トリガール!のネタバレレビュー・内容・結末

トリガール!2017年製作の映画)

上映日:2017年09月01日

製作国:

上映時間:98分

3.6

あらすじ

流されて流されて、なんとなく⽣きてきた、⿃⼭ゆきな。⼀浪して⼊った理系⼤学では⼊学早々、理系のノリにカルチャーショック!そんな時、⼀⽬惚れした⾼橋圭先輩に「いいカラダしてるね♡」と殺し⽂句で誘われるまま、フラフラとサークルに⼊部。そのサークルこそ、毎年、⼆⼈乗り⼈⼒⾶⾏機で“⿃⼈間コンテスト”を⽬指す⼈⼒⾶⾏サークル〈T.B.T〉だった!憧れの圭先輩と⼆⼈っきりで⼤空にはばたくはずが… ヤンキー…

流されて流されて、なんとなく⽣きてきた、⿃⼭ゆきな。⼀浪して⼊った理系⼤学では⼊学早々、理系のノリにカルチャーショック!そんな時、⼀⽬惚れした⾼橋圭先輩に「いいカラダしてるね♡」と殺し⽂句で誘われるまま、フラフラとサークルに⼊部。そのサークルこそ、毎年、⼆⼈乗り⼈⼒⾶⾏機で“⿃⼈間コンテスト”を⽬指す⼈⼒⾶⾏サークル〈T.B.T〉だった!憧れの圭先輩と⼆⼈っきりで⼤空にはばたくはずが… ヤンキーかぶれのくせに、メンタル最弱の坂場先輩とコンビを組むことに。こうしてゆきなの、恋よりもドキドキする最⾼の夏が始まる―!

「トリガール!」に投稿されたネタバレ・内容・結末

メガネにチェックシャツの男の子たちに
囲まれる主人公のゆきな。

なんだか理系男子へのイメージが
メガネとかキョドッたりとか、
みんなイキイキしてたし面白かったけど
ちょっとやりすぎ感を否めなかった。
矢本くん好きだけどオーバーな気がした笑

原作も読んでなく鳥人間コンテストは
名前だけしか知らないんだけど、
むしろそれが良かった気もします。

とにかく太鳳ちゃんと間宮くんの
掛け合いがテンポ良すぎて最高でした^^
あんな関係ステキだなー!

初めてこんなに間宮くんが
かっこよく見えました←失礼
狂犬と呼ばれるくせに、ストイックで
メンタル弱くて2次元好き…
なにこのギャップは!
間宮くんだからこそ生かせたギャップな気がする。

高杉真宙くんも好きです、
いつも笑顔で周りをまとめる雰囲気が
うまく表現されてて良かった!

ただ坂場がゆきなを指名するシーンは、
少し唐突な気がして、いや分かるけど、
分かるんだけど、分からない、みたいな。

全体的に満足!面白かったです!

あ、忘れてた、ナダル!
良い声なんだけど聞き取り辛かった。笑
たおちゃんと間宮さんの饒舌

いいテンポのストーリー。
気になったのがパイロット最終決定の時坂場が推薦したゆきなをエンジニア陣は否定していたが、トラウマ改善できていない坂場は特につっこまれず、もう搭乗確定なのは腑に落ちなかった。直前のテスト飛行でもパニクって撃墜してキャプテン怪我させたのは坂場、 トリ大破、作製したエンジニア陣に特に言葉なし。キャプとゆきなのコンビは頭からなし?

パイロット2人の目、心はお互いにしか向いてないように映った。エンジニア陣の熱い気持ちも乗せて飛んでいた感がなかった。 トリを落とさなくちゃいけないと判断した時、エンジニア陣の顔が頭に浮かぶとか...コメディーが軸って言うことは分かるが上手く言えないけどなんか人間味というか、人のあったかい部分というのか...がなんか欠けてるトリ2人だと思った。お互いがお互いのための言動だけ。

たおちゃんの大声暴言役は思いもよらずハマっていたように思った。良かったです!
間宮くんもかっこよく、いるだけで絵になります!

