検察側の罪人の作品情報・感想・評価・動画配信

検察側の罪人2018年製作の映画)

上映日:2018年08月24日

製作国:

上映時間:123分

3.4

あらすじ

「検察側の罪人」に投稿された感想・評価

宣伝の仕方がとっても上手だった。
なぜか分からないが内容を覚えていない…。ちゃんと観たはずなのに……。
ひかる

ひかるの感想・評価

3.7
本当の罪人とは、誰のこと?
裁かれるべきは、誰?

全ては、それぞれの掲げる正義の為に。

理想高き検事だった、木村拓哉さん演じる『最上』が、たったひとつの、裁かれるべき悪を前にして、譲れない正義の為に、自らの手を罪で汚していくのが、切なかった。

けれど、物語としたら、それほどまでして最上が贖わせようとした理由、また、吉高由里子演じる女性の行動の理由、登場人物の行動理由が、あともうひとつのところで、エピソードがかけていたように思う。

その為幾らかわかりにくかった。
だが、それこそが『それぞれの想像するところにゆだねる』といったところだろうか。または『誰かの全てを理解など出来ない。』と。

この作品は、たまたま妹と一緒に観ましたが、ラストシーンを含め、それぞれの作品の考察を思わず語りあいました。
良い時間を過ごせました。私には良い作品でした。面白かったです。


Amazonprimeにて。2021/04/08/。
nana

nanaの感想・評価

2.8
分かるようで結局よく分からなかった💦ニノと吉高由里子ちゃんは、なんじゃありゃ😅他にもなんなのこれってシーン多々あったな💦芝居も悪者役の人の方が光ってしまってた印象。全然好みの映画ではなかったけど、音楽はなかなかよかったかな。
pottea

potteaの感想・評価

3.6
この映画で酒向芳さんの存在を知り、久しぶりにゾクゾクしました
宮崎

宮崎の感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

すごく面白かった。
ニノの迫真の演技にはこちらも狼狽えてしまった。
どのシーンにも予想外のことが多くハラハラした。目が離せず最後まで見た。

それぞれが正義を掲げ行動するが、最後はモヤモヤした。
最上は逃げ果せたのだろうか。
このタイプの作品で手を染めた主要人物が捕まらないのは初めてだったかもしれない。
よ

よの感想・評価

3.0
ちょいちょい内容が飛躍してて分かりづらかった。ニノの演技はすごい
原作を読んでいなくても、原作、脚本の良さを感じらる。でも要らない演出が多く、はてなが浮かぶシーンが多々あり。
ラストの回収があまりうまくできていなかったように思うが、それぞれが思う正義に疑問を抱くし共感する。
おおおおおもしれぇええええ!👮‍♀️
取調べのシーン大迫力だしビクッてなった🙋‍♀️
正義とは何ぞやって感じ
終わり方が微妙だったけど、みんな演技上手。
にのの取り調べも迫力ある、、
正義とは?って確かになる。
>|