バイバイマンのネタバレレビュー・内容・結末

バイバイマン2016年製作の映画)

The Bye Bye Man

上映日:2017年07月08日

製作国:

上映時間:96分

3.6

あらすじ

アメリカのウィスコンシン州。古い屋敷に引っ越して来た3人の大学生が、ふとしたきっかけで、その名前を知った者、口にした者に死をもたらすという“バイバイマン”を呼び起こしてしまう。それ以来、“バイバイマン”に取り憑かれた彼らはお互いに命を助け合うが、周囲の人間たちは次々と命を落としていく。追い詰められた若者たちは、死の運命から逃れることができるのか――

「バイバイマン」に投稿されたネタバレ・内容・結末

名前を知り、言ったり考えたりするとヤツがくる!!
みたいなやつ。

バイバイマンがかっこいい。
結局最悪な形でしか逃れられないけど、主人公が守ろうとしたお兄さんたちは守れて本当にホッとした。

しかし奇跡的に生き延びていた親友が女性刑事にヤツの名を告げるのだった…
チクショー!なんでだよー!!
退けば老いるぞ
臆せば死ぬぞ!
叫べ!
我が名は“バイバ...

定期的にホラーを観たくなる発作が起きるのですが、
今回手に取ったのはこれでした。
一緒に借りた「ウィッチ」が良質すぎたのかもしれません。
取り立てて褒められるようなところもない普通のホラーでした。

■「考えるな、言うな」
まず設定が新鮮なのかそうでないのかよくわからないライン。
指摘されているように「イット・フォローズ」に似ているような。
あと「フッテージ」っぽい雰囲気がありますね。件の男がブギーマンっぽい。
という感じでいろんなところから少しづつ摘んだような設定です。

■回避できるのか
そもそも名前を知ってしまったら最後という鬼畜さなので、逃げるのは無理。
最後の方で少し抗う様子がありましたが、結局あまり意味がないことも同時に判明。
避ける方法がないというのは絶望的でいいんじゃないですか。

■その存在について
結局なんなのかは分からずじまいですが、
劇中で「概念は存在する」ということが言及されています。
要は、幽霊のように実在するかもわからないのに、人々に広く知られているようなもの。みんながいると思えば、それはもはや現実だと。
ということで、みんなに忘れられちゃうと困るから必死で自分の名前を広めようと頑張る彼なのでした。

■演出
その名前を知ったものは幻覚や幻聴に悩まされて、最後には死に至る。
そんな描写は良かったですね。
主人公たちの視点が現実なのかそうでないかをうまくぼかしているのはとてもいいですね。よくある手法ですけど。
ただ、彼を直接的に描くことはしない方が良かったと思います。
お粗末な容姿と、CG感の強いお供。
勿体ぶった方がもう少し怖く作れたと思うのですが。
というか概念とか言っといて出してしまうあたりはやっぱりB級的と思ってしまいますね。


色々ツッコミどころはありますが、そこそこ楽しんで観られました。
リー・ワネルが出てきたときは一瞬誰だかわからなかった。
つか、出てないで脚本書いてくれたら良かったのにね。
あ、あれだ呪いのビデオじゃないけど伝染系だ

バイバ◯マン、その名を知ったものは殺される
つまり観た僕は殺される、、わけない!!!

ミステリーホラーのような展開でした
あれ、バイバイマン(言っちゃった)の起源ってなんだったっけ?

追っていた面々の死亡はわかったけど
あの猟犬とかも、、、謎だな
見落としてたかな

アリスが暗闇で光るわけないでしょ読めなかったわ、もぉパパァ〜ƪ(˘⌣˘)ʃなのがホッとしました


の束の間言っちゃうのねジョン!!!∑(゚Д゚)

これ2以降も作れるな
謎がチラホラあるし
あの機関車の描写も意味深だし🚂

ちょっと名前を言ってはいけないあの人みたいな面相でした
あ、しかも名前を言ってはいけないという点でもしかすると、、、ヴォルデモードさん(言っちゃった)だったのかな 笑

じわっと迫る時々びくっと脅かされる
わりと好きだったなこのホラー

がんばれ!バイキンマン否!サイバイマン否!
バイバイマン!
2出たらまた観るよ〜それまでバイバ〜イ( ^_^)/~~~
聞いたが最後、バイバイマンの仕組みがとても好み
ただ幻覚、幻聴で助けるべき相手を手にかけてしまうって演出は正直見飽きた感あるので、そこだけ物足りない
列車、猟犬というキーワードがありつつ特に掘り下げられなかったところは続編が練られてるのだろうか
某超有名ファンタジー??
に出てたよね?
って感じのビジュアルのバイ○イマン
もう名前"あの人"でいいと思う。

まさかの夢オチ?!と思わせての
絶望かと思ったら違った。

薬物or精神的な病で狂ってく様みたいで
違う意味で怖かった。

"あの人"が連れてる愛犬可愛い

怖くないけど、嫌いじゃない
恋人と親友の三人でルームシェアしたろ!という発想が一番怖い。

幻覚という強力すぎる攻撃への対抗手段が無く終始、バイバイマンのターン。
終盤のバイバイマン登場シーンは仰々しく「ドヤァ…」という感じで笑いを誘う。

列車・コイン・猟犬といった意味ありげなモチーフ
毎夜聞こえてくる引っ掻く音
バイバイマンのルーツにいたるまで
謎が明かされることはなく全てぶん投げられた。
説明しないのならモチーフ無しで「名前」の概念のみで攻めたほうが収まり良かったのでは…。
主人公の両親が事故で亡くなっている設定も特に意味はなかった。
怖いというよりかは、ハラハラする展開。
人間を心理的に追い詰めてくるという新しいやり口。

言うな、考えるな、
そんなこと不可能だからこそ、逃げ切れない怖さがある。
B級かと思っていたが、予想以上によくできていた。

洋画ホラーでありがちなグロ系で怖がらせるのではなく、ジワジワと恐怖が来る感じが良かった。

ただ、猟犬が何回見てもバイオハザードっぽくて笑ってしまった。

バイバイマン自体がなにかをしてくることは基本的になく、ただ恐怖心を煽り幻覚を見せ、対象を手駒に取り操り楽しんでいるだけ。

バイバイマン自体が何者なのかははっきりしない。そのへんのことも描かれていればより面白かったと思う。
あまりのゆったりとした展開で4回も寝落ちしてしまい、結局は見終わるのに5時間も費やしてしまった。

バイバイマンの背景も全然でてこないし、何が言いたいのかわからない。
単なる恨み?
謎である。

最後はお兄さんのトラックに呪いのローチェストが乗ってるのかと思いきや、乗ってないんかーい!
バイバイマンの名前おもしろすぎるでしょと思って見たら怖すぎて泣きそうになったけどバイオハザードにいた犬とフードをとったバイバイマンのチープさで怖さが吹き飛んだ
>|