あなたのママになるためにの作品情報・感想・評価・動画配信

「あなたのママになるために」に投稿された感想・評価

TheMoon

TheMoonの感想・評価

1.8
日曜日の午後4時半、ベッドに座って鑑賞

夫と距離を置き、教師の仕事をしつつ女手一つで息子ダニを育てるマグダは、ある時失業に重なり乳がんを宣告される。右胸を全摘出し無事手術を終え、闘病中に出会った、家族を事故で失ったサッカーのスカウトマン・アルトゥーロと共に息子と3人で新しい生活を始めたマグダだったが、その矢先残った左胸もがんに侵される。

よかった☺️
メインは愛。多分他者への愛より、自分らしく生きることに重きが置かれてるんだと思う。マグダは輝いてるし、その輝きに周りの人が惹かれる。それでいいんだと思う。病や諸々、医学がどれだけ発達しても退けることは出来ないだろうけれど、その最後のときまで人生を楽しめたら素敵だよね。感動ものではなく、一人の女性の生き方、って感じだった☺️

このサッカーでみんなで盛り上がってる感じいいな……

男2人でエル・シド鑑賞

「やっていいニュースが聞けた」
kaito

kaitoの感想・評価

3.5
プライムでの見放題配信終了前に。
ペネロペ・クルスがここまでするなんて
Coco

Cocoの感想・評価

3.5
坊主になっても美しすぎるペネロペ。

命ある限り強く生きようとする姿が
印象的。

家族愛が素敵でした
notcinefil

notcinefilの感想・評価

3.9
感動ポルノオールスターの津波に呑み込まれないで抑制の効いた筆致で描き切りました。軸が揺らがないの素晴らしいです。

突然イニエスタのアップがテレビに映って、あ、ユーロ決勝とか言ってた?いつ?2012?スペイン対イタリア?と思ってたらシャビからトーレスの3点目で思い出したわ!あの試合か!トーレス師匠が終盤突如神がかっててイタリア以外の全世界爆笑したやつだ🤣

でもこのシーン重要なんです。日本の私ですら覚えてるそんな試合、スペイン人が見たら自分がその時どう過ごしてたかみんながみんな思い出があって振り返ることができるはず。そしてそのテレビに釘付けになっていたスペイン国民の1人の身の上にあんなことが起こったのか、と急にリアルに感じられるはずなんです。この映画、御涙頂戴的な盛り上がりを極力排除するから、サッカーの力を借りて自力で突破するのではなく観客の胸の内にクロス上げてるんですね。ものすごく親切なクロスで私らはただ合わせるだけでゴール決められるような。

レアル・マドリードのスカウトマンなんかマドリディスタの少年の前に現れたらただのヒーローなんだよ。あんまりがっついた描写入れてないけど。この映画そういうファンタジーの話なのにファンタジーのテンションじゃなく淡々とドキュメンタリー撮るようなテンションを心がけてるから、ちょっとしたところで見逃しがちな重要なポイント沢山ある。スペイン映画よりフランス映画っぽいなと思ったらフランスも制作に入ってるみたいなのでその空気感反映されてるんですね。

乳がん手術の執刀医って婦人科医じゃなくて乳腺外科医じゃないの?先生歌いながら乳腺外科も産科もできちゃうの?とか突っ込むのは野暮のやることなので、あの先生が婦人科医そのものの雰囲気であることを楽しめばそれでいいです。婦人科の男の先生、どこ行ってもあんな感じですよね。あれ世界共通なんですね。ああいう風になるのは意識してじゃなくて赤ちゃんやお子さんに囲まれてると自然とああなるのかな?ああならないと務まらないのかな?

すごくしっかりちゃんと作られてるので「ペネロペ・クルスのおっぱい揉まれまくってます!」とか言える感じじゃ全然ないですね。医療的に診察されてるだけですしね。でも右胸摘出されたテイで包帯で潰してるのはとても痛そうだった。あの大きさなので潰した肉がはみ出てもんじゃ焼きの土手を潰して広げたみたいな形になってて(伝われ)、摘出した傷の痛みというよりマンモグラフィ以上に潰されて痛そうでそこでヒィ!ってなりました。

息子の最後に出てくるサッカーの試合、ドリブルで上がってゴール決めるやつ、あの時ちゃんとレアル・マドリードのユニフォーム着てたので下部組織入ってる!とちょっと興奮しました。お母さんを失うといよいよ彼にとってサッカーが全てになってしまうので、だから故障とかとても怖いと思うので、理解者がすぐそばにいてくれるのは、とてもとても心が解けて涙が出そうになった。泣かせようとしてこないから泣きそうになった。

最初のペネロペ・クルスの長女みがすごくて、全て自分で背負い込んで泣き言言えなくて甘え方も分からなくて他人に頼れなくてむしろ他人に打ち明けることが負担でひっそりと一人で処理しようとして耐え抜く教師って全身全霊長女でしかなくて、ペネロペ・クルスが実際どうなのかはわからないのですけど「ボルベール」の時然り、抑えた人を演じる時の彼女からはものすごく長女的な記号が滲み出てる。はみ出てる。

ものすごくゴージャスで小悪魔的で派手な印象あるけど、本人実は意外と地味で堅実な長女なのかなと気になってます。長女じゃなければもっと気になるわ、あの長女みどこで身に付けた!?って。

