島々清しゃの作品情報・感想・評価

「島々清しゃ」に投稿された感想・評価

ryo

ryoの感想・評価

-
島の景色と海がきれいだった。
それにサンシンの音色に”島々清しゃ”。
安藤サクラさんとおじいとの会話が
海と波の音を前にしんみり心に残った。
伊東蒼ちゃんの演技もほんとうまかった。

蒼ちゃんの演技に涙でた。。
留

留の感想・評価

1.0
音楽によって分断されていた人たちが融和するというコンセプトから脚本を捏ね上げ、美しい沖縄離島のロケーションの中で俳優と現地の人が作った映画。
とにかくつまらない。つまらないのはまだ許せてもクライマックスの『島々清しゃ』の三線、太鼓、吹奏楽、ヴァイオリンの演奏にまったくグルーヴ感がなく脱力するほどひどい演奏で評価を一気に下げた。
安藤サクラのキャラクターも変だし、突然内地に帰るというのも『おじいが突然あんなことになって」と言うのもおかし過ぎる。子供達、授業抜け出して楽器持って港に駆けつけるってどーゆーこと?チューバの子は椅子に座って吹いてるし、いつのまにか三線や太鼓の人まで港にいる。なんで?
臭すぎる展開と無理矢理なキャラクター、角替和枝の主人公の女の子に言うデタラメなセリフ、母親のわけの分からん育児放棄と突然の帰郷、死んだ父親の墓前で踊る踊りの中途半端等々、《ギャラクシー街道》よりはマシだが《踊る大捜査線》より落ちる愚駄作でした。

なんかさぁ、いかにも良心作でござい!という顔していて、見てみたら、いたたまれないほどつまらない映画というのは罪深いね。
良くも悪くもヒキの画の映画だと。南の離島。青く澄んだ海。白い砂。朴訥とした島言葉。上っ面を舐めて棒立ちで撮った画。ちょっと怒りを感じた。
まったりのんびりって感じで、沖縄のゆったり感が伝わってきました。
方言がよくわからないので、字幕付きで最初から見たのは正解だったかも。
安藤サクラさん、今週から朝ドラ始まったけど、この映画でもなんかよかった。
おじい役が素人っぽくて仙人のようでこれまたよかったです。
音楽の力。
音楽そのものではなく、みんなで"ちんだみ"合ってる音を出すために協調する力。
自分の精一杯を表現する力。

ただ、祐子(安藤サクラ)は与えられる影響が多い割りに与える影響が少なくて、主役のひとりとしてはバランス悪いようにも思える。余所者が影響を与えるなんておこがましいということかもしれないけど。でもまぁ、いるだけで認められるというのはありがたいことだ。

なにはともあれ子供が成長する物語は気持ちいい。
音楽と風景も素朴で暖かい。
coco

cocoの感想・評価

4.8
聴覚過敏と絶対音楽がある子の話。三線?もすごくきれいで、景色もものすごくいい!

ただ、フルートとか楽器の音色とかに期待してみたらだめ笑

でもなんやかんや、浄化されるいい映画かなあ?
はるか

はるかの感想・評価

3.5
外で、しがもあんな海の前で演奏するのは絶対に気持ちいいだろうな~

歌合奏とか懐かしい!楽しかったな~
Mai

Maiの感想・評価

-
No.65 /4000

「みんなもっと人の音を聞こう。自分の音だけ聞いていても音は合わんよ。」
mmmmm

mmmmmの感想・評価

3.0
「ちんだみ狂ってる!」

最初に何言ってんのかぜーーーんぜんわからなくって聞いたまんま叫んでみたり、
基礎の練習をしているときに一緒にフゥーーーーッてやってた。

「ナビィの恋」に匹敵するほどの(思い入れとしてはナビィの勝ち)沖縄離島映画である。
離島に行きたい熱がムクムクします。
阿嘉島もいいよねー。

吹奏楽で沖縄民謡を演奏するっていうのも新鮮だったし子供達が実際演奏してるとの事でやっぱり最後はグッとくるよね。

島で出会い1つ成長する。
子供も大人も頑張ってるんだ。
人生生きてりゃ80点。
沖縄の慶良間諸島を舞台に、沖縄の歌「島々清しゃ」を通して、少女の成長を描いた映画。

心揺さぶられる物語であり、「島々清しゃ」合奏シーン、感動的であった。
>|