島々清しゃの作品情報・感想・評価

島々清しゃ2016年製作の映画)

上映日:2017年01月21日

製作国:

上映時間:100分

3.4

あらすじ

那覇市から西に約40㎞に位置する慶良間諸島。 耳が良すぎて、少しでも音のズレを感じると頭痛がしてしまう小学生のうみは、三線の名手であるおじいと二人で暮らしていた。ある夏の日、島で開催されるコンサートのためにヴァイオリニストの祐子がやってくる。耳のせいで変わり者扱いされ、母親や友だちとの関係に悩むうみは、祐子と出会い、フルートを練習し吹奏楽部に参加することで、少しずつ頑なに閉ざしていた自分自身を…

那覇市から西に約40㎞に位置する慶良間諸島。 耳が良すぎて、少しでも音のズレを感じると頭痛がしてしまう小学生のうみは、三線の名手であるおじいと二人で暮らしていた。ある夏の日、島で開催されるコンサートのためにヴァイオリニストの祐子がやってくる。耳のせいで変わり者扱いされ、母親や友だちとの関係に悩むうみは、祐子と出会い、フルートを練習し吹奏楽部に参加することで、少しずつ頑なに閉ざしていた自分自身を解放していく。祐子もまた、島で漁を営む元サックス奏者の真栄田や、おじいの三線に触れ、都会で荒んでいた心を取り戻していく。祐子の訪れがうみに変化をもたらし、さらには島の人たちもそれぞれの悩みや問題を乗り越えていく――。島々の清らかで美しい自然と音楽とが、人々をつなぎ、自分に向き合う力を与えてくれるひと夏の物語。

「島々清しゃ」に投稿された感想・評価

夢野猫

夢野猫の感想・評価

3.5
初見の監督さん。新藤兼人監督のお孫さんだそうです。

「湯を沸かす」に出ていた子役の初主演作。
絶対音感と言うのか、超絶音感と言うのか、音に対して敏感過ぎて孤立してしまう少女を演じてます。

舞台が沖縄で、深読みすれば色々有りそうな雰囲気が有りますが……ソコは置いといて(笑)

音楽を通した成長物語として愉しめました。

流石に安藤サクラのバイオリンは吹替えでしょうが(笑)子供達の演奏は本人がしている様です。

サーターアンダギーがデカイ(笑)
monja

monjaの感想・評価

3.5
てぃだかんかんみたいに沖縄の方言に違和感なくて良かった。
三線ってあんま聴き慣れてないのに沖縄音楽ってなんであんなに心地よいのか。
けっこう色んなジャンルにも合うし。
やっぱ血が入ってるからだろうか。
aichiiiii

aichiiiiiの感想・評価

3.1
住んでた事がある
沖縄の慶良間諸島の話だったからレンタルしてみた

こんなのんびり系もたまに観たくなる
(夜観ちゃうと寝ちゃうけど)

「人生 生きてりゃ 80点」
おじぃ に癒される

沖縄の方言 わかりにくいから
慣れてない人は字幕つけて観たほうが
意味がわかっていいと思う

にしても
湯を沸かすほど に出てた子役の子
演技上手だなぁー。
Ryou

Ryouの感想・評価

3.2
島の風景と音楽が心地良いし
静かに流れ出すエンドロールも良かった

伊東蒼ちゃん素晴らしい
安藤サクラ 山田真歩 渋川清彦 でんでん
良いキャスト揃えたなぁ
猫

猫の感想・評価

3.9
湯を沸かすほどの熱い愛に出てた子役の子にすっかり惚れて、安藤サクラとW主役してる映画があるなら見るしかないと思って見た

ほっこりほのぼのってかんじあり、じーーんときたり。伊藤蒼ちゃんたまらないす。
安藤サクラと渋川清彦とか。自然な演技させたらグッとくるコンビで沖縄のゆるさと哀しさがうまく醸し出されてた。
tomo

tomoの感想・評価

4.0
始まったときから
 あ、この感じ好き♥
て思いました(^^)

音楽好きにはいいと思う。
なんか、自分の吹奏楽時代を思い出した(笑)周りの音もっとちゃんと聞けば良かった(笑)

そして今も、周りの声聞かないとなぁ。
合わせらんない。
真奈美

真奈美の感想・評価

3.0
ジャンルバラバラな楽器たちのセッションが素敵な化学反応起こしてた。
りりか

りりかの感想・評価

5.0
沖縄の風景と音楽が心地よい映画。
安藤サクラさん、渋川清彦さんも素晴らしいけれど、伊東蒼ちゃん、そしておじいが本当にすばらしかったです。いつまでも心に残る作品。
みみん

みみんの感想・評価

3.1
伊東蒼ちゃん素晴らしかったです。
山崎裕さんが撮影されたので、
風景も子供達の表情も
生き生きとしていました。
>|