バイバイマンのネタバレレビュー・内容・結末

「バイバイマン」に投稿されたネタバレ・内容・結末

残念ホラー映画。

発想はいいのに何かもったいない感じ。
もう一捻り欲しかった。
設定も話の流れも、ほぼエルム街。
フレディのように強烈な印象や魅力がないんだよなーバイバイマン。
バイバイ!
フリがまぁまぁ効いている癖に、バイバイマンが全然怖くないのが残念過ぎる。
ホラー映画でよくある子供が異様なものを無邪気なタッチで絵に描くというのに恐怖を感じたりするので、そこはgood。
じゃあナイトテーブルの引き出しに書き残すなよ!と思いました。
THE BYE
BEY MAN
とかご丁寧に書くんじゃないよ。
大体あんなふざけた名前言っちゃうし考えちゃうよ。
犬っぽいやつも特に活躍しないしバ*バイマンは幻覚見せて指差してくるだけだし見た目も合わさってヴォルデモート彷彿とさせてでも名前が名前だしもう威厳の無さに涙ちょちょぎれたね。

主人公も最初から最後まで顔色悪いしバッドエンドだし報われなくて可哀想でした。
姪っ子字が読めないからセーフかなと思ったら普通に暗くて読めないだけだった…。
あとああいうフードを引っ掛けるコート(ガウン?)の掛け方はやめて欲しいですね。

シェイプオブウォーターの半魚人役の人がバイバ*マン演じてるそうです。
バイバイキーン。
しんぷるなストーリーでグッド。

気になった点が、、。

幻聴幻覚見せて名前知った人を殺したくさせるみたいだけど、
それ以外にバイバイマン出てきたところで何か悪影響あるのかな、、、?

ラストシーン、バイバイマンにサスケに対するイタチばりにおでこ指先コツン触られるくらいで他何もされなかったし、もしかしたら幻聴幻覚乗り越えられるなら、バイバイマンは何もしてこないただのかまってちゃん説、、、?
2018年171本目

その名を口にしてはいけないというありがちな設定のホラー映画。ホラーと言いつつ怖い要素もグロ要素もなく淡々と物語が進む。適度な高低があり終始飽きずに観れた。途中キャリー=アン・モスが出てきてちょいとテンションが上がった。
みんなめちゃめちゃ名前言うし、拡散してくし、悪循環が凄い。笑
図書室の人(名前忘れた)は判断がとても早かった。笑
食い止めるために自ら死を選んだのに、次の呪いが始まってしまうという流れはありがちで予想できたけど、全体的には面白かった。
あまりいい気分で終わらない作品。
その名前を知ったら最後。死ぬまで、その名前を考えずにはいられなくなる。

知る人がいればそれは在る事になるし、知る人がいなければ存在すらなくなる。
口裂け女や、花子さんのような都市伝説に近いのかと思いました。

幸せな家庭がいつ崩壊してしまうのかと冷や冷やものです。見てるこっちまで言うな!考えるな…!って言いたくなる。
先が気になり90分間あっという間でした。
面白かったです。

バイバイマンは思ったより薄着でした。
普通に面白かった!
三人が仲違いしていく様は見ていて可哀想

最後の親友を殺めてしまったと思ったら…恋人だった!みたいなシーンは、直前で主人公が「恐れなければ大丈夫!やつは無力だ!」と言って解決策を見つけられたのに、幻覚見て恋人殺っちゃったか〜と。
やはり取り乱していたからでしょうか

しかし伏線?などは回収されず…
幻覚を見せたりして、惑わせて、恐怖心を煽っていくなら、バイバイマンのあんなはっきりとした姿(ヴォルデモートみたいな白い人と皮剥がれた犬みたいな 笑)は見たくなかった!
それぞれが想像する姿でも良かったんじゃないかなーとも思うけど…
面白かったので満足です!

「Don't think it,Don't say it」
この台詞の響きが大好き(笑)
>|