気分転換に笑いたい人は是非!
ものづくり系の青春ドラマコメディにだいぶ実写化少女漫画のニュアンスを融合した映画。
ここまで混ざっている作品、今まであったかなぁ。ロボコンもウォーターボーイズもそんなじゃないし、逆に海月姫やランウェイビートとかは少女漫画がだいぶ濃いし。
土屋太鳳と間宮祥太朗だからできたのかな、あのコメディプラスちょいラブな感じは。
とりあえず、音はあれが正解なのか?とちょい文句言いたい。セリフが何言ってるかわからんところが多い。そこが良いところでもあったが、ストーリーラインを作るセリフはもう少し気を遣って欲しい。雰囲気を作るセリフはあんなでもいいけど、メリハリがなかった。それが残念。
工業大学のめがね、チェック柄とても共感(笑)
コンテスト中告白したが全然タイプでないとフラれて、ショックで降下したのが面白かった。
土屋太鳳×間宮祥太朗の我得コンビ最強です

夢中になれるものって最高だなって
何かに熱中できるって才能
目標のためにがむしゃらに生きたい

坂場先輩が飛びながら劇かっこいい告白するのにきっぱり断るゆきなツボすぎ大好き
キャスト、宣伝みたときから超興味ありました!やっとみられた!!!
想像通りというか、裏切らないというか。土屋太鳳の運動神経半端ない!ナチュラルすぎる演技!ちょーはまり役で脱帽!
んでもって間宮祥太朗もサイコー!2人の掛け合いやダンスは息ぴったりで、みていてとても心地よかった!

コメディ要素や練習シーンが多くていまいち鳥人間コンテストの内容への理解は深まらなかったけど、それでもかなりの感動を覚えた…!素晴らしい!片時も目を離せない作品でしたな!
自転車で走り回りたい気分になる。ハッピーすぎる作品!

鳥人間コンテストの映画なんて今まで見たことがなく、テンポが良くて面白かった。
まひろくんが、たおちゃんを誘うシーンや、電動自転車を間宮くんと一緒にずっと漕いでるシーンはとてもかっこよかった。
なにより、たおちゃんの走る姿がとてもかっこよかった。
コンテストで間宮くんがたおちゃんに告白するシーンは少しきゅんとしたけれど、たおちゃんの返事がとてもおもしろくて笑いそうになった。
ナダルが出てくるのが少し意味不明だった。個人的にはナダルが出てなくても充分面白い映画だと思った。
鳥人間コンテストをモチーフにした小説を映画化
友達となんとなく観に行ったけど、まあ暇つぶしには最高やった(笑)
友達は微妙やったみたいやけど

内容はなんてないけど、とにかくアップテンポで見やすい
個人的にああいう毒づきカップル系好きなんで見てて楽しくなった

こういう何も考えずに見れるコメディ大好きです

総評して、映画館に観に行くほどではないし、DVDを借りるほどでもないけど、地上波でやってたら観るかなって感じ
2018年49本目

YouTubeで鑑賞。
朝から中華料理を食べさせられてる感覚です。何が言いたいかと言うとしつこい。
しつこすぎる。
ラストは笑えましたが、ラスト以外はしつこい。本当にしつこい。
観てて疲れる。



ものすごい悪口になってしまいました。
この映画が好きな方または、このレビューを観て気分が不愉快になった方すみませんでした。
楽しかった!笑えるし良かった!

君と夏の終わり〜♪を心の中で口ずさんでしまう系
あのバスへたしたらへたするで

ナダルが何を言ってるかわからず音量あげようとした時にはいつも去って行く

字幕つければ良かった

あたしゃーメガネの子は、なんかあるな思たらそういうことかてなるしバレて嬉しそうで良かったよ
ビール飲んでも若いから消化される

人たらしスキル高すぎ高杉くん

ロードバイク欲しくなる

プールに飛び込む前にカメラはちゃんと置く!
エライザ!

琵琶湖も
ことのほか広し!