プロジェクトA2/史上最大の標的の作品情報・感想・評価・動画配信

「プロジェクトA2/史上最大の標的」に投稿された感想・評価

evi

eviの感想・評価

4.1
プロジェクトAと比べると、アクションもストーリーも少し知的になっているような印象。

マギーの部屋に清朝の武官、革命員、司令官、護送中のドラゴン達が一気に訪ねてくるシーンは、シチュエーションコメディとジャッキーらしいスラップスティックコメディが上手く掛け合わされてめちゃくちゃ面白い。

その後、チン署長に護送されるドラゴン。
手錠で繋がれた二人が海賊に追われるというのも、アクションを盛り上げる為に挿入したシーンなんだろうなとは思うが、それでもやっぱり面白い。こうやって何か枷を加えて闘うのもジャッキーらしくて好き。

ジャッキー映画の中で一番好きな主題歌のプロジェクトA2のマーチを映画館で聴けたのが本当に嬉しかった。
nooo

noooの感想・評価

2.7
最新ターミネータープロジェクトAみたからかなんか話の壮大感が薄く感じた 
Kazuchan

Kazuchanの感想・評価

5.0
ドっキドキワっクワク…💓
1987年…まだおチビさんの時にテアトル岡山📽🎞にて鑑賞✨

大 興 奮 😤 

その後、TV📺レンタルビデオ、、決して多くないお小遣いでビデオテープ買って、TVの録画も保存して、DVD📀買って、BD📀まで買って、香港でも📀買って…何回見たのだろう…
そして、

33年も経って!再び‼️
映画館で観られるなんて思っていなかった❣️

僕は当時、従兄弟に連れてって貰ったのだけど、、従兄弟と同じ位の年頃や、もう少し上位のお兄さん達…
皆が、イイ歳に成っている😁☺️
そして、皆で集って‼️
… ナンテ幸せな空間なのだろう✨📽✨
そのまんま!タイムスリップ❗️じゃぁ〜ないか⁉️
改めて思う。

映画って 凄い✨🎞✨

でも、
驚くのはドリパス(初参戦❣️)企画の為か?
僕よりも若いお兄さんや、お姉さんも居る☺️😊
まぁ、兎に角!
始まって、「プロジェクトA」のテーマが流れて、ジャッキー 達水兵が行進し隊列を組む姿をバックにテロップ…

鳥肌が立つ✨

もぉ〜すんばらしい🤩✨
感動‼️感激‼️(ナンカ少し泣きそうになる😢✨)
大画面ならではの気づきも沢山‼️
オープニングの「プロジェクトA」のダイジェストシーン
チャリンコに乗ったジャッキー が、狭い路地の両方の壁に足を掛けて、チャリをお股から🚲バーンッ‼️と敵にぶつけるっ
その決めカットが…

吹き替え❗️(ジャッキー でない!)

わぉ!😲
今まで見落としていた‼️
お次は、舞踏会のシーンで生オーケストラ🎹
指揮者が一瞬だけ🎥を振り向く
ん…

マイケルライじゃん❣️
(殆どのジャッキー 映画サントラを担当なさっているお方❗️☺️)

スクリーンの大画面でないと気付けなかった発見が い〜っぱい‼️💕
次のは、大画面でなくとも気付く人は気付くのだろうけれど、

ジャッキー チェン=神様✨
な、僕はジャッキー ばかり!見ていて全く!気が付かなかった…余裕があるので気付けた事。
冒頭でジャッキーと愉快な仲間達が飲茶をしている。
そこにマギーチャン扮する花売り娘がやって来る。
みんな無視する。
でも可哀想と思い、ジャッキー だけ🌺買う。
周りもお付き合いで…
そんな中、タイポ(本年度の香港アカデミー賞最優秀主演男優賞受賞🎉神様電影の常連)が
「わぉ!かわい子ちゃん😍俺も買う〜💕」と鼻の下を伸ばす。

それを、じー っと、
😒冷めた目で見"続ける"下手のマース(JCスタントマンチーム🌟)

🤣🤣🤣👍🏻
ちゃんと!細かいところまで❣️
しっかりと!マースが芝居していた事に33年経って気がつく😁(大画面、凄い👍🏻📽✨)


私 自他共に認める スケベな功夫男😁
なので、今日もデートのコースに組み込んだわけです。
初めて!ジャッキー映画を観た❗️という人の感想も聞けて面白かった❗️
アクションがゴイスーな意見はトーゼンとして、
「話が複雑だった」
そう観終えた後🍚しながらの会話で気がつかされる💡

本当だ❗️
今作って物凄く!お話としてもしっかり!作られているんだ🤩

そして、今作の見せ場が複数ある事に
改めて!気付かされた…✨
思い出補正? 
なんだかその言葉ではしっくり来ないのだけど、パート2は劇場で子供の時に夢中で観た🤩📽✨🎞✨から思い入れが強くて、パート1より好きなんだと思っていた。
でも、それだけでなくて!作品の構成として僕はこのパート2の方が好きだったんだ❣️