感情を爆発させることができず全てを自分の中で飲み込んで抑える人やってる時のペネロペ・クルスは他人とは思えなくて、自分の世界線が歪んでわからなくなりがちです私。
みぽち

みぽちの感想・評価

3.4
乳癌を申告されたシングルマザーが奮闘するストーリー。
精密検査のシーンや、乳房片方切除後の海での表情など、色々リアルで胸が苦しくなる。それでも子供のため、懸命に生きていく母の姿が美しい。邦題も絶妙で納得💡
ただ、お国柄🇪🇸かもしないが、医者♂との距離近すぎないか?😂海でのあのイチャイチャシーンやら、夫の前でキスハグ(そのとき夫のなんともいえない複雑な表情がアップでうつる)など、ラストにかけてびっくりしてしまうシーンが多々あったのでちとモヤ…🌀
nao

naoの感想・評価

1.0

このレビューはネタバレを含みます

隣に座っただけの男と親密になり、最愛の息子を無視して、父である夫と家族が入れ替わるストーリー展開もよくわからない前半。
片乳房切除後、さらに、余命宣告を受けたのに、妊娠し、出会ったばかりの相手に、自分の連れ子と、さらに新生児を残していくその考えが自分勝手すぎて共感できない。
医者が相手かと思うくらいの医者との親密なのは、スペインというお国柄だからか。

何度もみるのをやめようと思ったが、母親がらみの作品なだけに、もしかするとこれから面白くなるのかもしれない、と見続け、最後まで見てしまった時間を後悔したのは久しぶりだった。
のんchan

のんchanの感想・評価

3.0
再鑑賞ではあるものの、過去に観た時、途中から居眠りして最後まで熟睡し、殆どが観れていなかった作品😓

【ペネロペ自身が感動的な脚本に惚れ込み製作を熱望。自らプロデューサーとして実現に奔走。彼女の熱意はすさまじく「この役のためならなんでもする」とスキンヘッドにトップレスという衝撃的な姿を披露し迫真の演技を見せる。】

のような触れ込みがあった作品ですが...


今回はしっかり最後まで見届けましたけど...ごめんなさい🙏 私の感性は、この監督と、とことん合わない気がしました(キッパリ)

ペネロペは、乳癌を患い残りの命を明るく強く生き抜いた女性を確かに熱演はしています‼️
が、あまりにファンタジー色が強く、現実味を帯びてない描写だらけで、まったくもって"作り話"を強調しているだけにしか思えなかった。

✔︎主治医の距離感が近過ぎる!
・いくら歌手志望だった医師だとしても、執刀する前に手術室で歌うか?
・水着を着けて海水浴しながら診察するか?
・医師の公私混同が酷過ぎる。

✔︎再婚相手との出逢いの設定がドラマ過ぎる!

✔︎元旦那を軽視し過ぎている!



※U-NEXTの配信期日がたまたま今日いっぱいだったので観たけれど、アマプラでも観れました。
あーあ、残念感が蘇っただけでした😥💦
200818 prime video

いい先生でいいママ。

音楽が基本暗めで不安になる…
たまによくわからない演出あって不安になる…

けど全体を通してよかった
心臓での表現とか…


名言たくさんあったからメモ

「先のことを気にせず
今を楽しむこと

精一杯 幸せに生きるの」

幸せに生きるには

「心地よいものに歩み寄り
痛みから遠ざかるの

適度にね

他の人や自分自身を傷つけない程度」
余命宣告ものの映画はたくさんあるが、出産を決意する展開はあまり無いのではないか。
文字だけだと奇抜な展開のようにも思えるが、鑑賞するとそれ程不自然さは無い。
何故ならナターシャを産むことが生きる糧となっていることが分かるように描写されているからである。
例えば海辺のシーンで蟹が登場するが、これはcáncer、すなわち癌の転移を表現していると考えられる。
2回目の海辺のシーンではナターシャが蟹を投げているので、ナターシャの存在が癌への不安を取り除いていると読み取れる。
癌に蝕まられているのに子どもを産むのではなく、彼女の視点だと生きるために子どもを産むのである。

ただ、作中で時間の経過があまり感じられないところは改善すべきだと思った。
スカウトマンは妻と娘を失ってからの立ち直りが早過ぎるように感じてしまう。
髪型を変えて子どもの成長などを表現して過ぎた年月を描いたほうが良かった。
SanaeShiba

SanaeShibaの感想・評価

2.0

このレビューはネタバレを含みます

共感できなかった〜💦
余命宣告を受けて、残される息子を心配することだけ共感!

それなのに、もう1人産もうって勝手に1人で決めるのはどうなのかな??
新しい彼氏が産んでほしいっていうなら分かるけど、結局育てられないことを前提に自分がこどもを産みたいからって妊娠するのは共感できない。
せめて産むなら、自分が生きることを前提にしてほしいなって思った。
妊娠して、その子のために頑張って生きる!って展開なら共感できたかな☹️

あと、新しい彼氏との恋愛も違和感。
彼との年齢差が気になるし、奥さんと娘が亡くなってから新しい人にいくの早すぎるでしょ。

てか、先生とデキてるとしか思えなかった。
会う度にボディータッチが過ぎるよ笑
むしろお似合いだったわ💦
>|