RAW〜少女のめざめ〜の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

RAW〜少女のめざめ〜2016年製作の映画)

Grave/RAW

上映日:2018年02月02日

製作国:

上映時間:98分

ジャンル:

3.8

あらすじ

16歳のジュスティーヌは厳格なベジタリアンの獣医一家に育ち、両親、姉と同じ獣医学校に入学。初めて親元を離れ、見知らぬ土地の大学寮で学生生活を送ることになった彼女は、新しい環境で不安に駆られる日々を過ごす。新入生通過儀礼として 生肉を食べることを強要されると、どうしても学校に馴染みたいという思いから家族のルールを破り、人生で初めて肉を口に する。その行為によってジュスティーヌの本性が露わになり、次…

16歳のジュスティーヌは厳格なベジタリアンの獣医一家に育ち、両親、姉と同じ獣医学校に入学。初めて親元を離れ、見知らぬ土地の大学寮で学生生活を送ることになった彼女は、新しい環境で不安に駆られる日々を過ごす。新入生通過儀礼として 生肉を食べることを強要されると、どうしても学校に馴染みたいという思いから家族のルールを破り、人生で初めて肉を口に する。その行為によってジュスティーヌの本性が露わになり、次第に変貌をとげていく。彼女が本当に求めるものとは..。

「RAW〜少女のめざめ〜」に投稿された感想・評価

りたお

りたおの感想・評価

3.9
ラスト1カットで泣きそうになった・・・
なんちゅう話なんだって思うけど、もっとヒットして欲しかった。
美人姉妹ふたりのあんな姿やこんな姿が見れるだけで料金分元取れる。私はお姉さんが好み。
男の子を食べたいのを我慢しながら鼻血出したり自分の腕を噛むのよかったです。指をむしゃぶる姿はこっちまで食べたくなるような勢い!
お姉ちゃんと立ちションしてるシーンがすごく心に残った。女の子でも立ちションはできる。
ラストのワンシーンにビックリ!
matsukawa

matsukawaの感想・評価

3.5
想定してたのと全然違うB級映画で面食らったけど、そうと分かればなかなかの面白さ。
「ダメ!それ食べちゃダメっ!」のあのシーンのようなスリリングさと面白さは他ではあまり味わえない、
ベタすぎるメタファーもショボいオチもご愛嬌。
場末の名画座で観たい一本。
B級サイコホラーをきれいめに作った感じ
まあ一言で言うと、

目覚めるってそっちかーい!

に尽きる
見終わったあとなんやこのB級映画は!このオチは!?と若干キレかけたんですが、今思うととても良かったような気がしている。じわじわもう一度見たくなってきてなんでパンフレット買わなかったんだ!ってキレ始めている。意外とすごい映画だったんじゃないか?
…………なにがよかったのか?(もしくはわるかったのか?)
とにかくこの映画グロシーンがグロを過ぎて珍しくエビアンだけ持ち込んでいた私を褒めたいくらい。グロといっても楳図かずお的な面白さを実写化したような。お前それ食うんかーい!うおおおお、、、ってシーン以降、みんな狂ってくるのが普通なんですよね。姉貴と主人公の不和や殴り合いの喧嘩の意味がわからなくて何この人達こんなに必死なの?ってポカーンとしてしまった。。。
でも振り返ると、あの姉貴と妹のわかりあえそうでわかりあえない絆みたいなものを描くのは結構すごいんじゃない?とじわじわきはじめた。最後の方に謎が解けることもあってもう一度顛末を知った上で見たら意外とキチガイ映画じゃなくてなける映画になるんじゃないかって。。
MAeKeN

MAeKeNの感想・評価

3.7
ここまでブッ飛んでると爽快。落ちが微妙だったケド...

グロいの求めてる人は是非に!俺の隣のカップルが途中退席した。
納得行かない所はたまにあるし、オチも分かりやすいけど面白い。設定が奇抜なだけの出落ち映画かと思いきや、常にセンセーショナル。娯楽要素強い。
てふ

てふの感想・評価

4.5
緊急避難としての人肉食に追い詰められた者の葛藤は好きだけれども、食趣向としての人肉食には心の底から嫌悪感を抱いた。人間が本能的に持っている忌避の心かな。映像もスタイリッシュでいい感じ。

イメージフォーラムにて
たく

たくの感想・評価

2.8
特に酷くグロいわけでもない。
演出をわざわざショッキングなものにしようとしてるのが目に見えて鬱陶しい。

食欲と性欲が同値である考え方は藤子・F・不二雄にも繋がるかな?旦那の爪とか食べてる女性、前にバラエティに出てましたが、そんな感じ。
ヤン・シュヴァンクマイエルもインタビューで「性欲が満たされている時は制作意欲が湧かないのだ。」と言っていたのを思い出しました。欲求はそれぞれに交差しているのでしょうか。

テーマとしてはアナ雪とほぼ同じ。雪だるま作ろう、じゃなくて、人の肉食べよう、に替え歌する感じです。

ドニ・ラヴァンみたいな男の子がひたすらに災難。

町山さんの「この映画の元となった「ジュニア」では『お前の姉ちゃんなんであんなに美人なんだよ。お前のお姉ちゃん見てると、俺なんだかちんちん立っちゃうなー。』って周りの男子が言うんですよ。」という解説には、相変わらず名解説だなあ。と思いました。

全体的に
ちょいちょーい!事件ならんのかーい!とか、いや、パパの○○、見てないんかーい!とか突っ込みたいとこたくさんあったけど、全部目を瞑っても別に面白い映画ではなかったです。

思春期に好きな人をかじりたくなった人は共感できるかも!その他の人は見なくてよろし!
Nancy

Nancyの感想・評価

3.6
雰囲気のある画面と話が淡々と進んでいくのがフランス映画らしかった。

言葉での説明は多くないけど、登場人物の表情がとても丁寧に撮られていたので雰囲気だけでよく分からない映画にはなってなかった。
主人公がカニバリズムや性に目覚めていく過程の表情や演技がすごく良かった。

最後は予想よりもちゃんと人食についての答えを出してくれていて、個人的には良かった。
でも最後の一歩手前で止めてほしかった気持ちはある。急に説明的過ぎて。
>|