RAW〜少女のめざめ〜の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

RAW〜少女のめざめ〜2016年製作の映画)

Grave/RAW

上映日:2018年02月02日

製作国:

上映時間:98分

ジャンル:

あらすじ

16歳のジュスティーヌは厳格なベジタリアンの獣医一家に育ち、両親、姉と同じ獣医学校に入学。初めて親元を離れ、見知らぬ土地の大学寮で学生生活を送ることになった彼女は、新しい環境で不安に駆られる日々を過ごす。新入生通過儀礼として 生肉を食べることを強要されると、どうしても学校に馴染みたいという思いから家族のルールを破り、人生で初めて肉を口に する。その行為によってジュスティーヌの本性が露わになり、次…

16歳のジュスティーヌは厳格なベジタリアンの獣医一家に育ち、両親、姉と同じ獣医学校に入学。初めて親元を離れ、見知らぬ土地の大学寮で学生生活を送ることになった彼女は、新しい環境で不安に駆られる日々を過ごす。新入生通過儀礼として 生肉を食べることを強要されると、どうしても学校に馴染みたいという思いから家族のルールを破り、人生で初めて肉を口に する。その行為によってジュスティーヌの本性が露わになり、次第に変貌をとげていく。彼女が本当に求めるものとは..。

「RAW〜少女のめざめ〜」に投稿された感想・評価

不思議すぎる、胸を捕まれた感じ。

少女が大学の寮に入って成長する姿。
ノーマルに見て親が心配するようなよくある話。
成長する過程があれでは・・・
セクシーで気持ちが悪くて、ホラーで最後にそうですか・・・
未来があるのか無いのか、少女が美しすぎて見終わった後も余韻が残る。
久しぶりに胸のざわつきと胃もたれを起こした。
よくある大人の階段登る系かと思いきやrawでした、今日は夜ご飯いらないなと思ったら帰りに思わずチキンを買ってしまった
まゆ

まゆの感想・評価

4.1
お姉さん美人すぎる。

映画をみて吐き気を感じたのは生まれて初めてだった。
でも観終わって不快感が残る感じはなかったし、むしろ満足だった。
色合いや音楽の雰囲気、タイミングすべてが好みでよかった。
始まりと終わりの RAW と画面いっぱいに映し出される瞬間と大きな音楽でトリハダがブワァァッとなった。

親は新しく気づいた自分の一面にどのような答えを出すのかを娘たちに試したかったのか、なんだったんだろう。
Aika

Aikaの感想・評価

3.8
これ邦題どうなるのかな〜と思ってたらそのままだった。
生肉食女子とかにならなくてよかった…リアルすぎるもんね。

てことでカニバリズムに目覚めちゃう少女のお話です。
大画面で観たのもあったかもしれないけど、何度か本気で吐き気を催しました…

何だろうこのリアルさ。
今まで観た映画のカニバラーさん達はもうとっくに目覚めていて、そのこと受け入れenjoy eating!! だったからか、もう私とは次元の違う人、モンスターとしてみることができたんだと思う。

でもジュスティーヌは違う。
戸惑って泣いて苦しんで、でも本能に逆らえない。
そして本能に従ったときの彼女の豹変っぷり!!おおおおぉ…
ちまちま食べたりしゃぶられるのってとても精神的にやられますね…しばらくウィンナー食べたくない…
そしてあんな寮生活地獄。

いろんな意味で血に勝るものはないというラストのツイストに、寒気が止まりませんでした。そして気がおかしくなりそうなエンドロールの色と音楽!

劇場で観れるか悩んだけど、結果心の中で何度も悲鳴をあげながらも楽しめたのでよかった。
グレイテストショーマンの公開初日のレイトショーで観たので、誰もいなかったらどうしよう…とビビってたけど、変わり者の人たち(失礼)たくさんいたから心強かったし。

そして私、実はジュスティーヌみたいに髪の毛が口からひたすら出てきて苦しむ夢をよくみるんだけど、それって何か意味があるのかなぁ…カニバラーさんと同じって怖い…
YUKi

