RAW〜少女のめざめ〜のネタバレレビュー・内容・結末

RAW〜少女のめざめ〜2016年製作の映画)

Grave/RAW

上映日:2018年02月02日

製作国:

上映時間:98分

ジャンル:

あらすじ

16歳のジュスティーヌは厳格なベジタリアンの獣医一家に育ち、両親、姉と同じ獣医学校に入学。初めて親元を離れ、見知らぬ土地の大学寮で学生生活を送ることになった彼女は、新しい環境で不安に駆られる日々を過ごす。新入生通過儀礼として 生肉を食べることを強要されると、どうしても学校に馴染みたいという思いから家族のルールを破り、人生で初めて肉を口に する。その行為によってジュスティーヌの本性が露わになり、次…

16歳のジュスティーヌは厳格なベジタリアンの獣医一家に育ち、両親、姉と同じ獣医学校に入学。初めて親元を離れ、見知らぬ土地の大学寮で学生生活を送ることになった彼女は、新しい環境で不安に駆られる日々を過ごす。新入生通過儀礼として 生肉を食べることを強要されると、どうしても学校に馴染みたいという思いから家族のルールを破り、人生で初めて肉を口に する。その行為によってジュスティーヌの本性が露わになり、次第に変貌をとげていく。彼女が本当に求めるものとは..。

「RAW〜少女のめざめ〜」に投稿されたネタバレ・内容・結末

滅茶苦茶美味しそうにお姉ちゃんの指食べるやん!!!!!!!っていうのが言いたかった!!!!
初の食人映画だったけど軽めだったし綺麗な映像だったから全く抵抗なく楽しめて歓喜!!!案外いける!祝!!
これ見ながらポップコーンボリボリ食べてたらドン引きされた

にしても海外の学校のパーティーは本当にあんなんなの?そこが1番怖かった
生肉、指、唇…からSEXシーン
彼女は葛藤するけど、この時腕を選んだことに、感動した。見ていて本当に痛いくらいに。

人生の先輩達は正体を知っているので、
母は、過保護に隠そうとするけど、
姉は、自制せずに生きる方法を教える。
妹の正体、向き合うには辛すぎますよね。
最後に相手を大事にできたのは、姉や母を含めて、周囲の行動から思いやりを学んだからこそではないかな…

衝撃的ですが、
家族との関わり方を振り返る、良いきっかけになる話でした。
感情的な場面だけ注視して、もう一回観たいです。
副題のとおり、少女の目覚めの話だった。

まず喰いっぷりのいい、主人公の子に拍手👏!獣のように餌を狙う目、表情も良かった!お疲れ様でした😣

カニバリズムということでまぁまぁグロいシーンはあったけど、この映画で見せたかったのは目覚めの瞬間、だったのかなと思います。私も目覚めと言うにはありきたりだけど、初めて性欲というものを自覚したとき、そして行動してしまったときは胸がはち切れる思いだった。私って頭おかしい。世界中でひとりぼっちの気分。当時はネットもなかったし尚更。今まで知らなかった抑えきれない感情を知ってしまったときのショック、自分さえも気づかなかった心の奥底の欲望を知ってしまったときって強烈だよね…と思ったり。そういう点で、この映画は共感性高そうだなと思ったり(そんなこと無いかw)


お父さんが、自分で対処法を見つけていけ、とラストで言うところ。振り返ると、ベジタリアンに育てたり、犬を飼って動物に対する愛情、命の尊さを分かってもらえるようコントロールさせたつもりだったのかな〜…でも、血は強しですな…突然無自覚に眠っていた欲求がモソモソと動きだす…コントロール効かなくなった人間って怖いね。ていうか大学の洗礼儀式、アレ訳分からんw


んー、でもどこか物足りなさも有り。ホラーなのにスタイリッシュに描かれていてた部分かも。グロいものを欲していた身としては少し拍子抜け。個人的にビジュアル面で印象的だったのは髪を吐くとこと、指食べるとこ、興奮して鼻血だすとこくらいで。ただ、その分、グロ耐性のない方でも頑張れば見れるし、実際そ~ゆうとこを見せたいだけの映画ではないので監督の狙い通りの作風だろうなぁと思います!
『RAW 少女のめざめ』
考察!
完全ネタバレ!

