千と千尋の神隠しの作品情報・感想・評価

千と千尋の神隠し2001年製作の映画)

SPIRITED AWAY

上映日:2001年07月20日

製作国:

上映時間:125分

4.1

「千と千尋の神隠し」に投稿された感想・評価

konokia

konokiaの感想・評価

3.6
久しぶりに観た。少女の成長を描きたいと言うテーマの割には、成長イベントがヌルッと終わるから途中で別人ぽくなるんだよな…
とりあえず好き。
世界観といい、千尋の顔がそこまで美人では無いところも好き。
ハクはそのあとどうなったんだろう…?
どういう理由でここにたどり着いたの?
考えれば考えるほど楽しくなるしワクワクしますね。
いつまでも大好きな作品です。

最後に千尋が新しいお家について、両親が引越し屋に謝りながら家へ入ってゆく。
そこで千尋が後?を振り返ると川が流れているっていうシーンを見た記憶があるんですが、実際には存在していないんですよね。
ほんとなんでだろう…
そんな不思議な記憶があるのも楽しい。
moviegirl

moviegirlの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

やっぱりジブリ様。ジブリのイケメンランキング上位に入るであろうハクがかっこよすぎて、何度も見てしまう。

鎌爺やリン、坊など、キャラクター1人1人に愛着が湧く。最後千尋のゴムが光るとか、裏話的なものは全くわからないけど、それでも楽しい。

そして、ジブリ飯最高。千尋の両親が食べていた謎のご飯が謎に美味しそう((
ひよこ

ひよこの感想・評価

5.0
夏の暑い日に見たくなる
月明かりの美しさ、入道雲の出る日の空の深い青さ
小学校のときに初めて見た
最近見て思ったのが
社会にでる基本がしっかり詰まってると思った
さすがジブリ
muy33

muy33の感想・評価

3.0
千とハク、異質な世界だけど、
ずっと繋がりを持っていてほしい。
KOKI

KOKIの感想・評価

4.2
ジブリの中でもヒットするだけの理由がある。世界観は独特だし結末までスッキリ。キャラクターが魅力的、特に釜爺が。
hinano

hinanoの感想・評価

5.0
物心ついた頃に初めてしっかり観た映画で、それからも何度も何度も観ている作品。

大人になった今改めて観ると深い物語だったことが理解できるし、臆病な千尋が逞しく成長していく姿には勇気を貰えます。

油屋をはじめとするその世界観の細かな描写には何度観ても唸らされるし、これも何度も観たくなる理由のひとつ。

きっとこれからの人生でも何度も観るだろう大好きな映画!
(過去鑑賞)

https://pottereiga.com/?p=1140 ← タップで記事に飛べます。

映画嫌い、且つ映画初心者の僕が選ぶ、「見るべき映画ランキング」を更新致しました。全くネタバレを含んでおらず、簡潔にそして要点のみまとめたので読みやすいと思います。是非、ご覧になってください。
りんご

りんごの感想・評価

4.5
最高に好きな映画。

何度見ても飽きることのない映画。

最後の別れのシーンでのハクの名残惜しそうな手に何度も胸を締め付けられました。


個人的に好きなキャラはリンと釜じいです🤍
>|