赤い靴の作品情報・感想・評価・動画配信

「赤い靴」に投稿された感想・評価

じょの

じょのの感想・評価

3.5
『コーラスライン』でダンサーたちが作中で話していた映画がこれ。
昔から気にはなっていたが、見る機会がなかった。
Amazonプライムで無料だったので、やっと見てみました。

タイトルから察するにホラーか悲劇なんだろうなと予想しつつ鑑賞。
後者でした。
女性がかわいそうになるストーリーはもちろん現代にもあるけど、昔の映画って容赦なく気の毒だから結構しんどい。

タイトルになっている劇中劇の『赤い靴』はおよそ15分。
劇中劇にしては長いけど、バレエをしっかり見せたいんだろうなと思っていました。
が、最後のオチでそれだけではないことがわかった。
悲劇的な演出の効果を強めるために、この15分が必要だったのだ。
バレエを見せるためだけでなく、ちゃんと映画としての理由があることに感動。

他にもバレエに映画的演出を入れてくるところとか、映画とバレエの良さと面白さをうまいことミックスしていて心に残る。
伏線としての演出もうまくて「あっ、だからあそこであれを見せたのね」とか、いちいち感心するなど。

まあ、そんなことを気にしなくても、ただひたすらにバレエの美しさに見とれるだけで楽しめます。

動いてるレオニード・マシーン初めて見ました。
Kyoko

Kyokoの感想・評価

3.9
うん。
とりあえずバレエそのものが素晴らしかった。素敵だなぁ。
可哀想に...という感じかな。男性陣は彼女ばかりを責め立てる様にして...。哀しいね。
どり

どりの感想・評価

-
神保町の古本屋街でパンフレット見つけたから買ってしまった!
人生で初めて衝撃を受けた映画かも!
一つ疑問なのは、何で女性だけ仕事か家庭のどちらかを選ばないといけないのかなって。仕事を捨てて君を選んだから君も選べと言うが、絶対この人はこの映画の後も音楽を続ける。物語上は男性も選んだことになってるけど。何でヴィッキーだけがどちらかを選ばないといけなかったのかな。
まさかこのままあのバレエのシーンがずっと終わりまで続くのかと思ってそしたらこれはほんとにすごい映画だと思って興奮してもしほんとにそうなってたら俺はきっとすごい感動したと思うけどでもそうはならずでもそうじゃなくても普通に良い映画でした!
masa

masaの感想・評価

3.8
人気バレエ楽団でアンデルセン童話の『赤い靴』をモチーフに作曲を依頼された青年とプリマドンナに選ばれた娘
童話では死ぬまで踊り続ける呪いがかけられていたが
劇中劇のバレエ・シーンが良い
ぽの

ぽのの感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

バレエの歴史とか知らないと少し退屈かも
途中眠くなってしまった
最後まで観るのは難しい
まさ

まさの感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

場面が変わるごとに毎回急展開すぎるのと、シーンが飛ばされているところが多くて何を伝えたいのか分からなかった。
申し訳ないけど最後までみることができなかった

このレビューはネタバレを含みます


「結婚とバレエは両立できない」

「頂点を極めなければ意味がない」

・先生に盗作される
・練習中に結婚報告
・バレリーナと作曲家の恋愛
・赤い靴、アンデルセン童話
・初演、幻想的な演技、新聞紙
・首、バレエへの未練
・ラスト、二者択一、飛び降り、死

2020/05/22
tomoka

tomokaの感想・評価

-
バレエ映画ということしか知らずに観ていて、
レルモントフってディアギレフに似てるなぁって思っていたら本当にディアギレフをモデルにしていたとは!

ヴィッキーとジュリアンの仲に嫉妬してバレエ団を追い出してしまうのも、ニジンスキーを思い出すね。

しかも、レオニード・マシーンが出演とは。
こうして映像に残り70年経った今でも観られることに感謝。
>|