バイバイマンのネタバレレビュー・内容・結末

バイバイマン2016年製作の映画)

The Bye Bye Man

上映日:2017年07月08日

製作国:

上映時間:96分

3.8

あらすじ

アメリカのウィスコンシン州。古い屋敷に引っ越して来た3人の大学生が、ふとしたきっかけで、その名前を知った者、口にした者に死をもたらすという“バイバイマン”を呼び起こしてしまう。それ以来、“バイバイマン”に取り憑かれた彼らはお互いに命を助け合うが、周囲の人間たちは次々と命を落としていく。追い詰められた若者たちは、死の運命から逃れることができるのか――

「バイバイマン」に投稿されたネタバレ・内容・結末

…一番恐ろし人物は新聞記者
ラリー奧さんだろー…

よくそんな事、知ってて
ひっそりと生きて
これたもんだよ…(笑)

それでもアリスちゃんが
無事でなにより ホッとした。
何だか良作でした…(//∇//)
不気味な音楽、緩急のつけ方、非常に良し。幸せなやつらが不穏になっていくのは最高。ただラストで子どもが救われてしまうのは拍子抜け。伏線は回収したらつまらないからこれでいい。続編は作らないで欲しいです……
バイバイマンというネーミングのアホらしさが映画の中に無い。
もっと大味なホラーを期待してたよ。。
割と真面目なのね。。

バイバイマンが侵食してきてる様子を、どうにか視覚化できなかったものか。。
視覚化できてたら全然違うものになってたはず。

一軒家を舞台にするのはホラーのお約束なんだから、そこから始まって、最後にその家が燃えるというお約束に帰ってくるんだから、その中間はめちゃくちゃやってもいいんだよ。
名前を言ってはいけない!そして、言うな、考えるな。でもそう思うほど考えてしまう、頭から離れられない。そして人を殺しても、バイバイマンのせい。バイバイマンがそうさせる。
バイバイマンって何でしょうか?

これ、薬物ですよね。笑
幻覚は見えるし、具合は悪くなるし。バイバイマンは何もしないけど、それを頭に入れるとみんなやばくなるし。小ちゃい子は手を出さなかった、ということになるし。
トレスポの由来って、使われてない駅のところで薬物売買が行われてたからで。この映画にも電車がずっと走ってるけど、それを意識したんじゃないかな?と。
薬物禁止としてレクイエムフォードリームに続き、バイバイマンを推奨します。笑
面白かった。
バイバイマンとは何者なのか。襲いかかる幻覚、幻聴、さまざまな罠。
ストーリーがよくできていて、ジワジワと迫ってくる恐怖を味わいました。

列車、コイン、犬、そもそもバイバイマンは何者?
いろいろ伏線が回収がされていないのは気になった。
続編に期待。
設定が面白いだけに非常にもったいない。

ドンブリとかイットフォローズと比較されがちですが、その2作には到底及ばない気が、、
ドンブリのような緊張感もなければ、イットフォローズのような設定のドラマもない。

面白い要素だけ用意して、繋ぎ合わせるのを諦めてしまったようながっかり感。
バイバイマンの名前を知った人がどうなるかもよくわからないし(死んでしまうのか殺してしまうのか)、バイバイマンの名前を口走るのも無理やりな気が、、

そもそもバイバイマン怖くないし、犬もいらなくない?

、、と散々酷評しましたが、バイバイラブの曲がかなり良かったので、3点以下にしてる人は許せない。
てかラストの「わたしがピカッと光ると思う?」良かったでしょ、下げてから上げてから下げる感じ。
やっぱり3.5点以下の人許せない。
大学生がでかい家借りて住み始めると…

名前を言ってはいけないあの人という設定と見た目がヴォルデモート感ある。
オカルト感強め。

図書館職員のおばさんが躊躇なく口走って綺麗に殺してるのうける

幻想操るの克服した風に見せるのずるい。

つーかジョン空気読めよ!笑
普通あそこに自分もってなるかよ!最後も!

主人公のTシャツがJOY DIVISIONとかデッケネとかでお?ってなる
これは監督の趣味か?
記録

予算があったら3部作構成で考えてそう
エリオットが車の中で「BYE BYE LOVE」なんつー曲を爆音で聴いてるシーンには「お前なに聴いとんねん」とおじさん思わず突っ込んじゃいましたが、でもあれか、やっぱ呪いのせいか。
カーステをも支配するバイバイマンさん恐ろしや。

ま、なんやかんやあったけどアリスちゃんが助かったからよかったよ!(でもほんとに文字を読んでないとは思えない)
Don't think it... Don't say it...

13日の金曜日みたいなティーンエイジャーをぶっ倒す話かと思ってたらちゃんとしたホラー映画でもでした。13ニチモちゃんとしてるんだけど。

恐怖を乗り越えようとする勇気と、家族もそうでない人も守ろうする愛の映画でした。

真実を伝えることが正しいと…?

常に?

そんな映画