バイバイマンのネタバレレビュー・内容・結末

バイバイマン2016年製作の映画)

The Bye Bye Man

上映日:2017年07月08日

製作国:

上映時間:96分

3.3

あらすじ

アメリカのウィスコンシン州。古い屋敷に引っ越して来た3人の大学生が、ふとしたきっかけで、その名前を知った者、口にした者に死をもたらすという“バイバイマン”を呼び起こしてしまう。それ以来、“バイバイマン”に取り憑かれた彼らはお互いに命を助け合うが、周囲の人間たちは次々と命を落としていく。追い詰められた若者たちは、死の運命から逃れることができるのか――

「バイバイマン」に投稿されたネタバレ・内容・結末

1969年10月20日
ウィスコンシン州 マディソン

囀り

白昼

訪問

ドンドンドンッ!!

その名前、誰かに言った?

あぁ申し訳ない

あぁ殺るしかない

来る...

その名前、誰かに言った?

...言ったのか

来る...

止めてやる

あぁなんてことだ

その名前、誰かに言った?

don't think it

don't say it

don't think it , don't say it

don't think it , don't say it

don't think it , don't say it

その名前、誰かに言った?

THE BYE BYE MAN

TITLE 04'45"

★★★☆☆

PB :$7.4mill.
DG :$22.3mill.
WTG:$26.6mill.

米公開 20170113
米盤発売 20170411 ポチるか迷う
日本公開 20170708 観るか迷う笑
国内盤発売 20171202
国内盤鑑賞 20170214 買ったった笑

Yearly2017Rank:95位
JAPAN Yearly2017Rank:ないよ笑笑

★★★☆☆

話はどこぞに任せるでーー

なかなか雰囲気良いがな
悪くないなバイバイマン笑

バイバイマンは列車に乗ってくるのか笑
暗闇の中、列車が向かってくる
闇の中、線路が照らされ、疾る

なんだこのイメージは?
死の既定路線てか笑笑

姪っ子アリスが
2階部屋の小扉を覗いたら、背後の、
反対側の少扉が開いて、、おっつ!
いいね

don't think it , don't say it
警告という呼び水
ぺらり、The Bye Bye Man
いいね

コインの扱い、工夫欲しいな笑

浄霊するキムを通して、
don't think it , don't say it
喋らせ、
いきおい、Bye Bye Man!
て、白目で言っちゃう可笑しさよ笑
いいね

that's real , idea is real.
バイバイマン増殖笑笑

その言葉を知ったら、
幻覚を見るようになる

眼から蛆虫!きもっ!
まっぱで誘う!きもっ!笑

なーんか、リングな感

BW図書館
Regirter Archive
Dead File 69 , Redmon
ありよって笑
あーあベラベラと喋るか!?
調べるけど、被害拡大笑
ワトキンスさん可愛そ!案の定笑
資料のバイバイマン文字も、、、
もうちとキレイに塗りつぶせや笑

しかし、一体誰が名付けたか
1969年10月18日
ラリーがアイオワ州で取材した
家族と4人の若者を殺害した10代少年?

The Bye Bye Man made me do it.

んーむ、これが発端かわからんね。

その2日後にラリーが、、、
アバンタイトルにつながると
続きがありーの、
バイバイマンと魔犬、登場笑
いいね

キム幻覚轢死笑笑
いいね
轢死直前の、列車に振向くカットは
なんか、間が違うような感

でたー
女刑事が、キャリー・アン・モスとな
ひさびさやな、なんか
いいね

don't think it , don't say it

言うな言うなよでモメる3人
不審を感じる表情
連行され尋問でも
不審以上の何かを感じる表情
いいね

逃れられない幻覚

パコーンて!おい!

秘密があるかと

未亡人のところへ
フェイ・ダナウェイ火炙り笑笑
無駄足いいね

ほんとしつこい幻覚笑

あーあ笑笑

きたよバイバイマンと魔犬

なーんかヘルレイザー感もありな

それだけ?

、、、額を押すだけ笑

新たなホラーアイコン的期待に応える
には、、、すげーキャラ薄いよ笑笑

勿体ない!!
喋ってほしくもないしな、、、。
嫌いじゃないよ、
バイバイマンと魔犬

兄貴とアリスを守るために、自害
心配してきた兄貴には、何がなんだか
えっ兄貴帰るのかよ!?笑笑

んー2階に火がついてたが、、なんで?

