RAW〜少女のめざめ〜の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

「RAW〜少女のめざめ〜」に投稿された感想・評価

獣医学校の、どこか無機質で薄暗く、閉鎖的な雰囲気に、不安感を煽られる。

人肉に目覚めた後から大胆になる。わりとB級映画のようなチープさを感じてしまう。丁寧に描いていたのに勿体ないなと思ってしまった。

印象に残りそうな内容なのに、なぜかあまり残らない。
miyuffy

miyuffyの感想・評価

-
ブラジリアンワックスのおねえちゃんがハサミ持ち出したところで止めて観るのやめてしまった…流れ的に絶対皮膚ごと切り取るやつと思って止めたけど、ネタバレ読んだら内容は違えどそのシーン想像するだけで痛くなったし、その先も痛いシーン続きそうやからやめた

内容もおもしろそうやし、評価も高いから見たいけど、人が痛がるシーンは見てられないからこの先も見れないと思う
残念、、、
映像が綺麗。血が鮮やかで、残酷だけど綺麗に見える不思議。
変貌していく主人公がいい。姉の存在も強烈。そして、2人とも美女なところが良い。
RAWは、全てに「生」な部分が出てきて気持ち悪さもある。最初のマッシュポテトですら気持ち悪く映った、、、
rrrr

rrrrの感想・評価

4.2
自我の目覚め

抑圧されればされるほど爆発時の規模が指数拡張
局限性が最高のファンタジア
御しき

御しきの感想・評価

3.9
テーマがテーマなので人を選ぶ作品ですが、グロ耐性あまりないですが問題なく見れました。

終盤の駆け落ちていくようなスピード感が、前半のゆったり過ぎゆく時間の流れとギャップがあっていい。

フランスの映画は行間を作るのが上手いな〜と(フランスだっけ?)
u

uの感想・評価

3.8
グロすぎて途中で失神する人が出たと聞いていたけど意外と最後まで観られた
音楽の使い方が良かった
未鑑賞

メモ:女性、体の変化、想像力のきっかけになった作品
みかわ

みかわの感想・評価

4.2
人間という動物の映画。
とても不安にさせられたし嫌悪感もあった。だがとても好きな作品。

登場人物がみな強調して動物的な人間として描かれてると思った。
主人公姉妹だけでなく、集団の一員になることに儀式を強いる寮の上級生や、酒と性に溺れて踊り明かす学生など。

印象的だったシーンは姉の指を食べるシーンと、姉に人肉をぶら下げられて動物になったシーン。
本能剥き出しで人肉に夢中になる主人公の姿が前者では恍惚な表情を浮かべた美しい姿、後者ではまさに動物と化した汚らわしい姿として描かれている。
どちらも正しく人間の姿であり、その本能に従った時に初めて見せる人間の多面性にとても惹かれた。

私が観ながら抱いた1番大きな感情は嫌悪感だったけど、それでも最後まで見させられてしまった。
yuko

yukoの感想・評価

3.8
2020.4.20 DVD

ほぼ予備知識ナシで、深刻な感じのホラーかなと思っていたのでぶっ飛びました。
あんな学校はイヤだ。
ラストのお父さんには笑った。
まい

まいの感想・評価

2.9
ベジタリアンの少女がある事をきっかけに肉の味を知り、徐々に肉に執着して変貌する話。

フランス映画×カニバリズム
ホラーではない。かなり好き嫌い分かれそうな映画

初めて途中でめっちゃ吐きそうになった
血とかグロ耐性ない人は絶対やめた方がいい

姉妹関係を描いてるとこは映像もエモくて好きなとこもあった(しかも超美人姉妹)けど他がキツくて見てられなかった、、
>|