??

細かい所だけど最後の最後、千尋が人間界へ帰るとき振り返りかけて思い留まるとこ、トンネルを抜けて振り返るとこで銭婆がくれた髪縛りがキラッと光る演出が好きでした。
>|