バイバイマンのネタバレレビュー・内容・結末

バイバイマン2016年製作の映画)

The Bye Bye Man

上映日:2017年07月08日

製作国:

上映時間:96分

3.3

あらすじ

アメリカのウィスコンシン州。古い屋敷に引っ越して来た3人の大学生が、ふとしたきっかけで、その名前を知った者、口にした者に死をもたらすという“バイバイマン”を呼び起こしてしまう。それ以来、“バイバイマン”に取り憑かれた彼らはお互いに命を助け合うが、周囲の人間たちは次々と命を落としていく。追い詰められた若者たちは、死の運命から逃れることができるのか――

「バイバイマン」に投稿されたネタバレ・内容・結末

結構面白かった。
最後主人公が自殺してまで名前を広めないようにしたのに最後に生き残った友人が言ってしまうっていうね。また連鎖が続いてくんかね。
あと、兄の子供が名前を知ってしまったんじゃないかってヒヤヒヤしたけど無事で良かった。
せめてバイバイマンが何だったのかまでは教えて欲しかったな。
あまりホラー感が無く、直接的な怖さがなかった。
催眠療法とかで記憶を封印すれば解決するのかな?後味悪し
ある方のブログか何かでバイバイマンは薬物だ。と大胆仮説をしていらっしゃったのが面白かったです。なるほどなーと。まぁでもそこまで考えて作ったかな?っていうのはあって。ヒットしたホラーのいいとこ取りしただけのような気もする。
どうしてもリングと比較しちゃうストーリーだけど、正体というか、バイバイマンの理由がわからないのが消化不良か。
そもそも最初の被害者はどこで知ったんだっていうね。
B級ホラー。
名前を行ったら、知ったらだめ。言うと意識してしまうので呼び寄せる。とかそんな感じなのかな。
名前を知られることで、人の意識に浮上するドア的なものを形成し、幻覚や幻聴を使い、人を操り、現象や自身に対する恐怖心を呼び起こすことによって、力を得る。まあ、やってる事は悪魔的なそれ。見かけもそれっぽいけど、個人的にはすごく好き。

内容的には聞いたことあるようなないようなあるようなでも、割としっかりとホラー映画。
あのふくよかな女性のところは、もう少しわかりやくてもよかったのかなと。

次はお兄さん家族かと思いきや、ある意味まさかの刑事さんで署内今後大変なんだらうなとお察しモード。
このまま順調に行けば、彼はこの街くらい滅ぼせるんでなないだろうか知らんけど。
 


自宅にて鑑賞。全米でスマッシュヒットを記録した都市伝説系ホラー。しっかり驚かし、怖がらせようとした作りだが、ゴア描写はほぼ見当たらず、血飛沫も殆ど登場しない──銃で撃たれても流血等は最小限度に抑えられている。全体にマイルド目で中途半端ではあるが、幻覚と現実が交錯するバランスが小気味良かった。肝心の“バイバイマン”自身の事が殆ど触れられず、伴っている猟犬や再三インサートされる列車の映像の意味等、謎が謎の儘放置され幕となる。ホラーマニアには少々物足りないだろうが、怖いのが苦手な人でも愉しめる。65/100点。

・原作はR.D.シュネックが'05年に上梓した『大統領の吸血鬼:アメリカ合衆国の奇妙だが本当にあった話(原題:"The President’s Vampire: Strange-but-True Tales of the United States of America")』内に収録された短篇『ボディ・アイランドへの橋(原題:"The Bridge to Body Island")』である。
この原作によると、“バイバイマン”とは'12年ニューオーリンズに生まれ、孤児院を飛び出した後、駅舎や線路脇を転々と棲み処とした。やがて盲目になってしまったが、その頃からハサミを凶器に殺人を重ねるようになる。彼は犠牲者の眼と舌を刳り貫いた後、縫い合わせ、恐らく呪術的な意味合いで常に持ち歩いていたとされ、時としてこの“持ち物”が猟犬の役割を果たし、彼の狩りを手助けしたと云う。これらはウイジャー・ボード(こっくりさんの様な一種の交霊術)にて聴き出され、R.D.シュネックが書き止め、出版した。
名前を口にしたり、考えただけで、不幸が訪れると云われ、著者のR.D.シュネックは常にイニシャルの“BBM”としか呼ばなかったと云う──原作を読むと、ハサミや列車、猟犬等、本篇内に登場したアイテムやモチーフの一部が鏤められているのが判る。

