劇場版 仮面ライダーゴースト 100の眼魂とゴースト運命の瞬間の作品情報・感想・評価

劇場版 仮面ライダーゴースト 100の眼魂とゴースト運命の瞬間2016年製作の映画)

上映日:2016年08月06日

製作国:

上映時間:64分

2.8

「劇場版 仮面ライダーゴースト 100の眼魂とゴースト運命の瞬間」に投稿された感想・評価

かじお

かじおの感想・評価

3.0
一体誰にスポットを当ててるのかわからん。英雄村すごいね。なんか英雄誰1人としてワクワクしなかった。
音楽の英雄達を主題歌のためか尺のためかで氣志團を使ったとこはなんかね…。好きじゃない。

ゴーストも西銘駿君も好きなんだけどこの作品はうーんって感じ

このレビューはネタバレを含みます

クソ映画。
何回死ぬねんお前。
タケル復活の理由も?って感じ
タケルだけじゃなくてマコトの父親も死んでるんだぞ。ぞんざいに扱い過ぎてないか?
偉人のコスプレ大会なんだこれ
一般人エキストラやるなら衣装は東映が用意して
良い意味でゴーストらしい話展開だった。マコトと父との関係はこの尺だと感情移入しにくかったような。
プー

プーの感想・評価

3.0
『ゴースト、ここまでよくガンバった』

最高の滑り出しだった序盤から、どんどんと苦しくなっていくTVシリーズが残念でしょうがないゴースト。
この映画だけでもと期待していたのですが何か大きな壁は超えることができなかった印象。
クライマックスの戦いは個人的に好きですけどね。

タケル、ホントに死にすぎだよ。
イマイチ盛り上がりに欠けていて、EDに入った時は「もう終わり?」とすら感じた

深海親子のストーリーをもう少し描けたんじゃないか、ラストシーンがもっと感動できるような展開のし方ができたんじゃないか・・・など考えてしまうとキリがない

でも意外なアイテム(?)が登場したり、終盤のゴーストVSエクストリーマーが迫力あったりと見どころもある

「生き返りたい」という気持ちを持ちつつも、それよりも誰かを守ることを優先することのできるタケルの良さを改めて感じる作品だった
ご飯が食べたい。
当たり前だけど、みんながご飯食べてる中で、1人だけ食べれないのはつらいよな。

タケルは、性格が良い子だけど、何処か浮世離れした所もあると思った、それはゴーストになって、そこにいるのに生きている実感が持てない苦しさがあったんじゃないかな。

笑われても、タケルが自分の言葉で答えたのが良かった。
クアラ

クアラの感想・評価

3.5
クライマックスのCG全開決戦はカッコ良かった‼︎

ゴーストは本編こそ残念なんだけど、なぜか劇場版での戦闘シーンは魅せる展開で楽しめる。

このレビューはネタバレを含みます

物語としては本当に唐突で最後まで全然しっくりこなかった。
実体化した英雄とか別にどうでもいい感じ(笑)。
マコトと父親の話とかはいい話なんだけど、
本編に入れてほしかったね。
ちなみに同じ親族でもアデルのアルゴスへの扱いは
兄貴にしてはちょっと冷たいような(笑)。
あとタケルの扱いも結構、雑じゃない?(笑)。
u

uの感想・評価

1.3
ジェネシス同様、登場人物みんながどんちゃん騒ぎしながら戦うお祭り映画だが、映画で初登場したマコトの父親の扱いがぞんざいなのと、偉人のコスプレに笑かされた。

ラスボスの仮面ライダーエクストリーマーのデザインは、マント系のライダーで1番かっこいいと思う。

よくわからないオチもゴーストっぽかったし、なんだかんだ楽しめてよかった。
アバンが撮影もCGもアクションもビビるほど良い。
これエグゼイド周辺だけじゃなくアバンも中澤が撮ってるんじゃないのか?
他はいつもの諸田演出かついつものゴーストらしい明後日の方向に向かった脚本なんだけど、
偉人村のくだりは東映特撮のチープさの集大成のようで最高だった。
氣志團にベートーベンやバッハを当ててOP演奏させるの、狂気でしかない。
>|