RAW〜少女のめざめ〜のネタバレレビュー・内容・結末

RAW〜少女のめざめ〜2016年製作の映画)

Grave/RAW

上映日:2018年02月02日

製作国:

上映時間:98分

ジャンル:

3.8

あらすじ

16歳のジュスティーヌは厳格なベジタリアンの獣医一家に育ち、両親、姉と同じ獣医学校に入学。初めて親元を離れ、見知らぬ土地の大学寮で学生生活を送ることになった彼女は、新しい環境で不安に駆られる日々を過ごす。新入生通過儀礼として 生肉を食べることを強要されると、どうしても学校に馴染みたいという思いから家族のルールを破り、人生で初めて肉を口に する。その行為によってジュスティーヌの本性が露わになり、次…

16歳のジュスティーヌは厳格なベジタリアンの獣医一家に育ち、両親、姉と同じ獣医学校に入学。初めて親元を離れ、見知らぬ土地の大学寮で学生生活を送ることになった彼女は、新しい環境で不安に駆られる日々を過ごす。新入生通過儀礼として 生肉を食べることを強要されると、どうしても学校に馴染みたいという思いから家族のルールを破り、人生で初めて肉を口に する。その行為によってジュスティーヌの本性が露わになり、次第に変貌をとげていく。彼女が本当に求めるものとは..。

「RAW〜少女のめざめ〜」に投稿されたネタバレ・内容・結末

ラストの衝撃は半端ない!
映画マニア必見の作品ですね。
https://xn--u9j1gsa8mmgt69o30ec97apm6bpb9b.com/2018/06/18/raw/
2018年で、今のところ1番大好きで観ていて苦しくなる映画。ホラー映画の形をした青春成長物語。
16歳にして獣医学部に入学できるほどの賢さを備え、過剰なほどの両親の愛情の中で清く正しく美しく生きてきたジュスティーヌ。彼女は悪徳に触れその魅力に徐々に身を浸していきながらも、それを拒絶する。その過程があまりにも鮮やかで生々しく、痛々しい。
これ目覚めの根本的理由が惜しすぎるな。根源が家系だとそれで完結しちゃう。
日本公開前からずっっっっと気になってたやつ

・覚醒という言葉がぴったりの映画だった
・冒頭のシーンがちゃんと伏線になっててフィクションだけどどこかリアルな設定だなと思った
・恍惚とした表情で肉を貪るシーンなど食欲と性欲の狭間にいる主人公が扇情的で大変良い
・作中のORTIESの曲が中毒性あって好き(CD欲しいのにどこにも売ってなくて仕方なくiTunes Storeで買った↓)
https://itunes.apple.com/jp/album/plus-putes-que-toutes-les-putes/1092297081?i=1092297703
3か月前に観た。ベジタリアンが生肉を食べて、「目覚めて」てしまう話。最初は身体が受けつけなくて発作がでていたのにどんどんやめられなくなっていしまい、最後には隣で寝ていた好きな男の子を無自覚に食べてしまった。普通に怖かった。何度も映画館でスクリーンから目を背けていた。気持ち悪かったけど、映画後に呑気に生肉食べてた私が一番気持ち悪い。
 知らないものを知ったときって最初にアレルギーが出るときほどはまってしまうのかもしれない。
 「青春映画」って紹介していたサイトもあったけど、いやいや…。
指食べちゃうシーンでゴシックな音楽が劇的にかかるのがめっちゃ好みでした。
彼女のこの戸惑いや不気味さは若さゆえなので不快だけど見てる側としては美しい。
映像も綺麗だし、ラストのオトンの激白の淡々具合も良い。彼女にとっては何事かと思うことも、歳を重ねればあんなに受け止めれるもんなんだと。
大学時代に熱心に聞いていたblood red shoesの曲がかかって懐かしかった〜
思春期の女性の変化をカニバリズムを通して描く問題作。ゾンビやバンパイアとは異なる肉に対する執着心は新しい。遺伝って怖いなぁとただ一言
カニバリズム映画だと聞いて見に行ったんですけど、やはりカニバリズム映画でした。
それと同時に少女が親の元を離れ、徐々に性や欲に対して目覚めていくっていう青春的な要素も有り。
そこをカニバリズムを通して見ていく映画なのかな?こういうのを青春ホラーというらしい。
海外では上映中に失神者が出たらしいんだけど、確かに千切れた指を頬張るシーンはちょっと見てて痛かったなぁ。
この映画、ジュスティーヌだけにスポットが当たらず、ジュスティーヌの家族にも話が及んでくるんだけど最後のオチはマジかよ…ってなった。
人によっちゃギャグに見えるらしいんだけど、私的には後を引く恐怖、って意味でよかった気がする。
私個人、フランス映画がめちゃくちゃ苦手でこれは勝手なイメージなんだけど、フランス映画って雰囲気が良かったら問題を片付けず終わったりするところないかな?あと全体通してのトーンが全部同じだとか。
今回のRAWもまさにそんな感じの終わり方やったんやけど、ホラーなだけあってぬるーく終わるんじゃなくて「えぇ?!」って感情を引きずったまま終われたのが救い。
しかし猟奇的なシーンで往年のホラー映画っぽいBGMが何度か挟まれたのは笑った。

この映画の個人的にすごく好きなところはオープンなところ。
美少女の脇毛や陰毛や放尿シーンが拝める。
ベッドにくるまって苦しむシーンは卵から雛が孵るようなメタファーなんだけど、このシーンはベッドの足側から女の子の綺麗で長い足とパンツに包まれたお尻が拝める!
主役の子が高橋一生に似てて、どこか無気力なのに芯がしっかりした眼差しが魅力的だった…!!
1時間半とそんなに長くない上映時間だけど目が離せない内容であっという間でした。RAW、面白かったです!
青春コメディとして観た。

もちろん少女から大人への通過儀礼、という意味合いもあるのだろうけど、そういうありきたりなメタファーを崩すためにホラー風味を出してるのかなあ。

ラストカットはほとんど笑いを取りに来てるような気がする。でもあんなもんだよね、実際、お父さんの存在なんて…。悲しいけど、これ家族なのよね。
美意識!
連れ立ちション、噛みつきファイト、シャワールーム、そして硝子越しの姉妹。少女から大人への変遷が美しい。
ラストにお父さんの顔を見て、あれ?と思ったらやはりだった。
>|