ミラクル/奇蹟の作品情報・感想・評価・動画配信

「ミラクル/奇蹟」に投稿された感想・評価

犬

犬の感想・評価

3.4
バラ

1930年代の香港を舞台に、ひょんなことから暗黒街の顔役になってしまった男の活躍を描くアクションコメディ



そっちの人たち
それぞれのドラマ
家族の話もあり

笑い
アクションもなかなか

ロマンスの感じも少し

雰囲気ありました
当時の霊幻道士、ジャッキー映画の面々が勢揃い!なけなしの全財産を失い、最後の小銭でバラを買ったジャッキーに様々な奇跡が起こる!縄工場でのジャッキーの立ち回りは芸術っスよ〜!体術で勝てなそうな複数人相手に周辺ギミックを応用して倒すのがジャッキーらしい。心温まるコメディ笑
tarosan

tarosanの感想・評価

3.5
なけなしの金で幸運を呼ぶバラを買い、幸運が訪れる話。途中から劇団みたいなことしてる。

面白凄アクション。
霖雨

霖雨の感想・評価

3.3
中だるみしてしまう

縄跳びが見せ場。たぶん

結局、成龍作品はエンドロールのNG集が一番面白い

巨大セットを作って撮影したというからすごい
ヤクザの恩返し。

貧乏のおばちゃんを金持ちに仕立て上げるために奔走するジャッキー。
中盤完全に忘れさられてた敵対組織 可哀想に...。
アニタ ムイが大好きでした。
彼女が唄うと空気が変わるように思う。
ストーリー重視さはあるけど、好きです。
ヒゲの○○が船で最後に手を振るシーン好き
XXXXX

XXXXXの感想・評価

5.0
ジャッキー・チェン伝説の最高傑作!!
監督・主演はもちろんジャッキー・チェン!
共演はアニタ・ムイ、タン・ピョウ、ウー・マなど香港オールスターキャスト!
骨折リハビリ映画鑑賞として、今作を選びました。3回目のレビューです(しつこくてごめんなさい←

1930年、中国大陸から香港へと出稼ぎにやってきたコオ。香港に着くや否や詐欺師に全財産を盗まれ、途方に暮れていたコオ。
しかし、バラ売りおばさんから幸運のバラを貰った途端、香港黒社会の抗争に出会し、香港黒社会のボスになる羽目に...。

正義の人、ジャッキーがマフィアのボスって言う異色の作品だけど、ジャッキー自身も、一番気に入っていると言う今作。アクションは控えめだけど、フランク・キャプラの「ポケット一杯の幸福」のリメイクなだけあり、ストーリーテリングが非常に素晴らしい。

40歳の若さで亡くなった、香港の歌姫アニタ・ムイのパフォーマンスは素晴らしく、彼女の代表作と言ってもいい演技。
父親の借金を返す為に、クラブの歌手となっていく過程と、フレッド・アステアの映画を彷彿させるミュージカルシーンは素晴らしく、カット割りやカメラワークなどもハリウッド黄金期の名作に匹敵すると言ってもいいかも(言い過ぎ

ジャッキー自身はカンフーはできるけど、暴力や犯罪は嫌いなヤクザのボスと言うトリッキーな役柄。笑
自分に幸運を与えてくれたバラ夫人の為に、大富豪に仕立てあげると言うシチュエーションコメディや、娘に無償の愛を注ぐバラ夫人が、母親としての愛を見せる展開は、ジャッキー映画としては、あまりにも異色なヒューマンドラマとしてのエッセンスも!

もちろん、ジャッキーアクションも健在で、市場での人力車を使ったアクションシーンや、ロープ工場でのサイレント映画を思わせるロープアクションなど、ジャッキーファンには嬉しいサービスが満点!
工場での、突如始まる縄跳び大会はこれぞジャッキーのギャグセンス!笑
NG集ではジャッキーが、目から大出血してしまう衝撃的なNGまで!

脇役達もいい味出しており、ウー・マやリチャード・ン、タン・ピョウのおとぼけオヤジ3人組は、本来ならオスカーを受賞してもいいくらいの名演技!(盛りすぎました
ラストはとても感動的で、ジャッキーの涙も爽やかだし、いつまでも胸に残る作品。

1930年代が舞台と言うことで、香港映画には例が無い程の巨費を投じた作品で、豪華なセットや衣装、クラシックカー、美術など全部美術館に保存しておきたい位!撮影準備から完成まで何と1年半も掛かったと言う気合の入れよう!

天安門事件で揺れに揺れた1989年香港。1980年代香港映画黄金時代を、締めくくった今作と、香港映画新時代を宣言した、チョウ・ユンファ主演の「ゴッド・ギャンブラー」が同じ年に公開されたのが、非常に興味深いです。しかし、香港での興行収入は僅差で「ゴッド・ギャンブラー」に負けてしまい、日本では、この頃からジャッキー離れが起きてしまいあまりヒットせず...。ジャッキーは開放感を求めて「プロジェクト・イーグル」の製作に着手します。

今作、登場人物に悪役がおらず、皆んないい人と言うのも嬉しい。コロナ禍でギスギスした現在、僕らが忘れてしまったモノはこの作品の中にあります。
公開当時小学生でしたが、劇場で公開初日に見に行ったのもいい思い出だし、その時の歓声と拍手は一生忘れられない思い出です。僕にとってはオールタイムマイベストと言ってもいい作品で、恐らく500回は鑑賞しています(実話

小・中と激しいいじめに遭っていた僕は、本当に今作に救われました。ロスジェネ世代ならではの、度重なる転職や職場でのパワハラなど、心身共にズタボロになった時代もありましたが、本当にジャッキー映画に救われてました。もし、ジャッキー映画と出会わなかったら、間違いなく僕はもうこの世にはいなかったと思います。僕にとってジャッキーは...、憧れの人であり命の恩人です。

人間を救うのは、笑顔と優しさ、思いやりです。
見終わった後「ポケット一杯の笑顔」になる事を必ずお約束します!
収まりそうにないコロナ禍や、人気スターの相次ぐ訃報など、胸が張り裂けそうな今だからこそ、噛みしめたい一作です!
三谷版ジャッキー
ジャッキーが1番好きなジャッキー映画
ジャッキーの好きが詰まった、上質のコメディ
本当はジャッキー、こういうことがやりたかったのか!
ジャッキー映画で1番好きかも
アル

アルの感想・評価

3.5
フランク・キャプラのリメイク
という事を知らずに観たからあまりに内容似てて最初パクリかと思ったわ

ストーリーもおもしろいし工場でのアクションも最高
>|