暗闇から手をのばせの作品情報・感想・評価・動画配信

「暗闇から手をのばせ」に投稿された感想・評価

銀幕短評(#587)

「暗闇から手をのばせ」
2013年、日本。1時間8分。

総合評価 77点。

意味深なタイトルですが、とてもうまくできたドラマです。みじかい尺ながら、みごとにメッセージを伝えている。なかなか こうはできませんね。

身体障害者専門のデリヘルサービス。障害者のおとこたちに、店長がクルマでヘルス嬢(ホンバン厳禁)を送り届け 性行為を提供する、ささやかでニッチなビジネス。この町の市場は大きいが、買い手は まだまだすくない。

「タイトル、拒絶」9点 が、風俗に名を借りて つまらない会話劇に終始したのに対して、この映画はとてもバランスがいい、心理描写も、性描写(過剰ではない)もしっかりしています。 一流、とはいかないまでも いい役者さんをそろえて、いい芝居を引き出している。見ごたえがありますよ。

ただし、性描写の迫真性は、前回の「猿楽町で会いましょう」68点 の石川瑠華さんのセックスシーンが上だなあ。しろうと目からしても。ちょっとどっきりしたなあ、あれは。
ぽん

ぽんの感想・評価

-
障碍者専用デリヘルのお話、問題提起はいいとして少しいい話すぎるね、主人公の女性がいい人すぎて違和感あり
ホーキング青山さんのうざくてすけべで明るい役よかった
いち麦

いち麦の感想・評価

4.0
進行性筋ジスや先天性多発性関節拘縮症、脊髄損傷…身体障害者専門のデリヘル孃の性売るお仕事ぶりを描く掴みは興味津々。その分、障害者との肌の触れ合う関係を通して彼女が変容していく後半はベタでも説得力があった。
サオリの変容にはケンジとの関わり大と伺わせるが、ホーキング青山演じるナカジマの影響も重要。ポジティブでスケベな彼には思わず吹いた。重いテーマなのに不思議と後味が軽やかなのは彼の屈託のなさも大きい。
あるトークセッションでホワイトハンズ代表の坂爪さんが仰っていた、「(障害者の性を)タブーであってほしいと思っている人がたくさんいる」という言葉に強く共感した。もちろんこの映画のテーマは社会に対する大きな問題提起を孕んでいるが、あくまでもこれはフィクションであり、人々に現場へ目を向けさせる一契機でしかない。観た後でいかにより低次の情報へ耳を傾けていくか、ということを強く感じさせられる。
ATSUSHI

ATSUSHIの感想・評価

3.2
障害者専門のデリヘル嬢の話。
切り口が新しいのと同時に、なんとなく腑に落ちる。五体不満足かかわらず性欲を肯定してくれてるというか

辛いコメントから入るが、自主映画に付き物な突飛さが難点。ヒロインの行動も一部やりすぎで疑問なのも含めて。
タイトルの指す<暗闇>も障害者の方々、ヒロインの抱えるものによりクローズアップできればラストの感動もより大きかったのではと。

『リバースエッジ 大川端探偵社』のメグミちゃんでお馴染み、小泉麻耶さんの情を捨てきれない風俗嬢というのが可愛げがあって、まさしくこの人にしか出来ない役ではあった。
また大根仁さんとのタッグお願いしたいです。
倫理
視覚障害者の為の音声解説付きで

主人公は、障害者対象のデリ嬢
彼女を通して、障害のある方の真の思いを描き出す

社会問題を一風変わった視点から風刺し、新鮮
様々な疑問や問題を投げ掛けてくる

全体的に演技力が低かったのは残念なところ
音楽もマッチしてなかった
Benito

Benitoの感想・評価

3.3
【 リアルでもファンタジーでもあり、絶望と希望の物語でもある 】

津田寛治扮する店長が、'在宅(身体)障害者348万' と言う台詞があるが、製作から7年経過した今時点では400万を超えているようだ。。

予告編は行定秀夫で、脇を津田寛治、モロ師岡が固め、監督は多才なテレビディレクターの戸田幸宏。彼の強い思いは伝わる。
身体障害者専門のデリヘル嬢とそのお客の交流を通して浮き彫りになっていく「普通とは?」「幸せとは?」「生きる意味とは?」という普遍的なテーマ。インディー作品故の稚拙な語り口や演出が気にはなるが、それ以上に確かに心に刺さるものがある力作。クライマックスに非常に映画的なカットがあるがそれが予告編で使われているのは少し惜しいなという感じ。主題歌の転校生「爆音のヘッドフォン」は名曲。
ソウルは伝わった。
REACH OUT OF THE DARKNESS。

夢を見る力なくしていたんだろう? それでも誰か信じたかったんだろう?
大空へ帰そう にぎわう暗闇から涙を拾って Hey Hey Hey…
(暗闇から手を伸ばせ/小沢健二)
小泉さんの文字通り身体を張った熱演のお陰で最後まで観てしまったが、途中で車椅子で海まで乗せてくれるトラックをヒッチハイクするという無理ゲーがあっさりクリアできた時点でリアリティが一気に失われた。電車で行こうよ。
荷台からの夜景を撮りたい監督の意図が見え見えで冷めてしまった。
>|

あなたにおすすめの記事