母たちの作品情報・感想・評価

母たち1967年製作の映画)

製作国:

上映時間:37分

3.5

「母たち」に投稿された感想・評価

寺山修司の詩がまた良かった。盛り上がり、一度は映像にその熱を譲って、ふたたび帰ってくる感じ。
Mitsunoir

Mitsunoirの感想・評価

3.9
冒頭の無調音楽がうおおおと緊張感を与えてくれる、ここからどうなるのかと、次のカットは何が来るのかと。次第にナレーションが入って母親の姿が断片的に、パズルのピースを組み合わせていくように、調和が、母親という存在がなす一つの円環が表現されている。
菩薩

菩薩の感想・評価

3.5
詩・寺山修司、音楽・湯浅譲治、語り・岸田今日子、とこの時点で既に満足な気がする。アメリカ、フランス、ベトナム、アフリカの母達の姿、母の姿を通して世相を斬り社会の状況を切り取る。享楽に耽る母がいる反面、我が子の亡骸を抱きながら咽び泣く母がおり、平穏と安定を享受する母がいる反面、混迷の中でも逞しい生命力に満ち満ちた母がいる。母が子を育て、そして世界は構成されていく、この世界を回しているのは母のその手の力強さだと思う。

松本俊夫らしさはあんまし無いけど、これは敢えて狙ってるらしいから◯。
yoeco

yoecoの感想・評価

3.0
アメリカ、フランス、ベトナム、アフリカの母たち。切りとられた日常に寺山修司の詩がのる。
ベトナムの映し方で時代を感じた。

66