赤線最後の日 昭和33年3月31日の作品情報・感想・評価

赤線最後の日 昭和33年3月31日1974年製作の映画)

製作国:

上映時間:64分

3.5

「赤線最後の日 昭和33年3月31日」に投稿された感想・評価

まずまずか.....何処に焦点を置きたいのかいまいち分からず。
白鳥信一らしい生真面目なドキュメンタリー風タッチで赤線最後の日の群像劇を描く。しかしとても胡散臭い。まあいい加減なのだが、ただし振り切れた時の白鳥信一は凄い。いきなり賃金システムを図式化したり、唐突な歌の歌詞と物語があまりにベタにシンクロしたり、唖然とする。芹明香はなんというか自由奔放であっけからん。抱かれながら歌う「星の流れに」が印象的。それにしても明香はよく歌う。陽の明香と陰の順子。宮下順子は対称的に陰のわななき顔だ。中島葵は大姐御の存在感。ビデオ上映。
売春防止法の施行を目前に控えている娼婦たちが、様々な思惑を抱えている客人たちとの最後の交歓に興じていく。かつて新宿二丁目に存在していた赤線地帯を舞台にして、売春防止法が敷かれる直前の群像劇を描いているロマンポルノ。

様々な境遇にいる4人の娼婦が主人公だが、宮下順子と芹明香のふたりが大きくフィーチャーされている。前者は情夫を待ちわびながら唯々諾々と従事する娼婦、後者は金稼ぎのために粉骨砕身する娼婦。

とりわけ、芹明香が口八丁手八丁で客人を廻していくのがとても面白い。彼女の言動は、売春業が無くなると同時に、自分の価値がゼロになってしまうことに対する、恐怖心の反動とも捉えることができる。そんな、戦々恐々とした深層心理を推し量りながらの鑑賞が楽しい。

売春街に出入りする客人たちの有象無象と、逼迫した娼婦たちの悲喜が情緒たっぷりに描写されている。本編中に註釈が挿入されることもあり、売春防止法を学ぶための教材としても最適な作品とすることができる。
buccimane

buccimaneの感想・評価

3.0
蛍の光が流れたのは史実なのかな。
ウェット宮下さんとドライ芹さん。
芹さんのピアスかっこよかった。