鋼の錬金術師の作品情報・感想・評価

鋼の錬金術師2017年製作の映画)

上映日:2017年12月01日

製作国:

上映時間:133分

2.6

あらすじ

幼くして天才的才能を持つエドと弟アルは、亡くなった母にもう一度会いたいと禁忌(きんき)の「人体錬成」に挑んだ。しかし、結果は失敗。“錬金術とは等価交換である──“その容赦ない鉄則は、エドの左脚と、アルの身体すべてを奪い去った。瀕死のエドは、自らの右腕と引き換えに弟の魂をなんとか引き戻し、近くにあった鎧に定着させた。多くを失ったエドだが、諦めはしなかった。アルを元の身体に戻す。そう決心し、鋼(はが…

幼くして天才的才能を持つエドと弟アルは、亡くなった母にもう一度会いたいと禁忌(きんき)の「人体錬成」に挑んだ。しかし、結果は失敗。“錬金術とは等価交換である──“その容赦ない鉄則は、エドの左脚と、アルの身体すべてを奪い去った。瀕死のエドは、自らの右腕と引き換えに弟の魂をなんとか引き戻し、近くにあった鎧に定着させた。多くを失ったエドだが、諦めはしなかった。アルを元の身体に戻す。そう決心し、鋼(はがね)の義肢、オートメイル(機械鎧)をつけた身で、史上最年少の国家錬金術師「鋼の錬金術師」になった。兄は、自分が巻き込んでしまった弟のために。そして弟は、命を捨てる覚悟で自分の魂を錬成してくれた兄のために。絶対の絆で結ばれた兄弟は、失った身体を取り戻すため、カギとなる伝説の「賢者の石」を求めて旅に出る。支え励ましてくれる人々との出会い。二人の前に現れる謎多きホムンクルス(人造人間)たち。その先に待ち受ける驚愕の真実。そして兄弟は再び、「人間の命とは何なのか──」という命題と向き合うことになる。どんな困難が待ち受けていようとも、エドとアルは前へと進む。すべてを圧倒する愛と信頼、そして兄弟の絆を懸けた、超ド級の冒険が、始まる!

「鋼の錬金術師」に投稿された感想・評価

poteto

potetoの感想・評価

-
アニメの実写化って酷評されがちだけどそれを考慮しても酷い作品だと思いました。
たまに「別作品として観ればいい」なんていう意見もあるけど、
映画全体としてイライラさせる映画でした。
演技力もない、カットも不自然、話の流れも冒頭の設定も無視した展開。
監督ちゃんと脚本読みましたか?って感じでした。
KAORU

KAORUの感想・評価

2.0
ウィンリーが出る度イライラした…😞
ストーリーも色んなエピソード詰め込みすぎてまとまってないし、、低い期待値をさらに下回った…😞💦
とし

としの感想・評価

2.7
人気マンガを実写化して失敗あるある映画。主人公エドがここまで薄いかという存在感。ほとんどの活躍は大佐が持っていったな。錬金術のCGは多分かなりお金をかけているんだろうけどその部分と役者陣のギャラに使いすぎて後半はオリジナルストーリーのスカスカさ。ショートヘアが多いばっさーがロングの姿で可愛いいのが救いだったけどキャラとかけ離れていつものばっさーだった。
三太郎

三太郎の感想・評価

2.5
2時間の映画に詰め込みすぎた感がある。
2作目以降を作るような気持ちの余裕を持ってもうちょっとゆっくり深くても良かったような気がする。
ヒロ

ヒロの感想・評価

2.5
どんな感じになってるのかと思って見てみた。無理があるのは分かってたけど、、
一人一人の役者さんは上手なはずなのにやっぱ世界観に無理があるなぁ。
変なとこで終わった。
れじみ

れじみの感想・評価

1.5
想像を絶する地獄…。予告の時点でコスプレ劇との評判だったが、本編を観ても感想は同じ。原作は一度通しで読んだだけなので原作との齟齬に関してあーだこーだ言うつもりはないのだが、命の価値だとかテーマ的な部分に関しては良かったと思う。ただ、久々に本当にヤバい映画を観てしまったなと言った印象。

