ポリス・ストーリー 香港国際警察の作品情報・感想・評価

ポリス・ストーリー 香港国際警察1985年製作の映画)

警察故事

製作国:

上映時間:106分

ジャンル:

3.8

「ポリス・ストーリー 香港国際警察」に投稿された感想・評価

みらい

みらいの感想・評価

4.4
個人的にジャッキーチェンアクションの中で1番好きです。本当に同じ人間なのかと疑うレベルでキレッキレの動き。ストーリー?こまけぇことはいいんだよ!とにかくアドレナリンを放出したい時にオススメです。
いず

いずの感想・評価

4.0
安心して見られる娯楽映画
ジャッキー・チェンの映画は大好き

恋人のメイちゃんはあんなに酷い目にあっているのにケビンを「気をつけてね」と見送る。最高の恋人ですね。

ジャッキーの映画は内容がわかりやすくて、純粋にアクションを楽しめるのも大好き。
こんなにも女優さんに容赦のない映画も珍しいですよね。

エンディングのNGシーンも楽しめました。
真似したら怪我するよっ!
レンタルして鑑賞

アクションシーンも序盤から全開で、所々笑えたりしてすごい面白かったです。

ラストのあのシーンにはド肝を抜かれました。

ジャッキーの凄さが詰まっていると思います。
こんなに面白いとは思わなかった。カンフーなめてました。
最初からジャッキー攻めてるし、ラストのカンフー最高だし、ジャッキーも悪役もガラスバリバリ感半端ない。シャンデリアのシーンも最高。
エンドロールはジャッキーだし、曲も頭から離れない。
たくや

たくやの感想・評価

4.3
オープニングからジャッキーアクション全開。警察官ということで最初は拳銃を使うシーンもありスリリング。山から下に降りてくるバスを捕まえるのに村の民家を突っ込んで行くシーンは往年の西部警察を彷彿とさせる。アクションからのジャッキーコメディが面白い。全てが真剣なのでコメディでも妥協しない感じ。
麻薬一味被告裁判のやり取りが面白かった。そのあとのの警察署内の電話取り次ぎのシーンも面白かった。
最後の麻薬一味との復讐劇は凄い。百貨店内での格闘はこれ以上ないアクションシーンであり何回でも見る価値あり。
lag

lagの感想・評価

3.8
ジャッキーテイストの事件は現場で起きてるんだ俺が裁いてやる物語、まあ話よりもアクションだけれど。アホみたいにガラスを割る。傘と電話と電飾。ばかっこいい。エンドロールにメイキング。
80年代の終わり頃に米国映画関係者が香港で
『ポリス・ストーリー』と『プロジェクトA』を観て驚いた《こ こいつは…凄すぎる‼️》

その後アメリカの映画祭で上映が決定☆彡
そして…今度は、アメリカ中が驚いた。
《き きちがいだ💥…スタントが凄すぎる‼︎》

ジャッキーはこの映画で ハリウッドに対し
(これがジャッキー・チェンの映画だ‼️)
と戦線布告したようなモン★彡

その熱意が、常人ではまず考えつかない…
超人アクション連発のとんでもない映画を連発させていったのだろう。
それにどう見ても一歩間違えりゃ確実に死にます😅

『プロジェクトA』と『ポリス・ストーリー』は、
日本で最も支持されるジャッキー映画でしょう。
それがほとんど同時期に登場した“奇跡”❗️
80年代が全盛期であったと思うけど、
この両作品こそが、その中でも頂点に位置する映画だと僕は思います ☆彡

あの当時、日本でジャッキー映画を観たことのない人は沢山いたと思うけど…、
《ジャッキー・チェン》と言う名前を知らない人は
ほとんど皆無だったと思う🎉

『太陽にほえろ』でも『西部警察』でも無く
『ポリス・ストーリー』を観て刑事に憧れた、
エネルギッシュな若者は、たくさんいるはずだ…💫

純粋な“刑事物”としても最高の出来 (^_−)−☆
《本物》のアクション映画がここにある 💯
アクションキレキレ
面白いんだけど、ちょっと脚本色々詰め込みすぎかな
YOPI

YOPIの感想・評価

5.0
オープニングからクオリティの高いアクションシーンばかり!

ヒロイン役とのコメディーシーンもあります。

ラスト30分はあっという間に、感じるほど爽快なシーンばかりでした。

アクションシーンが凄かっただけにエンドロールのNGシーン集もクオリティが凄かった。

ジャッキーの出演作では一番好きなタイトルなので、MAX評価です。
李仁古

李仁古の感想・評価

5.0
個人的にジャッキー・チェン主演作では一番好きな作品です。この映画の中に彼の良さがたっぷり詰まっている。のちに「バッドボーイズ2バッド」、「七人のマッハ!」にも影響を与えたスラム街を車で突き抜けていくアクション。「無問題2」や内村光良さんもやった2階建てバスを使ったアクション。ラストは文字通り体を張ったショッピングモールでの乱闘戦。

見応えのあるアクションが満載ですが、ジャッキー・チェン演じるケビンの役柄もコミカルではありますが熱い心を持った男です。署長に想いをぶつけるシーンは働く者が一度は思った事を代弁している感じで非常に力が入っています。

ジャッキー・チェンの映画を見た事がない方にはこの作品から入るのも良いと思います。
>|