一見での考察なので、検討外れな部分は、自由な解釈としてご了承ください。

冒頭、樹々が並ぶ広々とした道路が静止画のように数十秒映される。そこに人が現れ、カメラはそれを遠くから捉えている。この密度の低い構図はこの人物に不道徳的で野蛮な印象を与える。そして長い静寂を断ち切るように一台の車が交通事故を起こす。これは、文明が野蛮に侵される可能性を示唆しているように見える。

獣医学校に進学したジュスティーヌはベジタリアンであったが、学校の先輩からの新入生への洗礼で初めて動物の肉を食べる。この通過儀礼というべきシークエンスからこの映画がジュスティーヌの少女から大人への成長を描く物語である事がわかる。肉に対する衝動、それに伴う身体的精神的影響を、思春期における身体的変化、精神的葛藤のメタファーとして機能させている。肉を食べたことによるアレルギー反応での蕁麻疹で皮が剥けるショットは、脱皮を想起させる。サッカーをしているルームメイトの身体を睨みつけ人肉への欲求を示すショットが、思春期における異性への興味を表しているとしたら少し笑ってしまうシーンだ。

この映画は赤色が多く使われている。この映画で、赤は人間の統制の効かない危険な野生の側面。文明を脅かす野蛮性を表している。冒頭でジュスティーヌのキャリーケースが赤色であったことから、ジュスティーヌが秘めた獣性を持っていることを示している。学校にはジュスティーヌの姉がおり、ジュスティーヌは姉が持つ青い服を貰う。この青い服は、理性的な文明人のような印象を与える。これは、ジュスティーヌが最終的には文明的に立ち直ることを予告している。一方で、この青い服を手放した姉は最終的に取り返しのつかない状態に陥いるのである。

ラストの父の告白で、ジュスティーヌの人肉への目覚めは母親からの遺伝であることがわかるが、中盤あたりの布団に包まって泣き叫ぶショットは母親の子宮にいる胎児のイメージを受ける。これは遺伝的な要因であるというこの結末を予告していたように思う。そして父は、ジュスティーヌにこの宿命を乗り越えることを願う。

この映画は、少女が大人へと成長するときの葛藤を描き、人間誰しもが持つ野蛮な獣性、様々な環境によって湧き上がってくる不道徳な感情とどう折り合いをつけて人間らしく生きていくかが大人になるということだと伝えている。
私にはよくわからないことだらけで終わった
グロいのが苦手な私はびびってこの後くるくるって耳塞いだりしてたけど全然大丈夫だった音の大きさが1番怖かった



鑑賞後ノリノリで焼肉食べました
遺伝するかよとか自分と同じ道歩ませるかよとかツッコミどころもあるけど
妹が人肉の美味しさに気付いてしまう
シーンが美しくておぞましい
あのシーンだけもう一回みたいわ
映画館の大画面で観ると余計にうわ〜てなっちゃうシーンあって鳥肌たったけど、嫌いじゃない。
ポスターも、少女のめざめ てゆう題も、主人公の子の演技も、音楽もいい。かっこいい。

覚醒した瞬間がこわすぎたし、青春も愛も全てが捻れまくりなんだけどなんかすごい観入っておもしろかった。
青と黄色のペンキのとことかセンス!◎

ゲイのルームメイトも優しいけど、
なによりすごいのはお父さん。
この映画の中での究極の愛の持ち主。
人肉食や異様にフィジカル距離の近い姉妹の関係性を全て“血縁だから”で片付けられてゲーッとなってしまった
the フランス映画という感じだった。
新感覚ホラーで面白かったけど生々しくてえぐかった。
遺伝には逆らえない。
少女が目覚め、大人になるには血を伴うもので、血を浴びた洗礼の儀からどんどん変わっていくジュスティーヌにとても惹きつけられた。
でもこの映画で彼女は少女と大人の間を行ったり来たりで成長しきることはない。
大人になれるのか?本能とどう向き合うのか?という問いを残していく終わり方なので見終わったあとの余韻が半端なかった。
>|