國村隼、小日向文世、大泉洋、この辺りの演技派がことごとく酷いのが観ていてつらい。キャラクターも名前だけ同じにしましたみたいなのがチラホラ…。本田翼のウィンリは全然ウィンリィではなくて、もはや本田翼でしかないのだが、まぁ可愛いので良しとしよう。

上映時間130分なのに圧倒的説明不足感が強い。それでいて原作序盤の展開を色々詰め込んでいるのでバランスが悪い。果たして原作を知らずに観てキャラに感情移入出来るのだろうか…。とは言え、兎にも角にも映像のショボさに尽きると思う。
山田涼介さん結構好きやけどこれはあってなかったかなと。
ディーンさんただイケメンやた。
『これはスクウェア・エニックスから出版されてる、荒川弘の【鋼の錬金術師】の悪質なパクリ映画だ』と言いたくなるレベルの作品。大泉洋のタッカーだけがクオリティ高すぎる。

キャラクター的にはホークアイ中尉が低レベルすぎる。似てないし、終始挙動不審。
作品的にはアルフォンスが糞。やっとちゃんとした出番かと思ったら、兄に反旗を翻す思春期ボーイで、仲直りしたと思ったら次の登場シーンでは足を引っ張ってる有様。

本田翼の可憐さを眺め、大泉タッカーの「君のような勘のいいガキは嫌いだよ」を楽しむ映画。
ohassy

ohassyの感想・評価

3.0
「マスタングは長谷川博巳だと思う人RT」


原作マンガがかなり好きで、時々ふと読みたくなって結局そのまま一気読みすること数周。
絵がうまいしキャラもいいし、何よりこれだけ荒唐無稽なのに破綻のない、緻密なファンタジーもあまり知らない。
いったいどこまで設計した上で描き始めたんだろうか。
多分最後までだろうけれど。

日々の目の前のイベントや中規模な目的を提示しながらキャラクターを動かし、より大きなストーリーをゆっくりと動かしながらリンクさせる。
それはさながらスピードの異なる3本の時計の針のように、関係なさそうで実のところものすごく関係していて、12時間に1度だけ、ぴたっと揃う。
そして人は気づくのだ。
針と針は最初から繋がっていたこと、全て支配されていたこと。
人生の半日が消えてしまったこと…。
その時はもう遅いのだけれど。

そんな緻密さと怖さとダイナミズムに、納得できるキャラの心情とモチベーションが見事に絡み合い、サスペンスとアクションと人間ドラマと恋愛模様までを内包した、本当に本当に稀有な作品だと思う。
シリアスとコメディのバランスも絶妙で、読みやすさの重要なファクターのひとつだ。
未見の人はぜひ手にとってほしいけれど、これから体験できるなんてかなりうらやましことだ。

そんな原作に果敢にチャレンジした本作は、勇敢であったと思う。
蛮勇とは言うまい。
しかも25巻くらいの長編に対して2時間の映画で挑むには、とにかく削ぎ落としてそぎ落としてそぎ落として、作品の核を露わにした上で、ほとんどゼロのところから再構築して、原作者や関係者、出資者、さらにはファンを納得させなくてはならない。
容易ならざることだ。

ひとつ、映画の真理を言います。

「原作が面白ければ面白いほど、忠実に再現した映画はつまらなくなる」

とても不思議なことですが、これだけは本当に本当で、避けることができない事実。
ここでいちいち事例を挙げたりはしませんが、そういう事例をまとめた記事はいいかもしれませんね。

少なくとも自分にはこのプロジェクトを成功させる道が見えないけれど、十分な予算をかけられるのであれば、あるいはロードオブザリングのようにできるかもしれない。
あるいはGOTのような。
さもなくば、薄っぺらいキャラクター再現SHOWになってしまう。

どんだけお金かかるねん!
(でもアルはとてもよくできていたと思う)

今さら本作にケチをつけることはないけれど、原作を読んでいて、一人だけキャストが想像できるキャラがいたのだけれど、本作では叶わなかった。
やっぱりマスタングは長谷川博巳が良いと思うんです!
有斐閣

有斐閣の感想・評価

1.5
ハガレン好きやったけどもそれでは補えないぐらい気になるところがあった。
>|