YUKiの感想・評価

3.5
厳格なベジタリアンとして育てられた
主人公ジュスティーヌの性の目覚めと
まさかのカニバリズムの融合。

序盤は美しい美しいジュスティーヌ姉妹の
姿かたちなんかに、とりあえず見惚れるしかないんですが
やっぱり中盤からは、決定的な
スクリーンから目を背けたいけど観たい、
というシーンが続出。

切り口の方から指をちょっとずつ‥
たぶん、犬から守るため自らの手に取り
血を舐めてみる程度の気持ちだったと思うんですが
これが大きな引き金で。まさにめざめのシーン。

姉妹の引き起こした最後の事件なんて
「いっけねー!意識ないうちにうっかり!!」
的なコメディ性を含んだものに見えてしまったあたり、
わたしも観ているうちに
ちょっと感覚が麻痺してしまっていたのかもな。

ただ、ここまで振り切った演出に行き着かせるのなら
完治したと見せかけて‥‥完食!!
くらいの展開があっても好きかも。

あとは、個人的にはラストで
お父さんがわかりやすく全てを
説明してくれるところは
構成としては親切すぎてちょっと冷めた。かな。

ホラー、カニバリズム、性的嗜好、ジュブナイル、フェミニズム
と盛り込んだなかでひとつ地味に際立つのは
愛ゆえの“自己犠牲”が盛り込まれているところ。
食べられても動じない、むしろ与えるって‥度を越して
狂気を帯びた愛情描写ですよね。

身を捧げる相手がいるなら、同意を得ているなら
成り立つ関係なのかなとも首をひねりましたが
まあ、端的に言うなら暴行事件ですもんね。
こういうことを考えつつ、あれ、じゃああの1件は?
と矛盾点を感じる箇所もありましたが‥。
Busceo

Busceoの感想・評価

3.8
成長と自立をカニバリズムに象徴しつつヨーロッパならではの官能で味付けしてて見ごたえあったし音楽も映像も良かった。

ギャランス・マリリエちゃんも中山エミリと大山アンザに高橋イッセイをまぶした感じでパワフルで魅力的だったけど、映画を通して一番印象的かつ恐怖だったのはフランスの学生寮のヤバさです。あんななの!?
namuge

namugeの感想・評価

-
いやあ…とってもフレッシュなカニバリズム映画でしたね。大学デビューなんて言葉が日本にはありますが本作でベジタリアンの少女が体験するのは食肉デビュー。

先輩からの手荒い、本当に手荒い歓迎を受ける新入生。初めて肉を口にしたベジタリアン少女は次第に身体に異変をきたし、ついには食人に目覚めてしまう。この獣医学校の世間から隔絶した自治組織っぷり描写が素晴らしい、こんな学校絶対行きたくねえ。

こういった映画を観るときに我々はそこに込められた意味を推察しながら映画を観ることになるわけですよ、食人とはこの映画内でなんのメタファーとして扱われているのか…当然気になる所ですよね…?

しかしこの映画の場合最後の最後に少女が食人の血統を引き継ぐ由緒正しき食人族である事が告げられるため、事前の予想に反して、あれ?監督これ食人映画が撮りたかっただけじゃね?ってなるわけですよ。
いやあ素晴らしい。

頭のおかしい奴が白衣を着て騒いでいるのを観ると自分の大学を思い出して懐いっすね。
RyoInao

RyoInaoの感想・評価

4.6
とにかく、かなり心に爪痕残されました。
映像は終始綺麗だし、赤と白と青のライティングが日常の中の非日常を?
でも、オチは普通のホラー路線であんまり好きじゃなかった。深い意味がある作品なのだと思っていたら、オチのせいでただセンセーショナルな作品を目指しただけなのかも?と思ったりも。
でも、とにかくこの映画を作って、受け入れるフランスってすごいお国柄です。
はたしてストーリーの展開はあれでよかったのだろうか
期待値が大きかっただけに先が読めがちな単調さにちょっと落胆してしまった…
とはいえ描写は満足です
ラブストーリーだと思って見にきてるであろうカップルがかわいそうだった
ラストの父親からのエンドクレジット
うぉーーーーー!最高の着地!!
これだけで他の粗さ吹っ飛んだ!

獣医ってのがいいね
人間と動物の対比がね

もっと開花するのに段階を踏んで欲しかった、ここだけマイナスです!
>|