劇場版 仮面ライダーゴースト 100の眼魂とゴースト運命の瞬間の作品情報・感想・評価

「劇場版 仮面ライダーゴースト 100の眼魂とゴースト運命の瞬間」に投稿された感想・評価

Reo

Reoの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

ゴースト ムゲン魂のライダーキックの演出がめちゃくちゃ格好良いのと、仮面ライダーエクストリーマーのグロ格好良さが印象に残っただけの映画。

短い尺のせいもあって、マコトと父親の和解シーンが違和感しかなかった。さっきまで争ってたのに、なんでそんな早く気持ち切り替わってるの!?
アランも本編ではアデルへの色々な葛藤があるのに、今回登場する兄へはあっさり攻撃にかかるし。

ある意味今回の元凶でもあるおっちゃんが最後までふざけてるせいで、この映画をどう言う気持ちで観てほしかっんだろうかと思ってしまう。

どうせ生き返るのがわかってるタケルくんですが、多くを語らない最後の復活シーンは好きな演出でした。

結局いつもの仮面ライダー映画。いつも素材は良いのに調理がヘタクソ。
Skipper

Skipperの感想・評価

1.7
結構面白かった。アクションの山場はどれも良かったし。ムゲンへの変身シーンが神々しくて良い。ストーリーは結構重要というか、これTV中盤に入れればあんなにグダグダしなかったんじゃね…? 父親の死という山場があったのにマコト兄ちゃんにこれといった見せ場無しって。ラストみんなでアハハハってなってるのはコワイ。仙人てめえホント。
yu51

yu51の感想・評価

3.1
ゴーストは本編少し見てつまらなくてやめちゃったけど劇場版はどうなのかなと思って鑑賞してみた。
やっぱりゴースト無理だなー
全体的に残念。
命っていうテーマはすごい良いはずなのに。
木村了の美しさ半端ない。
結構面白かったけど、TV版含めてタケルが死んだり生き返ったりで、もはや命の尊さが逆に感じられなくないですか?と思ってしまったのは俺だけかな。
(2016年8月のレビュー 劇場鑑賞)

子どもが見たいというので、見に行きました。子どもに催促されるかたちで仮面ライダーや戦隊系も結構見に行ってますが、正直もうしんどいです。

いくら子ども向けとはいえ、もうちょっとひねりの効いた作品は作れないものだろうか。

構成が毎回同じなんだもの。陳腐な脚本の上に、リップサービス的に次のライダー(or戦隊)がちょっと出てくる。そればっかり。手抜きとしか思えない。

話の流れから見れば、次のライダーの登場は不必要だ。それでも毎回登場させるのは、作品の価値にプラスして、ニュースとしての価値を付与しようとしているのだろう。次のライダーの「情報」をニュースとして付け加えることで、映画館へ足を運ぶ客を増やそうとしている。

しかし、我々は映画の中でまで、そのような情報がほしいとは思っていない。映画自体がおもしろいものであれば、何も文句はないのだ。子どもだって同じだと思う。

ニュース価値がなければ、作品に自信をもてないのか?


そしてニュースとは当然だが、時が経てば何の価値もなくなる。時が経っても色褪せない作品を作りたい、という情熱が脚本家や監督にはないのだろうか。

どうしても次のライダー(or戦隊)のちょい見せをしたいのならば、エンドロールの後にすべき。

映画は、映画自体が楽しめるものであればそれでいいのだ。
情報なら別の手段で入手できる。

しかし、それでも子どもが行きたいといえば、行かざるを得ないのが現代の甘い保護者たち。つまり、私のことだ。情けない。


仮面ライダーや戦隊シリーズの製作陣!
頼むからもう少し頑張ってくれ!
せめて少しくらい冒険してほしい。
どうせ来年も行くんだから。
頼んだぞ!
かなき

かなきの感想・評価

3.6
【さよなら、オレ!】

『嬉しくない!
ゴーストじゃ、ご飯が食べられない!!』

ゴーストになったタケルは、「食事」と「睡眠」が要らない身体。
一見便利に思えるが、タケルにとってはそんな単純な話ではない。
本編最終回に深く繋がるような、タケルの“生き返りたい理由”のひとつがそこにあるのだ。

みんなで楽しく食事をとること、それがタケルにとってはどれだけ望んだことだったのだろう。
当たり前にできそうなことを本気で願う姿は、歴代最高に切ないライダー。
個人的にはラストの“無音”の演出が効いた…聞こえたのは自分の鼻をすする音だけだった。(思わず泣いた)

マコト兄ちゃんとカノンと父親の関係と、アランと兄のアルゴスの関係。加えてタケルとアカリの関係性をもっと明確に掘り下げていれば更に良かった。
何はともあれ、ムゲン魂と白い羽は相性抜群。ゴーストらしい作品。
Rikuto

Rikutoの感想・評価

2.8
2018年127本目

最近の仮面ライダーの劇場版はなんだか印象は薄い。ドライブはよかったんだけどなあ。重いテーマのはずなのにゴチャゴチャな設定と英雄の村のアホさ加減がめちゃくちゃにしている。アランの兄貴にマコトのお父さん?どっちかにしろ。でもラストの悪のライダーはちょっとラスボス感あったからそれだけはよし。
前半のつまらなさと偉人のカリスマ感のなさがすごい


タケル殿ォォオ!
hirokis

hirokisの感想・評価

2.5
キャラクターに全く魅力を感じなかった。
自分は本編を楽しめていなかったので映画には少し可能性を感じていたのだけれど…
MASARIDER

MASARIDERの感想・評価

1.5
平成2期の仮面ライダー映画では、かなり面白くない方でした。

良キャラが1人しかいないので、それが出てない時のシーンは退屈なものでした。
>|