機動戦士ガンダムUC/episode1 ユニコーンの日の作品情報・感想・評価・動画配信

「機動戦士ガンダムUC/episode1 ユニコーンの日」に投稿された感想・評価

Aircon

Airconの感想・評価

3.8
これはガンダムシリーズの最初にはちょうど良いんじゃないかな。
かなり観やすい。
コロニーで争いに巻き込まれ、少年が偶然にガンダムに乗ることになる、というガンダムマナーには則りつつ、ボーイミーツガールを入れてきた。
父と子もやり。
連邦には渡したくないっていうのも良い。
ロンドベルが怖いのも良い。

クシャトリアとマリーダも好き。
女がデカイのに乗るガンダムマナーも良い。
リゼルのあの人も今後話に絡んできそう。

アナハイムの高専の教室、何故90°?

ラプラスの箱には力がある、が、ジオンの再興にこだわるだけの主義者なら箱が中身を明かすことはない。
ミステリー。
富野由悠季監督では無いガンダムなのに、富野由悠季監督を感じつつ次の瞬間には、「脱·富野」を感じさせます。作画のクオリティが高くて、何よりユニコーン·ガンダムのデザインが格好良い。ストーリーの軸となる「ラプラスの箱」とは何か?大きな謎を残したまま次作へ続く。ナレーションが池田秀一さんというのはオールドファンへのサービス?いやいや、後にシャアに似たキャラクターが登場する前触れでした。しかし「ガンダム·シリーズ」はハードルが高いね。本作も「ファースト」、「Z」、「逆修のシャア」は観ておかないと存分には楽しめない。
人生初ガンダム。過去作も何も知らないがユニコーンの主題歌がどれも好きなので十年以上挟んでようやく視聴。
ジオン、モビルスーツ、ザク、ハロ…聞いたことはあるがよく知らない単語が並べられ、歴史年表もよくわからないが、面白く楽しめた!

スペースコロニーを中心とした生活や戦争の、無重力と重力や有酸素と真空が自然に混ざっている動きが非常に楽しい。あ、今Gがかかったんだな〜とかなる。SF!

ローマの休日の看板を見た姫様がオードリーの名前をとっさに名乗るの素敵すぎる。
機動戦士ガンダムが好きな旦那の為に録画した。

映像、綺麗ねぇ~!
ファーストガンダムも、映像を新しくしたのを観てみたいな。
子供の頃に本当の初代をテレビ放送で見て以来、なんとなく見てみたが、昔と比べて映像も綺麗で話も面白そう。

このレビューはネタバレを含みます

宇宙世紀、いくつもの父と子の物語。
公開当時ep1だけ観るも、富野節を意識的にマネてるのか、セリフ回しが好きになれなくて、プラモ作ったりお台場行って実寸のユニコーン見たりしたけれど、続きを観ることなく終わっていた本作を12年ぶりで再鑑賞。直前にF91を観てげんなりしてたからというのもあるが、面白いじゃないの!主人公の工専生バナージ出生の秘密、託される新型ガンダム、ラプラスの箱とは?続きが気になり最終ep7まで連続鑑賞。話を重ねる毎にどんどん強まる富野風セリフ回しもなんかだんだん楽しめるように。ストーリーも脚本もまずまず。1stの劇場版3部作と逆シャアくらい観ておけばついて行けるはず。古橋監督の演出は芝居付けが自然で大変観やすい。バナージ役内山昂輝にその友人が下野紘となかなかナイスキャスティング。宇宙世紀の初年にテロを起こした一味の生き残りで、物語の鍵を握る老人役を1stでナレーションを担当した永井一郎かぁ。いい!貫禄が違う。キャラデザ原案の安彦良和もメカデザインのカトキハジメも良い仕事してる。劇伴も盛り上がる。優等生過ぎるという向きもあろうが、バナージの成長が好ましかった。戦争で喪われるいくつもの死を乗り越え、あっちに囚われこっちに囚われそれでも心折れずにいつも他人を思いやる。何より出来るだけ人を殺すまいとする姿勢が良い。バナージの苦悩に賛同。戦場だからといって人を殺めたことが正当化される訳ではない。正しい戦争なんてない。今作でもやっぱり出てくる仮面のボスキャラ、フル・フロンタル。そうね。赤いMS、近接格闘、シャアなら蹴るよね。ファッションでそんな仮面をつけるのは変態だな。そしてヒロイン オードリー、貴女はドズル・ザビの姫君ミネバ様でしたか。毅然とした態度がいいね。ビスト財団、アナハイム社の重役陣がいろいろかき乱す。おばっちゃまリディ少尉さわやかでかっこいい。フル・フロンタルファンの若いジオン将校が鬱陶しい。キャラアニメは作画が安定していてレイアウトもアクションもかなりいい出来。MSのアニメーションはユニコーンの変形や、カメラが回り込んだりするときだけCG作画なのかな?作画とCGのハイブリットでよくできている。登場MSは種類が豊富。ザクっぽいのやドムっぽいのや百式っぽいのも出てきた。ゲルググっぽい4枚羽を操るマリーダさんの悲惨な過去に涙。捕虜のバナージをそんな一般家庭に連れ帰っていいの?うわー、博物館級の旧型MSジュアッグ?わー、なんだっけこのバリカンみたいなの?ゾゴックだ。熱くて厚いMS戦が各話で展開、ジムはつくづく弱いなぁ。後継機ジェガンも弱い。黒いユニコーン登場!リディ闇落ち、男衆はみんな惚れっぽくていかんな。おっブライトだ!なんかすげえ頼れる大人になってる。そしてカイだ!あれ?結局元の場所に戻るの?座標なんだったの?明かされた秘密。託された未来。まぁ割と納得の行くオチなのも好印象。
スペシャルユニコーン、フィフィフィフィーバー!wwで作品を知って鑑賞しました。
ガンダムシリーズは初めてで予備知識が全くなかったので、序盤は流れを理解するのに大変でしたが、次第に対立構造が何となく理解できたので大丈夫です。
楽曲の盛り上げる力が素晴らしくて、出撃シーンでは思わずガッツポーズしていました。
俺の20万円は消えてなくなったけど、
お前に投資できてよかったよ。
ありがとうSANKYO。
ありがとうメ〜テレ。
ありがとうユニコーン。
そして、大好きですダグザさん。
ケイ

ケイの感想・評価

4.8
バナージガンダム主人公の中で1番好きぇー
ユニコーンかっこよい
冒頭10分くらい?の画質の衝撃。そしてユニコーン登場の興奮。
>|

あなたにおすすめの記事

似ている作品