オープニングの泥棒を捕まえるシークエンス🤩
警察署内での珍乱闘😁
凶悪犯逮捕劇(からの1🆚2のバトル)🤩
豪華な舞踏会(からの絵画🖼🤣)
マギーチャンの家での珍乱闘🤣
悪徳署長と手錠で襲われる🤩
ホンマモンのピンチ😱
エモい演説☺️
大興奮😤ラストバトルへ🤩🤣🤩🤣🤩☺️

見せ場だらけだ❣️
(そして見せ場を演りたくて、繋ぎでストーリーを錬っている事=脚本の作り方なんだ💡と改めて!自分の中で証明された😁)
自分と境遇が全く!違う人間からの
自分とは角度がまるで違うからこそ!の新鮮な意見を聞けたお陰で気が付けた💡

パート1は、ジャッキー 、サモハン、ユンピョウ の仲良しトリオの合わせ技‼️
もぉ純粋に!エンタテイメントとして楽しい😆
ジャッキーチェン監督🎥としても未だ発展途上の為(あぁコレはパート1のレビューに備忘録付けたので割愛😁)

パート2は、ジャッキーチェン監督🎥が進化している…
=アクションのカット割りが物凄く多い‼️
=危険なアクションと云う意味合いに於いては、パート1
=1カットで🎥引目で撮りっ放しだから😉
反対に今作は、
(失礼を承知で書きます🙇‍♀️備忘録です😁)
さほど危険な事はしていない。
やろうと思えば、やれる範疇のアクション
でも、

カット割りが天才的🤩✨

より!危険に!
より!スピーディーに!
見える🤩🤩🤩


映画は、映像作品である。

そのことをチェン監督が熟知している🙇‍♀️🙇‍♀️🙇‍♀️
カットの割り方が本当に!尋常でないっ
でも、それは楽をしている訳ではないっ

どうやったら⁉️
もっと❗️
もっと‼️
迫力が出るのだろう…⁉️

如何に効果的にするのか⁉️
その事をJCスタントマンチームの面々(マース達)と、延々と話し合い、トライ&エラーを繰り返し繰り返し、、その中で負傷し、それでも!納得いく絵が撮れるまで🎥何度も!何度も!!何度も!!!!!…気が遠くなるまで繰り返した賜物✨🎞✨
思い出した!
以前チェン監督は、こんな事を言っていた。


僕は、この編集作業が1番好き❣️
だって、撮った🎞が魔法のような動きになるんだもの😉👍🏻

と。
こーゆーことだったんだなぁぁぁぁ〜😌
そして、
このチェン監督の偉大な発明💡を後進が、まんまパクっている。。
こんな労力も熱意も込めているわけがないコピーキャットなんだから、誰も❗️超えられるわけがないよな〜😁
そう改めて思わされた☺️

熱量 

そういう事を改めて感じる。
ジャッキー が以前言っていた。


危険な大掛かりなスタントよりも、
意外と簡単そうなアクションで怪我をするんだ。

先程、パート1に比べてアクションの危険度は…なぁ〜んて!クソ生意気な事を綴ったのだけど、僕は今作の方がある意味大変だったのではないか?そう考えている。
=繰り返し繰り返し繰り返し…🎥

兎に角!チェン監督って、粘着質らしい😅😁
何度も何度も何度も何度でも…🎥
そんな中、不眠不休でそんな事をしていると時に

事故る

例えば、料理で指の先を切った🔪
それだけでも痛いじゃ〜ないですか?
それが無数に増えて行く…それでも繰り返し繰り返し繰り返し…


全ては、お客さんを喜ばせたいから❣️

こんなお馬鹿な熱意を持ったエンターテイナーが他に🌏何処に居るのだろう?
僕は、そんな事をあらためて!思いながら夢中でスクリーンを眺めていた🤩📽✨

日本やアメリカのアクションと、
いや、他の香港映画でもいいや🎵
この人の映画が違うのは、

当てている👊🏻

南朝鮮の映画のように、ただ闇雲に乱暴!
ではない😁(それはそれでリスペクト✨)
でも、
当たって大怪我にならない部位
その方が【効果的】ならば!
当てる!
だから、 痛い!
=圧倒的な迫力が伝わって来る。。


そこまでしなくてもいーじゃん😅😁

そう思える事も
【効果的】ならば!…

唐辛子🌶だって、口に頬張る‼️😁

本当に!本当に!

