宇宙戦艦ヤマト 復活篇 ディレクターズカットの作品情報・感想・評価

宇宙戦艦ヤマト 復活篇 ディレクターズカット2011年製作の映画)

製作国:

上映時間:123分

ジャンル:

3.3

「宇宙戦艦ヤマト 復活篇 ディレクターズカット」に投稿された感想・評価

2013年12月18日
ファミリー劇場HDにて鑑賞。
宇宙戦艦ヤマト自沈から16年後。
地球に迫るカスケードブラックホールから人類を救う為の人類移民計画の護衛の為に復活した宇宙戦艦ヤマト。
貨物船艦長からヤマト艦長に抜擢された古代進は、立ちはだかる惑星連合と戦火を交えていく。
行方不明になった古代雪の扱いや地球がどうなったかが気になりすぎる。
続き見たいけど、難しいだろうなぁ。
後、劇場公開版との違いが気になる。
temmacho

temmachoの感想・評価

3.0
沖田艦長の復活で物議をかもした「完結編」の続編です。

90年代に企画されるも、大人の事情と都合で伸びに伸びたりの公開でした。

ストーリーはお馴染みのモノ。
安心して観てられます(笑)

じつは「復活編 I」で、全3部作だそうですが…
どうなったの?
nick

nickの感想・評価

-
2013/12/19
TBS

回想シーンは別人に… (汗)
敵の1人がどう見てもピエール瀧… (滝汗)
キャラクターデザインに大変違和感。インドのアニメを見ているようでした。戦闘シーンのCGも一世代前のレベルに感じた。ただ、子供達は喜んで見ていたので、純粋に「迫力あるSFアニメが見たい!」という人にはありかも。