旅立ちの島唄 ~十五の春~の作品情報・感想・評価・動画配信

「旅立ちの島唄 ~十五の春~」に投稿された感想・評価

ゆうた

ゆうたの感想・評価

2.9
うちの地元どころか実家が撮影に使われてるだけあって贔屓目に見ちゃうかもだけど歳を重ねるごとに良いです。
絶海の孤島で暮らす人々にとって何よりも大切な「家族」が子供の進学を機に離ればなれにならざるをえない南大東島の現実に胸がつぶれる。15の春に凛として島を後にして“巣だって”いく娘の姿とそれを見送る父親の温かい眼差しが心を打つ秀作!
あだ

あだの感想・評価

4.0
主人公ゆうなの葛藤がとってもよくわかる良作。三吉さんの常に何かに悩みながら生活している感じがすごい上手だった。
特にこれといった面白味は無く。

ただ、沖縄の風景とか雰囲気が好きだからそれに対しての点数。僕と同じく、沖縄のあの感じが好きな人は観ても時間の無駄にはならないと思う。沖縄の歌(ラストではまるまる流れる)は凄く良かった。

ただ、沖縄無しだとそもそも成り立たないんじゃないか?
はる

はるの感想・評価

3.4
家族はさ 離れてるとしんどいよ

おとぅが家族を一人づつ送り出して
ひとりぼっちになって...

あばよ〜 あばよ〜ぃ
島の面影を心に染めて
たー

たーの感想・評価

3.9
南大東島へ島あっちいに行く前に鑑賞。大竹しのぶ、小林薫など大物俳優起用。主演女優も負けずに良い演技。アバヨーイ、BEGINの春にゴンドラなど良い音楽にも出会えた。
高校がない南大東島で、15歳の春に島を旅立つ少女の青春ドラマ。

寡黙で不器用だが温かく見守る父親、小林薫さんの演技が素晴らしい。
yama

yamaの感想・評価

3.3
しまうた

身近感が凄かった。
民謡グループ?の関係性も見たことあるなって感じで馴染みがある。

すっごくゆっくり静かに時が流れていく感じ。小林薫さんがやっぱり良かった。
結構家庭が不安定なんだけど、その中で思春期のゆなの表情が良かった。
あと、お姉ちゃんを迎えにきた旦那さんのところもよかった。
なにより最後の歌唱シーンが感動。
透き通ってて繊細な三吉ちゃんの声がとても素敵だった。
本当のお別れのシーンも良かった。

家族は離れてちゃダメだ。
離れてても心は繋がってるよ。

エンディングの曲も良かった。
高校進学のため南大東島からの旅立ちを控える優奈の物語。哀愁漂う父、島から離れて本島で暮らす母と兄、夫と上手くいかず島に戻ってきた姉など、島ならではの様々な事情もあるが、初恋のぎこちなさや繊細な心など、誰もが青春時代に味わったような感覚も詰め込まれている。
三吉彩花らの三味線の音色も心地よく耳に残るが、それよりも弾いている時の瞳が印象に残った。普通の15歳の少女がするような自然体な表情で新鮮。
ストーリー的には特筆して心に残るようなところはなかったが、島民全体で若者たちを送り出すところなど、島の暖かさは感じられる。沖縄を前面に出すというよりも、観る側も家族の一員となって島を旅立つような疑似体験のできるゆったりとしたドラマ。
ふるた

ふるたの感想・評価

1.9
主題歌(BEGIN)が好きだったので鑑賞

沖縄好きのみをターゲットにした青春映画

沖縄系の映画の中では完成度高いほうかと思う
>|