島々清しゃの作品情報・感想・評価

島々清しゃ2016年製作の映画)

上映日:2017年01月21日

製作国:

上映時間:100分

3.4

あらすじ

那覇市から西に約40㎞に位置する慶良間諸島。 耳が良すぎて、少しでも音のズレを感じると頭痛がしてしまう小学生のうみは、三線の名手であるおじいと二人で暮らしていた。ある夏の日、島で開催されるコンサートのためにヴァイオリニストの祐子がやってくる。耳のせいで変わり者扱いされ、母親や友だちとの関係に悩むうみは、祐子と出会い、フルートを練習し吹奏楽部に参加することで、少しずつ頑なに閉ざしていた自分自身を…

那覇市から西に約40㎞に位置する慶良間諸島。 耳が良すぎて、少しでも音のズレを感じると頭痛がしてしまう小学生のうみは、三線の名手であるおじいと二人で暮らしていた。ある夏の日、島で開催されるコンサートのためにヴァイオリニストの祐子がやってくる。耳のせいで変わり者扱いされ、母親や友だちとの関係に悩むうみは、祐子と出会い、フルートを練習し吹奏楽部に参加することで、少しずつ頑なに閉ざしていた自分自身を解放していく。祐子もまた、島で漁を営む元サックス奏者の真栄田や、おじいの三線に触れ、都会で荒んでいた心を取り戻していく。祐子の訪れがうみに変化をもたらし、さらには島の人たちもそれぞれの悩みや問題を乗り越えていく――。島々の清らかで美しい自然と音楽とが、人々をつなぎ、自分に向き合う力を与えてくれるひと夏の物語。

「島々清しゃ」に投稿された感想・評価

coco

cocoの感想・評価

4.8
聴覚過敏と絶対音楽がある子の話。三線?もすごくきれいで、景色もものすごくいい!

ただ、フルートとか楽器の音色とかに期待してみたらだめ笑
macoto

macotoの感想・評価

-
島の景色と海がきれいだった!!
それにサンシンの音色と ”島々清しゃ”
砂浜に寝そべったりなんかしてさ…いいね!
安藤サクラさんとおじいとの会話が
海と波の音を前にしんみり心に残った。。
サクラさんに負けずおじいも魅力的でした!

うみちゃん役の伊東蒼ちゃんの演技!
声を押し殺して泣くとこなんかほんと
うまいなぁ〜なんて思った。
透明な水の上でぷかぷか浮かびながら
蒼ちゃんみたいに青空ずっとみてたいな。

…蒼ちゃんの演技に涙出た。。
はるか

はるかの感想・評価

3.5
外で、しがもあんな海の前で演奏するのは絶対に気持ちいいだろうな~

歌合奏とか懐かしい!楽しかったな~
Mai

Maiの感想・評価

-
No.65 /4000

「みんなもっと人の音を聞こう。自分の音だけ聞いていても音は合わんよ。」
mmmmm

mmmmmの感想・評価

3.0
「ちんだみ狂ってる!」

最初に何言ってんのかぜーーーんぜんわからなくって聞いたまんま叫んでみたり、
基礎の練習をしているときに一緒にフゥーーーーッてやってた。

「ナビィの恋」に匹敵するほどの(思い入れとしてはナビィの勝ち)沖縄離島映画である。
離島に行きたい熱がムクムクします。
阿嘉島もいいよねー。

吹奏楽で沖縄民謡を演奏するっていうのも新鮮だったし子供達が実際演奏してるとの事でやっぱり最後はグッとくるよね。

島で出会い1つ成長する。
子供も大人も頑張ってるんだ。
人生生きてりゃ80点。
沖縄の慶良間諸島を舞台に、沖縄の歌「島々清しゃ」を通して、少女の成長を描いた映画。

心揺さぶられる物語であり、「島々清しゃ」合奏シーン、感動的であった。
良かった。おじいの言葉が深過ぎて。人生80点のくだり、「大丈夫」の言葉で涙腺崩壊。おじいが亡くなった後もずっと泣いてた。これはもう一回観たいですな。
かずを

かずをの感想・評価

3.9
伊藤蒼と山田真歩の後ろ姿、母娘やっと繋がったなーって。良かった。
101miss

101missの感想・評価

3.0
澄み切った海と空、無垢な子どもたち。
暖かくて景色がいいから、そこに住む人たちは幸せなんだろうな、と勝手に思い込んでましたが、リアルには描かれてはなかったけど、そうじゃないことも何となく伝わってきて、そんなとき、村のおじいの、人間生きているだけで80点、という言葉が沁みました。
夢野猫

夢野猫の感想・評価

3.5
初見の監督さん。新藤兼人監督のお孫さんだそうです。

「湯を沸かす」に出ていた子役の初主演作。
絶対音感と言うのか、超絶音感と言うのか、音に対して敏感過ぎて孤立してしまう少女を演じてます。

舞台が沖縄で、深読みすれば色々有りそうな雰囲気が有りますが……ソコは置いといて(笑)

音楽を通した成長物語として愉しめました。

流石に安藤サクラのバイオリンは吹替えでしょうが(笑)子供達の演奏は本人がしている様です。

サーターアンダギーがデカイ(笑)
>|