大馬鹿なんじゃ〜ないか⁉️🤣😆
と、
思えて来る😊
そして、
この人が僕の神様に成ったのは何故なのか?
今作を改めて観直して、再実感した。
こんな(エモい)シーンがある。


清国を倒すべく!革命家達が香港に潜伏している。
主人公は、巻き込まれて命を落としそうにまでなる。
自分達の責任だから、革命家は主人公を助ける。
そして、自分達の仲間にならないか?
と、誘いかける。
でも、乗り気でない主人公。犠牲が出るのは嫌なんだ的な事を言う。
革命家は答える。だって、革命の為だから!多少の犠牲はやむを得ない。
それに対して主人公は答える。


君たちがやっている事は立派だと思う。
でも、その
「革命の為なら多少の犠牲はやむを得ない」
=目的の為なら手段を選ばない。
それが納得いかないんだ。
僕は、警官だ。
どんな命も大切にしたいんだ。


そう答える主人公に革命家は言い返す。
この英国に統制された香港で真っ当な警官は虐げられるだけ。
主人公は答える。

だったら、そんな奴はぶッ飛ばすよ!





コレ




あんまり自慢出来る事は僕の人生に無いんだけれど😁😅コレは自慢


ジャッキーチェンを浮気した事は
この30数余年、1度たりとも ないっ


子供の時に今作を観た。
子供の時の僕は共感した。
だから、、そんのまんま!オトナに成ってしまった😁😅
今でも、自分の行動の基本指針は主人公の教えてくれた言葉そのまんまだ…😁😅


エンドロールのNG集が終わり、
場内が明るくなる直前に、どこからともなく…
そして、満場一致❗️の👏🏻👏🏻👏🏻

あぁぁぁぁ✨☺️✨
やっぱり!映画って、映画館で観る為に作られてあるんだよなぁぁぁぁぁ😌😌😌
映画って、本当に!本当に!素晴らしい🤩✨🎞✨



スクリーン10
全72席💺(半分潰した上での)


✨ 満 席 💺💺💺💺💺✨



あぁ未だ追記

クライマックスで、攻撃をかわされるというアクション設計の元、ジャッキー が後面脚を全身で振り切る!
でも、そんな速くない(見える😁)

反対に李小龍は 見えない😱
(「ドラゴン危機一髪」のラストバトル)

でも、
僕は、だからこそ!ジャッキーチェンが神様✨と思えた☺️




= 功夫で李小龍には敵わない‼️

じゃぁ どうする?

ナニで僕は1番に成れるンだろう⁉️

成りたい❗️



こうして、誰にも真似が出来ない!
 ジャッキー チェン 
というStyleを世に送り出した。
いいや、送り出し続けている。

こんなクレージーな人は、この人しか居ない!


決めたんだ。
だから、やるんだ❗️(とことん)

そんな神様の 決意 覚悟 

そんなモノが本作から改めて感じた気がしている✨😊✨
名作プロジェクトAの続編で今作もジャッキー・チェンが主演・監督・脚本・武術指導・主題歌歌唱を務めています。ストーリーは悪徳警察署長と革命派の抗争に前作で沿岸警備隊に倒された海賊の残党が乱入、三者が混沌を極める中、ドラゴン(ジャッキー)も戦いに巻き込まれてしまうアクションストーリー。今作は映画単体で見ると、めちゃくちゃ面白い傑作な訳ですけど、「プロジェクトA」の続編だという事を加味すると微妙な気持ちになります。
サモ・ハン・キンポーとユン・ピョウが未参加なのは色々と事情があったのでしょうがないと思っています。
個人的に気になったのが話はシリアスに進めすぎたところです。プロジェクトAが常時楽しさを重視した傑作に仕上がっていたのでプロジェクトAの続編となると、どうしてもそのノリを期待してしまうんですよね。
色々と不満が残りますが、「一つのジャッキー映画」として見ればめちゃくちゃ面白い作品ですので一見の価値があると思います。
はるか

はるかの感想・評価

3.8
ちょっと久しぶりのジャッキーチェン(^^)
コミカルなアクションが良かった(^^)
唐辛子の技すごかった!
女の人のアクションもよかった!
サモハンいなかった〜。
マギー.チャン好き。

まさかリッキー.ホイまで出てくるとは思わなんだ。

いつ見てもこの時代のジャッキーは最高です。

これにサモハン、ユンピョウが出てきてたら4点台だったなぁ。
一

一の感想・評価

-
前作の人と流れるアクションというよりセットと組み合わせたスタントが何回も出てくる印象(アイディア詰め込まれすぎすご)

絵画に紛れ込む成龍
躍りながら色々話す
家のシチュエーション
回る籠

ただただ生身のスタントに興奮
purply

purplyの感想・評価

3.7
話はごちゃごちゃで、香港っぽいですが、アクションは良いです‼️
ジャッキー・チェンの良いところが満載ですね。

このレビューはネタバレを含みます

https://umemomoliwu.com/project-a-part-2
パート1より見応えがあった。登場人物多くて、わけわかんないくらいがちょうどいい。生身スタントはほんとやばい。エンドロールはジャッキーチャンに見えた。
>|