IT/イット “それ”が見えたら、終わり。の作品情報・感想・評価 - 622ページ目

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。2017年製作の映画)

It

上映日:2017年11月03日

製作国:

上映時間:135分

ジャンル:

3.5

あらすじ

“それ”は、ある日突然現れる。 一見、平和で静かな田舎町を突如、恐怖が覆い尽くす。相次ぐ児童失踪事件。内気な少年ビルの弟も、ある大雨の日に外出し、通りにおびただしい血痕を残して消息を絶った。悲しみに暮れ、自分を責めるビルの前に、突如“それ”は現れる。 “それ”を目撃して以来、恐怖にとり憑かれるビル。しかし、得体の知れない恐怖を抱えることになったのは、彼だけではなかった。不良少年たちにイジメの…

“それ”は、ある日突然現れる。 一見、平和で静かな田舎町を突如、恐怖が覆い尽くす。相次ぐ児童失踪事件。内気な少年ビルの弟も、ある大雨の日に外出し、通りにおびただしい血痕を残して消息を絶った。悲しみに暮れ、自分を責めるビルの前に、突如“それ”は現れる。 “それ”を目撃して以来、恐怖にとり憑かれるビル。しかし、得体の知れない恐怖を抱えることになったのは、彼だけではなかった。不良少年たちにイジメの標的にされている子どもたちも“それ”に遭遇していた。自分の部屋、地下室、バスルーム、学校、図書館、そして町の中……何かに恐怖を感じる度に“それ”は、どこへでも姿を現す。ビルとその秘密を共有することになった仲間たちは“それ”に立ち向かうことを決意するのだが…。 真相に迫るビルたちを、さらに大きな恐怖が飲み込もうとしていた―。

「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」に投稿された感想・評価

とえ

とえの感想・評価

4.0
めちゃくちゃ面白かった〜

いじめられっ子たちの「負け犬クラブ」が、街の子供たちを狙うピエロ・ペニー・ワイズに立ち向かう

ホラー映画ではあるけれど、これは少年少女たちの心にある「恐怖」を克服する物語でもあって
彼らは勇気を試される

そして「いじめられっ子」の団結心が彼らの強い味方になる

彼らが抱える恐怖(幼児虐待や、DVなど)の先には、子供を支配しようとする毒親がいて、ペニー・ワイズ(ピエロ)はそんな親たちや、いじめっ子に怯える子供たちの弱くなった心の隙間を狙う。

ペニー・ワイズはピエロの姿をして、子供たちを油断させ、おびき寄せる鬼
そんな鬼にも、弱点はある

最後はちょっとジーンとしちゃったよ

オタク少年たちが街の平和を守るなんて「ストレンジャー・シングス」みたいで、そこも面白かった
ピエロ恐怖症なのに見てしまった。
言うまでもなく夜はねれなくなった。
スタンドバイミー感はGOOD!
結構いきなりペニーワイズでてきたりで脅かし系な感じだった!
脅かしシーンも多くて楽しめた!
前作から27年経ってるっていうのも良かったな。
第二章も楽しみ🎬
予告を見てから気になって気になって仕方なかったんです!!
主人公の男の子が勇ましくてイケメンでした笑

ホラーなのでしょうけど、子供たちの有志を見届ける方が気持ちが強くなってあんまり怖い映画って感じがしませんでした
青春冒険ホラー映画?笑
Jeffrey

Jeffreyの感想・評価

2.5
「IT」
いやー信じられない程CGの過度使用で緊張感や恐怖感を害し10歳以下の子供が見る分には恐い。印象的じゃないビジュアルエフェクトが散りばめられている。だが高度なスクリーニングとクリープ要因で観客はクラウンを恐れる新たな理由が浮上する点や冒頭からの雰囲気や照明などは良かった。
鑑賞中&鑑賞後すぐには『あんまり面白くない』と不満のが大きかったが、家帰って寝て起きて思い返すと『あれ、なんだか怖いな、あれ、面白かったな』と満足のが大きくなった。
この原因の大半を占めるのが恐怖演出の【露骨さ】と怖がらせたいんだか笑わせたいんだかわからない【インパクト大】の演出。
鑑賞中、体はビクっと反応するものの精神的には全く怖くなく、馬鹿らしくさえ思えてきた。特に音の使い方なんて無駄に五月蝿く下手すぎると思った。

しかし鑑賞後、ペニーワイズの全力変形モンスター感や最初の腕ガブリを主導にジワジワ怖い。時間が経つにつれて今作の記憶がボヤっとしてくるにつれて、怖い。あまりにも現実離れしたペニーワイズが子供の頃みた【悪夢】感を促進して怖い。

また現実離れと言えば、劇中の青春パートと恐怖パートの乖離がデカすぎてかなり困惑したのも事実。でも今思い返すと良いシーンだったなぁ…としみじみくる。とは言うものの死霊館エンフィールド事件のエルヴィスプレスリーを皆で歌うパートくらいのさじ加減の抑揚の付け方のがより良いとは思うけど。

『ラストバトル熱い』『数人の子供が自転車で移動するのはグーニーズ好きとしてグッとくる』『今じわじわ怖い』などと、結果的に僕は全然満足できたが『全然面白くない』という人がいるのは超わかる。実際一緒に見た友達は『今年で一番つまらない!あと長い!』と言っていた。長いのたしかに笑。

キャラクターも内容も旧版のが僕は好きだけど、今作は今作で楽しめた。次が楽しみ~。

【余談愚痴】
ホラー映画って態度悪い客増えるのはまあ知ってたけど今回のはマジでクソ。
上映中ずっと喋ってた女子高生浮かべ。
上映中スマホいじってる男子高校生浮かべ。それを黙って見過ごす連れ奴浮かべ。
上映中驚くような場所じゃないのにふざけた声で『うわーあ(棒)』と大声で言ってクスクス笑ってた奴浮かべ。
気持ち悪いわペニーワイズの変顔より気持ち悪いわ!!!浮かべや!!!
冬峰

冬峰の感想・評価

3.5
前半のペニーワイズが仕掛けてくる演出はめちゃくちゃ怖かったんですけど、ペニーワイズ本人は顔が良すぎてそんなに怖くなかったです。

終盤になるにつれて出てくるようになるのでだんだん怖くなくなってくるという、初めて体験する謎現象でした……

ストーリーは結構好きな感じで良かったです。
さっち

さっちの感想・評価

4.8
スタンドバイミーホラー!
ピエロダンス!
みて心地いいホラーでもしっかりびびらしてくれる。
ピエロが食べたくなっちゃうくらい可愛い少年少女
主演の子の成長たのしみすぎる
石田

石田の感想・評価

3.9
子供たちの失踪が続く不穏な街。それぞれに事情を抱える主人公たち「負け犬クラブ」が恐怖のピエロに立ち向かうジュブナイルホラー。
謎のピエロことペニーワイズが繰り広げるびっくりどっきりグロギミックがとにかく楽しい。
子供たち個人個人のトラウマに合わせて趣向を凝らした怖がらせ方をしてくる職人芸には感嘆するしかない!
主人公側も魅力たっぷりで、喧嘩をしつつも手を取り合って逆境に立ち向かっていく青春感はスタンド・バイ・ミーさながら。
ピエロ恐怖症の人は本気で心の傷になると思うのでそれだけ注意してください。
mame

mameの感想・評価

3.2
ピエロを無駄に怖くした感じがして前作の方がシンプルな方が怖かった感じがしました。ペニーワイズが怖いというより音と人間の方が怖かったです。裏をかかないのでホラー初心者にはおすすめな気がします。