・“レドモン”婦人役で大御所のF.ダナウェイが出ていたが、'69年当時の彼女を演じたK.ウッデルが若かりしF.ダナウェイそっくりだった。彼女の夫で事件の鍵を握る記者“ラリー・レドモン”のL.ワネル、これ迄のイメージと違い、随分恰幅が良い体型になっており、驚いた。“バイバイマン”を演じたD.ジョーンズは、G.デル・トロ監督組では常連であり、このテの作品では欠かせない売れっ子、本作でもしっかりその存在感を刻み込んだ。

・スタッフロール時に流れるザ・ニュートン・ブラザーズによるナンバー、何だか気味が悪く居心地も悪い上、不穏な余韻が残り、本篇によくマッチしていると感じた。

・本篇に登場するウィスコンシン州マディソン郡に位置する架空の"Buchanan Williams"大学は、オハイオ州ベリアの"Baldwin Wallace"大学でロケが行われた。'15年11月~12月で全撮影が終了したが、何等かの事情で'17年1月迄、公開される事はなかった。

・鑑賞日:2018年1月7日

 
思ってたよりも怖くはなくて、そんな面白くもなかったかも。
いきなり出てこられると驚くっていう瞬間はあったけど、そこくらいかな〜。
バイバイマン自体が何かしてくるわけではなくて、幻覚や幻聴を起こさせるっていうね!
直接手を下してなくても、人って恐怖で殺し合いをしてしまうものなんだなぁと。
それに、考えるだけでバイバイマン出てきちゃうってそんなんもう無理やん!笑
てか、お兄ちゃん納得するの早すぎる。
何も見てないのに一体何が分かったんやろ?
家燃えてますけど!銃の音と弟の状態だけでそんな察せれないだろ!とツッコミたかった。
しかし結局みんな死ぬしかないっていう解決方法は、ツラいな…。
普通に面白かった。
でも一番は予告が怖かった。
実際はそんなに怖くなかったかな。

考えてはいけない、言ってはいけない。自分の怖いものが幻想として現れる。そんな設定は面白いけど、
見終わったあと、え、結局バイバイマンってなんだったの?ってなりました。
伏線回収しきれた?
列車とか犬とかコインとか…
続編作ってバイバイマンの正体を暴いて欲しいです。
3人の大学生が古屋を借り共同生活をはじめる。主人公はかつての住人の持ち物から「bye bye man」という言葉を目にする。それは知ったものの周囲の人間を死に導く存在の名だった…という話。

訳のわからない冒頭のシーンはかなり不気味で引き込まれたのだが、本編が始まってからは展開が遅いのでやや退屈。この手の概念的な恐怖ものは好きだし、雰囲気も嫌いではないのだが、もう少し面白くできたのではないかと思った。アイデア不足かと。少しずつバイバイマンの影がちらつき始めて幻覚により登場人物たちが疑心暗鬼になっていく様は見応えあったけど、肝心のバイバイマンの造形がインパクト無いし怖くないんだよねー。バイバイマンの謎を調べるパートもいまいち盛り上がらなかった。終わり方は及第点かな。
主人公の幼い姪っ子の、怪異に巻き込まれそうで巻き込まれないところは意外性があった。
男2人女1人で、男の一方が女の子と恋人同士の状態で3人で住むのはある意味恐怖。
列車や猟犬はどういうこと?そこまでおかしなこと起こってない序盤からバイバイマンのこと怖がりすぎじゃない?みたいに引っかかるとこはありましたがおもしろかった!
驚かせにくるホラーではないので心臓にも優しい。でもゾクゾクする怖さはある。
幻覚はずるいよなー。なんとかして勝ちたい。
バイバイマンさんけっこう可愛かったです。名前からして萌えキャラだよね。
バイバイマン、幻覚見せるとか爪で壁を傷つけただけで直接的には実は何もしてないよね?人間が怖がって勝手に自滅していっただけ?バイバイマンは実はみんなと仲良くなりたかった?と考えるとやはり可愛いです。
>|