検察側の罪人の作品情報・感想・評価

検察側の罪人2018年製作の映画)

上映日:2018年08月24日

製作国:

上映時間:123分

あらすじ

都内で発生した殺人事件。犯人は不明。事件を担当する検察官は、東京地検刑事部のエリート検事・最上と、刑事部に配属されてきた駆け出しの検事・沖野。最上は複数いる被疑者の中から、一人の男に狙いを定め、執拗に追い詰めていく。その男・松倉は、過去に時効を迎えてしまった未解決殺人事件の重要参考人であった人物だ。最上を師と仰ぐ沖野は、被疑者に自白させるべく取り調べに力を入れるのだが、松倉は犯行を否認し続け、一…

都内で発生した殺人事件。犯人は不明。事件を担当する検察官は、東京地検刑事部のエリート検事・最上と、刑事部に配属されてきた駆け出しの検事・沖野。最上は複数いる被疑者の中から、一人の男に狙いを定め、執拗に追い詰めていく。その男・松倉は、過去に時効を迎えてしまった未解決殺人事件の重要参考人であった人物だ。最上を師と仰ぐ沖野は、被疑者に自白させるべく取り調べに力を入れるのだが、松倉は犯行を否認し続け、一向に手応えが得られない。やがて沖野は、最上の捜査方針に疑問を持ち始める。「最上さんは、松倉を、犯人に仕立て上げようとしているのではないか?」・・・。 互いの正義を賭けて対立する二人の検事。彼らの戦いに、待ち受けていた決着とは——。

「検察側の罪人」に投稿された感想・評価

食パン

食パンの感想・評価

3.5
この映画はストーリーじゃないんです。物語や登場人物の言動を通して、正義とは、正しさとは何かを自問自答していく禅問答映画なんです。たぶん。全部判らなくていい、と僕は思う。常にぶつ切り的に場面が切り替わるから、消化不良で次のシーン次のシーンと流されていく嫌悪感と緊張感。原作の情報量を入れるためなのは判るが、早過ぎてついて行けないところも多々あり、物語全部判らなくていいと言いつつも、どうせなら判りたかった自分もいる。

キムタクは演技プランのアイデアが豊富な素晴らしい俳優だと思っていたけど、今回は極力細かなプランを立ててないように見える抑えた演技が面白かった。個人的にはもっと俳優木村拓哉を虐めたところを見てみたかったが。
takakom

takakomの感想・評価

3.5
内容は重くて少々シンドイけれどテンポ良く進んで独特の雰囲気、キムタクとニノの迫力の演技も楽しめる。 小説読んでないのと理解力の問題か、ちょっとよく掴みきれない部分があった。
pinoco

pinocoの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

キムタクとニノ。
まぁ、目の保養にと映画館に。

初っ端からの、沖野と諏訪部との取調べのやりとりが面白すぎる。
そしてこの諏訪部、ストーリー全般に重要な鍵を握っていく組織のボス。なかなかカッコいい。

沖野の事務官、橘。頭脳明晰の野心家。沖野に好意を寄せていく為に、揺れ動く心情と行動が、ストーリーを面白くさせて行く。

松倉。最上のターゲット。何としても法の裁き受けさそうと追い詰めていく。

やはり、見どころは、だんだん違えて行く、最上と沖野。検事がどうあるべきか、人としてどう生きるか、罪と人をどう受け止めていくか、たくさんの難問を観てる人に投げかけたまま終演。

、、なんだが。

これだけはどうしても言いたい!
ラストシーンが、頂けない!
悲しい😭😭😭😭😭。
Nana

Nanaの感想・評価

3.0
2018/09/17

ニノ目当てで見たけど、
面白くて引き込まれた。

原作を読んでないからか、
読解力がないからか、
気になる終わり方だったのが残念。

キムタクのすごさを感じる映画。
YokoYamada

YokoYamadaの感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

正直なところ期待はずれ。各役者の演技は良かったと思うが、どうも物語に納得がいかない。最上が最後無様に死ぬんだろうなと思ってたから、終わり方が中途半端で驚いた。
furumin

furuminの感想・評価

4.0
キムタクのキムタクすぎる演技と事後の体制には内心めっちゃ突っ込んでしまったけど普通に面白かった...!
原作未読ですが重厚な小説を一冊読み終えたような後味。それでいてテンポが良くて全く飽きずに楽しめました。息がしづらい重苦しいじっとりとした雰囲気は邦画だからこそ出せる味だなと。ニノがとても演技うまい(小並)。政治や恋愛色を絡めずニノとキムタクの正義感のぶつかり合いと権力側の恣意的な判断に対する疑念みたいなものだけをピックアップしたほうが後半駆け足にならずに済んだのかなと。
滅茶苦茶良かった。

キムタクの新境地。画面から不健康な色気が溢れていて、男も女も惚れるアンチヒーローが誕生してた。
話は結構ツッコミどころあるのだが、キムタクの色気で野暮な疑問は押し流せている、と思う。
二宮くんも相変わらずの永遠の若手感のある演技でよかったし、吉高由里子も良かった。犯人役のおじさんも凄まじい怪演。二宮くんとの攻防は息を飲む迫力でした。

まぁ色々あるが、とにかくキムタクの格好良さで最後まで観られる、これぞスターの映画、という感じでした。アンチヒーローができるようになったのなら、SMAP解散した価値あったのでは、とかいうとファンに怒られるのでしょうけど…。
展開がスピーディで無駄がない。さすがキムタクとニノが主役なだけある。
キャラクターもそれぞれ個性的。個人的には「いつでもポチになります」の松重豊がツボ。仕事も恋愛も自分の意志で仕切って突き進む吉高由里子を久しぶりにカッコいいと思った。
u

uの感想・評価

1.5

このレビューはネタバレを含みます

特に予告もみず、あらすじなども把握せずに行った。

なかなか物語に入り込めなかった。カットも独特で物語が飛ぶように進んで行って追いつけなかった。

2人の演技は凄いんだけど、ニノは普通のトーンで喋ってたかと思ったら急に怒鳴るっていう演技多いよね。またか、ってなった。迫力あっていいし決して下手なわけじゃない、松倉を追いつめるにはいい怒鳴りっぷりだった。
でもまたか、ってなるんだよ。怒鳴るまでのスイッチがいつも一緒。

終始暗い話で、とくに松倉が女の子をどうのこうのした話は胸糞悪かった。
冤罪でもいいから捕まって死刑になればいい、最上と同じことを思った。
検察の最上ではなく、一個人の最上としてならば、私は最上の行動を責めない。
あんなクズ死んで当然。最後車で轢かれてよかった最初からそうしてくれればよかったのに。

最後沖野が叫んだのは謎だった。
>|