22年目の告白 私が殺人犯ですの作品情報・感想・評価

22年目の告白 私が殺人犯です2017年製作の映画)

上映日:2017年06月10日

製作国:

上映時間:116分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「はじめまして、私が殺人犯です」残忍な手口で5人の命を奪い、世の中を震撼させた連続殺人事件。未解決のまま事件は時効を迎え、完璧に逃げ切ったはずの犯人は、22年後、思わぬ形で姿を現した。〝殺人手記〟出版記者会見――。そこにいたのは、自らの告白本を手にカメラのフラッシュを浴びて不敵な微笑みを浮かべる美しき殺人者。「はじめまして、私が殺人犯です」あらゆるメディアを通じて発信されていく殺人の告白と、犯人…

「はじめまして、私が殺人犯です」残忍な手口で5人の命を奪い、世の中を震撼させた連続殺人事件。未解決のまま事件は時効を迎え、完璧に逃げ切ったはずの犯人は、22年後、思わぬ形で姿を現した。〝殺人手記〟出版記者会見――。そこにいたのは、自らの告白本を手にカメラのフラッシュを浴びて不敵な微笑みを浮かべる美しき殺人者。「はじめまして、私が殺人犯です」あらゆるメディアを通じて発信されていく殺人の告白と、犯人の容姿。その男に日本中が惹きつけられ、逆撫でされ、そして欺かれていく――。日本中を巻き込む告白の行方とは? 先の読めない結末に向かって、新たな事件が動き出す!

「22年目の告白 私が殺人犯です」に投稿された感想・評価

未だに夢に見る過去のトラウマに
苦しめられることがある。
だから、少しわかった。
みゆり

みゆりの感想・評価

4.2
最後の最後まで騙された。
人間の潜在的な狂気が表されていた。
や

やの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

私的に ひっさびさに家で見た中で一番集中して見たし引き込まれた。すんげ。
好きだーとか言えないけど、
めちゃくっちゃドキドキしました。
ここまで仕掛けてかわされた報道番組のシーンの後、なぜか泣きそうになった。

ああ、ほんっとうにドキドキしたなあ。
👏

途中から犯人がわかったけど、それでもいい、見てられた。

俳優陣、くせ多いなあ、、。(笑)
いい意味でも悪い意味でも。


でも、彼氏があんっだけりかさんのことを愛してた情景がプロポーズをするところだけじゃ残らなかったように思う。
もっと見せ方あったと思う。


あと、犯人の唯一の救いが 被害者家族のような 自分と同じ境遇をした人がいる ということ。それを自分で作り出してて、なぜか、苦しくなった。
憎しみは無くなるわけはない、と、ラストシーンで見せたのかなあ。わたしにはそう見えた。
番組やハンディカムの作り込みがなかなかリアルで良い。

犯人が思ってたより哀れな変態で、前半の恐怖感消え失せた。
ムニー

ムニーの感想・評価

3.0
藤原竜也が22年前の犯人は、少し設定に無理を感じました。事件を追う刑事や妹、その彼氏にもシンパシーを感じませんでした。
タニゴ

タニゴの感想・評価

3.8
結構前にテレビで見たけど思い出して記録。藤原竜也の狂気的な役ほんとすき、中盤のどんでんする展開もすき。
emi

emiの感想・評価

3.5
スリルのある展開にちゃんとサプライズが用意されたスリラー・ミステリ映画。音楽にもひと工夫あり不気味な雰囲気を盛り上げる。被害者の選び方や犯行のディテールなど大事な細部があっさり抜けていて説得力に欠ける。
ザキコ

ザキコの感想・評価

3.6
割と迫力があって好きでした!
伊藤英明、仲村トオルとか。

じわじわ内側の話しや違う展開になって
面白い藤原竜也あー言う役柄ハマるのは流石。

このレビューはネタバレを含みます

タイトルがネタバレ。
「私が殺人犯です」で藤原竜也の顔を大きく写すのは、観る人に先入観を与えるためって事に気付いちゃうと、すぐに内容が読めちゃう。

ただ、最後に中村トオルが殺されたのはゾクっとしたから割と好き。
事前情報なしで見たので話の展開は意外性もあり見応えあって楽しかったです(..›ᴗ‹..)

【連続殺人犯が手記を出版することでカリスマ化して行く】という不条理ながらも現実にありえそうな出来事には胸糞悪くなる。。。

遺族でない限りは好奇の目で楽しんじゃう奴ら、好奇の目でビジネスに利用する奴らも多く出てくるのでしょうね。。。

人間全てが全てに対して思いやりを持てればいいのにな、なんて単純なことが、、綺麗事・夢物語・青臭い考えであることを実感してしまうことに気が重くなります〜(T_T)

せめて自分は 積極的に煽ったり盛り立てたり喜んじゃう匿名達みたいにはならないようにしたいし、そういう人が少しでも減って欲しいなぁ、なんて思ったりして。

それに加えて藤原竜也氏の演技がまた煽ってきますねー。イケメンで冷静に語るもんだから内容さえ違えば〝とっても素敵なことをしている〟ような〝応援したくなる〟説得力さえある(笑)


また、
〝おそらくは犯人を懲らしめるのだろう〟裏でうごめく復讐も気になってはいたので、おぉー!ええーー??なるほどー!となって楽しめましたぁ(^ ^)


伊藤英明氏も渋くてカッコよかったなぁ(..›ᴗ‹..)

ま、【犯人】が何食わぬ顔であんなことができていたことに少々リアルさを欠いてしまうのと

ラストのオチは・・・( •̅_•̅ )
【以下ネタバレ(コメントへ)】
>|