RAW〜少女のめざめ〜のネタバレレビュー・内容・結末

RAW〜少女のめざめ〜2016年製作の映画)

Grave/RAW

上映日:2018年02月02日

製作国:

上映時間:98分

ジャンル:

3.7

あらすじ

16歳のジュスティーヌは厳格なベジタリアンの獣医一家に育ち、両親、姉と同じ獣医学校に入学。初めて親元を離れ、見知らぬ土地の大学寮で学生生活を送ることになった彼女は、新しい環境で不安に駆られる日々を過ごす。新入生通過儀礼として 生肉を食べることを強要されると、どうしても学校に馴染みたいという思いから家族のルールを破り、人生で初めて肉を口に する。その行為によってジュスティーヌの本性が露わになり、次…

16歳のジュスティーヌは厳格なベジタリアンの獣医一家に育ち、両親、姉と同じ獣医学校に入学。初めて親元を離れ、見知らぬ土地の大学寮で学生生活を送ることになった彼女は、新しい環境で不安に駆られる日々を過ごす。新入生通過儀礼として 生肉を食べることを強要されると、どうしても学校に馴染みたいという思いから家族のルールを破り、人生で初めて肉を口に する。その行為によってジュスティーヌの本性が露わになり、次第に変貌をとげていく。彼女が本当に求めるものとは..。

「RAW〜少女のめざめ〜」に投稿されたネタバレ・内容・結末

今作で感じたのは"歪んだ愛情"
常人の許容量を超越する出来事が起きたとき、本当に理解してくれるのは結局家族だけで、そんな時に家族以外で対応してくれた人が本当の親友か運命の人になり得るのかな〜なんて👀

もっとグログロしてると思ってたけどそれほどでもなかった
「ホステル」とか「セルビアン〜」とかカニバリズム映画みたいな大胆なグロさ(誇張したグロ)だと嘘臭くてギャグっぽさが出て、痛々しく感じないときがあるけど
大胆にしすぎず、言うならば"一口サイズのバイオレンス"を繰り返すことで痛々しさが増していい意味で「気分を害した」🤢
まあそれでも自分はそれほど抵抗は無かった

姉貴の指を食べ食べするシーンはキツかったけど、たまに夕飯に出てくる"手羽中の揚げ物"を重ねることで映画の世界から離れずにちゃんと鑑賞出来た...
これで良いのか?笑

ただ自分、他人が頭掻きむしったり蚊に噛まれたとか掻きむしったりしてるの見るのもその音が聞こえるのも嫌で虫唾が走ります
本編で "搔きむしりの上位互換" みたいなんが出て来たとき一瞬頭ブラックアウトしかけたなー笑😇

以上!🥩
PS:もっと主人公の本能との葛藤が見たかった
ストーリーとかカニバリズムとかあんまり得意じゃないし、後味も良い映画ではないのに何でこんなに引き込まれてしまうんだろう

新入生が血塗れになるシーン
アドリアンを見て鼻血を出すシーン
青と黄色の絵の具のシーン
印象に残る画と音楽にやられたなあ

父からの告白を受けてからの少女の表情!の後すぐ入るエンドロール+音楽!
白黒のエンドロールを眺めながらこの映画をただただ反芻してしまった
この作品、公開する前からトレーラー観たりしてかなり期待持ってたんです。劇場までは行かなかったけど、Amazonプライム・ビデオにあったのを見つけて観賞。
ん〜。なんというか、解決策は分からんけども、とりあえず遺伝だったってことよね。お母さんもお姉ちゃんも同じカニバリズムで。
お母さんは分かってたからベジタリアンにさせてたってことか〜。いやまあそれにしても、入学後の儀式で内臓食うって分かってんならそもそもあの大学に入れんなよって話で。
映画には何かしらのメッセージがあって、それを読むのが好きなんだけど、これは監督のマスターベーション作品ってことでいいんでしょうか?カニバリズムを描きたかった!!!ってことしか伝わりませんでしたな。
------------------------------
翌日になってからの感想
未知なるものへの遭遇だったんでしょうね。ジュスティーヌにとって生肉は。未知への遭遇が、その人の性質すら変えることもあるよっていうことだったんでしょうね。もうなんか、アドリアン見てる時、獲物を狙うトラみたいな顔してたしな。
自分の中で反芻していくと、また違ったことを思うから映画観るのやめられないんですよね。
想像以上に色々なシーンがエグくてびっくり。
常軌を逸してるなぁ…

エグいのに美しいからついついやめられず観てしまう。

自分の切断された指を食べている妹を見てしまった時の姉の表情が印象的。

共感できる登場人物が一人もいなかった。
まさか泣くとは思わなかった
「目を覆えばそこから逃れることのできるような残酷さなどに真の残酷さはないのだ」という話 二重の意味で
グロ耐性強いつもりだけど精神的にエグい要素が強くて、姉の指ムシャムシャするシーンなんかはもう頭の中がEwの嵐だった

寮とかゲイのルームメイトとか教授とか姉とかオチとかいろいろ大クセすぎて終始心がざわついてたけど楽しかった
ラストの父ちゃんが胸元ガッ!って開くところ最強におもろい顔してる
男の子に興味ない主人公が目覚めたシーンは見てるこっちが恥ずかしかった
すさまじい映画だった…。
カニバリズム以外にもおえっとなる表現がたくさんあって気分がげんなりしてくる。
問題の人肉食のシーンは思ったよりもグロテスクに感じなかった。
主演の子の演技がすさまじく、まさに獣のようで、ある意味神聖さを感じられる。

ただ、主人公たちの大学が色々異常すぎて驚く。
新入生の儀式もそうだし、毎夜の乱痴気騒ぎもそうだし。
目玉を舐めたり獣のように騒ぎたてるのはいいのに、死体に今にも齧り付きそうになってるジュスティーヌは動画に撮られて日常生活で避けるほど異常扱い…。
どこまでが正常でどこからが異常なのかと自問してしまう。

結構覚悟して見たつもりだったんだけどきつかった。

ベジタリアンの女の子が肉を食べる=大人への成長っていう斬新さ。

保険室の先生の話や、ラストのお父さんとの会話からして、理性を持って弱く生きるか、本能のまま強く生きるかみたいなテーマなのかなと思ったけどどうなんだろう。

ここぞという場面で入る背徳的な音楽よかった。

(ブラジリアンワックスはちゃんと取れたんだろうか…気になる…)
>|