ブラック・スワンの作品情報・感想・評価・動画配信

ブラック・スワン2010年製作の映画)

Black Swan

上映日:2011年05月11日

製作国:

上映時間:108分

3.6

あらすじ

「ブラック・スワン」に投稿された感想・評価

maroon

maroonの感想・評価

5.0
バレエとホラーという珍しい組み合わせ。美しさと怖さが違和感なく共存する独特な雰囲気に引き込まれました。不気味で怖く見せる演出力が突出しています。日常に忍び寄る不穏な影。リアルに想像できる痛々しさを描くのが上手いと思うました。美しさと怖さを芸術の域にまで高めて作品です。ラストシーンの美しさは思わずため息が出るほど。登場人物の性格が丁寧に作り込まれていて、ニナと母親の関係の変化、リリーとの出会いで大人の女性として幼虫から蝶への変貌、無垢な少女から大人の女性への成長など、人間を見事に描いています。これほど人間を知り尽くした映画は希少です。エンドロールに、「ニナ:白鳥の女王、リリー:黒鳥 エリカ(母親):女王 ベス:瀕死の白鳥」とあり、映画全体でその役割を果たしています。隙のない作り込みのすごさに感心しました。ニナがトゥーシューズを縫い合わせるシーン、イヤリングを外すシーン、トゥーシューズにガラスをつけるシーンなど、一つ一つが魅力的で作品をより奥深いものにしています。全ての映画の中で一番好きな作品です。 
ポチの

ポチのの感想・評価

3.4
あまりこういう映画好きじゃないけど、段々と役に取り憑かれていく感じが結構怖かった。
nmt4410

nmt4410の感想・評価

3.9
追い込まれて追い込まれて自分にも追い込まれた先に何を見たのか。時折一瞬だけ挟まれる黒鳥のニナにゾッとした。ひたむきな真面目さで押さえ込んできた感情が狂気にマン振りしてシンクロした最後の黒鳥の演技が圧巻だった。ナタリーポートマンの真骨頂。それこそ役に潰されなかったのだろうか。
げっと

げっとの感想・評価

3.8
完璧とは。
2000

2000の感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

ここまで壊れると単に健康なままやり抜くだけの力量がなかった、力不足では、と身も蓋も無いことを考えてしまった。
一定の実力者が自分の健康や寿命という禁忌に手を出せば、周りよりも優れ必ず限界は超えられる。当然。例えば、箍が外れた命知らずのスタントマンが死して伝説になった話とか山程ある。真の芸術は究極的に自己破壊…でよいのか?
最後の舞台は圧巻だった。どちらかというと、そちらを全編見たい。
?★★★★☆
役に取り憑かれるってまさにこれだと思った。
どんどんと狂っていく様子とか本番で黒鳥を踊っている時とか観ると本当にゾッとした。
ゾッとする感覚と美しいという感覚を味わえる新感覚の映画だった。
リトルダンサーのラスト、白鳥の湖の音楽が鳴りビリーが踊り始めるところで物語が終わったので
この映画見たら続き見れるかなーと思って鑑賞してみた🦢笑
すごく窮屈で怖い映画だった😱
ニナが自我を失って、精神が崩壊していく演技はナタリーポートマンすごいなと思った。。
役に取り憑かれるってこういうことなんだってなった!
慣れない悪いことをたくさんしてニナの気持ちは追い込まれていくけど、ヤりたくない女がミステリアスで妖艶な黒鳥を演じるためにはしょうがないことなのかもと思ってしまった。。
本番の黒鳥の演技は狂気じみていて、かっこいいものだった!
kkk

kkkの感想・評価

4.0
2011年に劇場で観て以来の鑑賞。
こんな面白かったっけ?
精神が狂っていく人間の脳内にダイブしたようなライド感。
>|