ドラえもん のび太と銀河超特急の作品情報・感想・評価

ドラえもん のび太と銀河超特急1996年製作の映画)

製作国:

上映時間:97分

ジャンル:

3.7

監督

「ドラえもん のび太と銀河超特急」に投稿された感想・評価

shizuka

shizukaの感想・評価

-
何回見たか数えきれない
ドリーマーズランドがほんっとに夢があってすごい
未来の遊園地!
子供の時に一番最初に観たなぁと見返してみると結構楽しめた。
協力し合ってみんなで助け合うシーンも多くて、子供には面白いかも。
いろんな子供の夢のような世界を与えてくれるので素敵です。
Naoya

Naoyaの感想・評価

2.6
ドラえもん、のび太とその仲間たちが、ミステリートレインに乗って宇宙旅行に出かけるが、出先で危機に遭遇する、冒険活劇アニメ作。未来感満載な世界観で、様々なアイディアが光る物語。未来感があるが、童話やジュラ紀、西部開拓時代とSF・ファンタジー要素、アクション要素もあり、バラエティに富んだ内容は楽しめる要素が多く弛れることがない。敵となるキャラクターが地味ではあり、人の体を意のままに操れるという能力を活かした展開がもっと欲しかった内容。(DVD)
あ

あの感想・評価

3.8
まず、銀河超特急って名前というか世界観がめっちゃ好き🌌🚂⭐️
行き先不明のミステリートレインってのもロマンがある☺️
宇宙遊園地🎡は夢があるし、のび太の射撃シーンもあって満足👍🏻✨
まな

まなの感想・評価

-
家にDVDある。銀河鉄道っていう世界観が好き。汽車の旅いいなーって思った。
スネ夫は悪役になりがち。
Hajime

Hajimeの感想・評価

3.0
はじめてこのアプリでリストに入れるので、第1号として記憶の中で一番古い、映画館で観た映画のタイトルを。
記録用

記録用の感想・評価

3.0
『ドラえもん のび太と銀河超特急』(ドラえもん のびたとぎんがエクスプレス)は、藤子・F・不二雄によって執筆され、月刊コロコロコミック1995年9月号から1996年2月号に掲載された「大長編ドラえもんシリーズ」の作品。および、この作品を元に1996年3月2日に公開されたドラえもん映画作品。大長編ドラえもんシリーズ第16作、映画シリーズ第17作。
miduki

midukiの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

メタ発言(「映画になると〜」)も含めて好き。
ドラえもん史上最もワクワクした映画。
のび太のワイアット・アープ(アップップ)ばりの射的の腕前により、宇宙に平和がもたらされたのであった。

「圧縮空間」という概念を知る。
子供の頃、録画失敗して途中からのこれを見た記憶があります。でも好きで何回も繰り返しみたなあー。全部は見てないので評価無し。
>|