RAW〜少女のめざめ〜の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

RAW〜少女のめざめ〜2016年製作の映画)

Grave/RAW

上映日:2018年02月02日

製作国:

上映時間:98分

ジャンル:

3.7

あらすじ

16歳のジュスティーヌは厳格なベジタリアンの獣医一家に育ち、両親、姉と同じ獣医学校に入学。初めて親元を離れ、見知らぬ土地の大学寮で学生生活を送ることになった彼女は、新しい環境で不安に駆られる日々を過ごす。新入生通過儀礼として 生肉を食べることを強要されると、どうしても学校に馴染みたいという思いから家族のルールを破り、人生で初めて肉を口に する。その行為によってジュスティーヌの本性が露わになり、次…

16歳のジュスティーヌは厳格なベジタリアンの獣医一家に育ち、両親、姉と同じ獣医学校に入学。初めて親元を離れ、見知らぬ土地の大学寮で学生生活を送ることになった彼女は、新しい環境で不安に駆られる日々を過ごす。新入生通過儀礼として 生肉を食べることを強要されると、どうしても学校に馴染みたいという思いから家族のルールを破り、人生で初めて肉を口に する。その行為によってジュスティーヌの本性が露わになり、次第に変貌をとげていく。彼女が本当に求めるものとは..。

「RAW〜少女のめざめ〜」に投稿された感想・評価

エムズ

エムズの感想・評価

3.8
抑えられない衝動!

ちょっとグロい
食べているときは止めたほうが…
daiyuuki

daiyuukiの感想・評価

4.0
姉と同じ獣医科大学に入学したジュスティーヌ(ギャランス・マリリエ)に、上級生による新入生歓迎のハードな儀式としごきの日々が始まる。 手荒い歓迎の一環として、全身に動物の血を浴びせられ、ベジタリアンであるにもかかわらず、うさぎの生の腎臓を強制的に食べさせられた彼女は、やたら肉を喰いたくなったり、強烈な食欲と性欲の目覚め、ある肉に強烈な食欲を感じるなど今までにない異変を感じ始め、次第に自分の内に秘めた恐ろしい本性と秘密に気づいていく。 
ウブなベジタリアンの女子大生ジュスティーヌの、うさぎの腎臓を食べたことで「カニバリズム」に目覚めていく変化を、未熟なウブな女子大生が男性に欲望を感じ積極的に求めていく成熟した大人の女性に変貌していくメタファとして、「キャリー」などのオマージュを絡めて描かれていて、未熟でウブな面と成熟した大人な面両方を演じたギャランス・マリリエの魅力、クライマックスで明かされる驚愕の秘密が、印象的。
fonske0114

fonske0114の感想・評価

2.5
あるベジタリアンの女の子が大学入学時に禁止していた肉を食べ、自分の中である目覚めが起きる、ホラー作品。
海外では失神者も出たそうで期待高めに観賞。

以下ネタバレ感想を。




ホラーというがどちらといえばグロさ系ホラーで見ていて気持ち悪い場面が所々あった。ストーリーは人肉への目覚めという一辺倒で結局拍子抜け。指を食べるシーンは恐怖を感じた。

ヒロインが上白石萌音似のかわいい女の子でおしゃれな色使いと冒頭のフレンチクラブミュージックがよかった。
ミミ

ミミの感想・評価

4.1
海外では失神した人もいるとか…
耐性のない私は果たして大丈夫か⁈
でも多少目を伏せてしまいながらも楽しめました

ホラー要素も含みながらも、なんとなく笑ってしまうような…
いわゆる少女の成長譚というべきストーリーなのだろうけど、そこに青春とカニバリズムを混ぜ込んで、そしてスタイリッシュな色彩映像もスパイスとして仕立てられていて、最終着地点も一応納得

ジュリアデュクルノー監督の長編デビュー作!次作もあるといいなぁっておもう
nakahira

nakahiraの感想・評価

3.0
狼に欲情する女の映画「WILD」観た時とおんなじ感じ。
ここまでせにゃならんの?女性は大変ねぇ〜っていう
Kaori

Kaoriの感想・評価

-
見たら分かる!やばいやつやん!

見てるとだんだんつらくなってくる…着の身着のまま部屋から引っ張り出されたり、大学特有のね、ちょっと下品すぎるかも😣

これは痛いよ…群を抜くインパクトだけど…ホラーだね…食欲なくなる…誰だ!こんな映画つくったの!

なんかね、シャワー浴びたくなる映画😧
まず映画としてはいささか散文的過ぎて、テーマを語るに足らない出来。

では映画とは?
これじゃあねーな
なんてこった!
見なければ良かった…
まともな人はどこに?
大学の洗礼が馬鹿みたいで、私だったら自主退学します。

皆さん気持ちの悪い映画ですよ。
まなみ

まなみの感想・評価

3.6
厳格なベジタリアンの両親に育てられた少女が生肉を口にしたことがきっかけで、徐々にカニバリズムに目覚めるまでの話。
わたしはグロテスクなシーン全般無理なのでほとんど目を逸らしてしまったけれど、主人公の女の子がとにかく美しい…少女の美しさと人肉を食べる醜さ、学校での優等生な姿とと欲望に取り憑かれる姿、血の赤とペンキの青…全てのコントラストが美しい作品だった。
ナギー

ナギーの感想・評価

3.8
映画祭で失神した人がいた等の噂を聞いていたので、どれだけショッキングなシーンが来るのかと覚悟しながら観たせいか、それほど衝撃的な印象は受けなかったですね。カニバリズムに対する耐性はハンニバル博士のお陰でできていた様です。

途中でえ?そこスルーするの?とモヤモヤした感じが最後にストンと落ちました。

エンディングが凄く良かったので1ポイントアップです。
>|