アリスにコイン、、、んーむ

えジョンが生存者笑笑
呻きに、耳を傾ける女刑事

バイバイマ、、、言うたか聞いたか?笑笑

★★★☆☆3.5 IT'S OK

クライマックスがね、、、
残念だなー

なんかUNRATED版があるみたいだな笑

勿体ないなー

広げた風呂敷の畳み方が笑笑

自害て笑笑 まーわかるけど、
素材そのままで話を変えようよ。

ピンクの象を想像するな!
って想像しちゃう
概念ホラー笑笑
怖くないけど
★★★☆☆3.5 IT'S OK

don't make sequel.
ハラハラするホラー映画!
名前を知る=死の運命という容赦なさ!
つまり名前を知ると
幻覚幻聴体調不良
そして
幻覚を見せられ死に導かれる
幻覚によって狂った他の名前を知る人に殺される
この負の連鎖を止めるために立ち上がった者に殺される(本人も自殺)
とまあ確実に逃げられないという展開が素晴らしい
ヤツもほぼ終盤まで姿を見せず(こうなりゃ最後まで見せなくても良かったんじゃない?)またほぼヤツは直接手を下すわけでもなく、幻覚を見せて殺すまたは殺し合わせるというのも今までのホラー映画ではあまり無かったかも。呪いを逃れる手段が一切出てこなかったこともいい点とも言えるし悪い点とも言えるか…

結局ヤツは何者なのか、コインや電車はなんなのかなど謎も多くあり、続編を作る気かな?(こういうホラー映画は犠牲者さえ増やせばいくらでも作れる)

なかなかハラハラドキドキさせてくれる容赦なしのホラー映画!
名前を知ってしまった登場人物たちは幻覚を見てるって設定でそれぞれの視点ではこう見えてるのかって描写が面白かったし、それを生かしたラスト良かったなー
あっそっち……て虚をつかれるかんじで
アリスは読めなかったみたいだけど……なラストも好き
『その名前を、言ってはいけない』

『言うな、考えるな』
の二行のフレーズで物語は進んでいく。
ホラー映画としては面白かったですが、
何故、ヤツが現れるのか?とかコインの意味はと謎のまま終わってしまったのが残念。
最初の降霊術?的なことをやってる時に主人公がバイバイマンの名前を口にしちゃったの、あれはもっと責められてもいい
「僕たちついうっかり都市伝説的ルールに入り込んじゃって結構みんな頑張ったんですがどうしても抜け出せません」系ホラー。残酷描写よりサスペンス重視で多少の捻りがあり演出がちゃんとしてたので最後まで見れた。ただストーリー展開とラストが余りにもテンプレ過ぎて・・・どの監督も他の作品観てるでしょうに。少女の「私がピカって光ると思う?」で終わった方がナンボか気が利いてるんでない?
あと、Carrie-Anne”トリニティ”MossとFaye“俺たちに明日はない”Dunawayがチョイ役で出演してて、へー。
敵の幻覚に対して、がんばって怖がらないっていう撃退方法が投げやりな感じでちょっと嫌だったけど
バイバイマンのビジュアルが地味で好き
「名前を知るだけで死ぬ」という、この手の呪いの中でもかなり凶悪なシステム。 名前を言わないだけなら回避できそうなものだが、執拗な幻覚で精神を苛み、「言うな、考えるな」を繰り返さなければ、つい口に出してしまう。言わそうとしてくるタチの悪さ。 ●病んでいく主人公の姿は、伊藤潤二作品を思わせる。主人公が行き着いた「怖れるな "Don't fear it"」が、ひょっとしたら唯一抵抗できる手段かもしれないが……。 ●とてもSCP向き。インターネット時代にこの呪いはやばい。
タイトル負けした感。

結構序盤に幻覚幻聴に悩まされるのに 最後の方までぬるぬる引っ張りすぎ。

始まりのラリーが1人悶えているだけで 後に銃乱射してれば 回想シーンで盛り上がったのかなあ。もっとバイバイマンが近くにいる演出が強く出ればいいのに。もしくはバイバイマンの過去をもっと深く探るミステリーに寄るべきか。


にしてもジョンただボロボロにされてかわいそ。最後あいつのせいでエリオットの自害が無駄になったけれども。アリスもコインの話するならナイトテーブルをいじるカットをいれて「あ、みちゃった!」と不安を煽ってほしい。

テーブルを流れで家の外に放り投げるのと ジョンを生かして 名前を繋げるのと 悪夢は終わらない要素を持たせるのは ありきたりな終わり方だと思った。
直接殺さず幻覚を見せて自滅させていくスタイルのやつはあんま見た事無いな
>|