宇宙戦艦ヤマト2199 第一章「遥かなる旅立ち」の作品情報・感想・評価

宇宙戦艦ヤマト2199 第一章「遥かなる旅立ち」2012年製作の映画)

製作国:

上映時間:50分

3.7

「宇宙戦艦ヤマト2199 第一章「遥かなる旅立ち」」に投稿された感想・評価

38年ぶりの完全リメイク新作テレビシリーズの劇場公開版。

第1章では1〜2話を収録。
ヤマトが飛び立つまでを描いている。


旧作の劇場シリーズを制覇してからのリメイク版を観たが、
お、お、お、おもしろい…!!


多くの突っ込みどころや、設定が甘い所など、細かいところを新しい設定や場面を追加して補っていて素晴らしい。
各キャラも現代風に少し変わっていて、古代進なんかは熱血系だったのが、今風のクールで無愛想な青年になっていて、小野Dの声も相まってめちゃかっこいい。

そうか、古代ってカッコ良かったのか…(今更…)。


これはサクサク見れて続きが楽しみだ。
明

明の感想・評価

3.3
ゴジラもスターウォーズもそうだけど、曲を聴くだけで最高のテンションになれる映像作品ってなかなかないと思う。
戦闘シーンかっこいいし、人物の描写も綺麗だし、見やすかった。
PIXY

PIXYの感想・評価

3.7
小さい頃はあまり好きではなかったヤマトを大人になってどう思うのか、知ってる話ではあるが大人目線で見れば映像も綺麗で見易かった、デスラー総統に期待したい。
Fisherman

Fishermanの感想・評価

3.4
ガミラスの流星爆弾によって汚染された水のない地球の地中からヤマトが発進するシーンが好き。
ささきいさおの歌もいい。

アメリカでヤマト初期のDVDセットを買ったら、ヤマトじゃなく、スターブレイザーという名前になってた。大戦への配慮だろうな。
ha7ta6

ha7ta6の感想・評価

4.0
BGMが昔のままで懐かしい。
ヤマトもデフォルメされておらずCGで描かれ格好良い。
女性キャラクターが今風でセクシー過ぎます。
藍沢

藍沢の感想・評価

4.0
リメイク版ということで、キャラデザも現代風にアレンジされていて、戦闘シーンの迫力もパワーアップしていたが、本質は変わっていないため、リメイクが成功している良い例だと思った。
第1章ということで、時間は映画にしては短いし、説明になってしまっているシーンが多いものの、ささきいさおの主題歌がそのまま流れただけで満足してしまった。
続きが楽しみである。
maco

macoの感想・評価

-
旅立ちまで。絵がきれいに整っていることで、なんとなく迫力が減ったように感じてしまう不思議。
とてもクオリティの高いアニメ
こんなに魅力的なストーリーだとは思わなかった
ワープの演出もワクワクさせられる

未来少年コナンを思い出した

OPとEDの曲も良い
すじこ

すじこの感想・評価

3.5
メカ的な部分はリアルな感じで良いと思ったけどキャラデザインが悪い意味で綺麗すぎると思いました
peplum

peplumの感想・評価

3.6
1話が駆け足。メ号作戦が駆け足。
テンポが良すぎてびっくりしたけど後々ここの貯金が効いてくることがわかる。
>|