ロストパラダイス・イン・トーキョーの作品情報・感想・評価・動画配信

「ロストパラダイス・イン・トーキョー」に投稿された感想・評価

abenatsumi

abenatsumiの感想・評価

4.0
空き地で3人で踊ってるとこ良すぎ
ドラえもんのEDかと思った
なんか知らんけどオープニングから引き込まれた。あの女性が食べたり話したり踊ったりするのがなんか好きだった。
さしみ

さしみの感想・評価

2.6
障害者の兄と、弟と、アイドル兼デリヘルの話。兄も生きてた(広い世界で生きていきたいね…)
両親を亡くし、知的障害者である兄と2人暮らしの不動産営業マン幹夫は、自分の性欲を処理できない兄のためにデリヘル嬢を呼ぶ…。社会の片隅で今を必死に生きる3人の男女を描く。白石和彌監督デビュー作。
"幸せ"の概念は人それぞれだが、それを結びつけるのが絆なのか。
地下アイドル・ファラ(Fala)=デリヘル嬢マリン=OLの西村さん。性欲処理は"作業"。発禁ドキュメンタリー映画『引きこもりの末路』。落書き癖。デリヘル"ラバーズ・エクスプレス"。玄関の南京錠。マンション販売・東西住販。映像制作会社ドキュメンタリービジョン。紐で結んだカメ。小笠原諸島沖の謎のボート男。♪仔猫は好きですか あなたのことが好きな仔猫。「私のアイランドに連れてってあげる」
8時だJ

8時だJの感想・評価

3.5
どうしようもない現実と閉塞感
求めたアイランドは失って初めてそこにあった事に気付く
船を漕ぐ兄、ハッピーエンドではないが前向きな終わり方で◎
あ

あの感想・評価

2.2

このレビューはネタバレを含みます

知的障害の兄を持つ弟とデリヘルアイドルが出会ってお互い足りないものを補って、アイランドを望む
兄自身もうまく伝えられなくて閉じ込められてもがいて苦しんでるし、
弟も兄を恥ずかしく思ってるけど兄の幸せを考えて、パワハラ受けても耐えてどうしたらいいのかわからないし
マリンも会社をやめてアイドルをしながら夢のためのお金を稼ぐためにデリヘルをしてる

誰もが1人では生きていけないんだなぁって。
兄をアイランドに連れて行くことは、社会から孤立させる事に気付くマリンや
アイランドを目指して船を漕ぎ続ける兄
亀の姿が、縛られていたものからマリンと出会ってカラフルに色付いていく兄の変化を現してた🐢
tunatuna69

tunatuna69の感想・評価

3.4
白石監督の長編デビュー作。

不動産営業の弟
知的障害の兄
デリヘルの女

デビュー作からテーマがエグい。
無名の俳優3人がいい味。
奥田瑛二がちょい役で締める。
YutaSaito

YutaSaitoの感想・評価

3.0
出てくる人みんなどん底スタートでも連帯することで希望が見えてくる爽やかな話だった。
人の家に上がる時は気安く裸足にならないようにしましょう。
mylife

mylifeの感想・評価

3.4
白石和彌監督の長編デビュー作品を初鑑賞してみた。主演には小林且弥と内田慈。ほとんど名前も知らない俳優が多いが奥田瑛二も出演している。

物語的には白石監督らしく一般的な普通のヒューマンドラマでは無い。キーワードは地下アイドル、風俗嬢、知的障害者の兄…そして、アイランドかな。

とりあえず、デビュー作から普通の心温まるような作品を描く様子が全く無いのにも逆に新鮮で良いのよね。

とは言え余りココロに響くと言う程のものでもなく他の白石監督を知っているだけに物足りなさも少なからずある感じ。

ともかく、主演二人の演技が良くて…魅せられた感じでもあった。とある状況下で、もがいているような印象が強い本作。白石監督にしか描けない世界観を貫いて欲しいとも思う今日この頃。
まつ

まつの感想・評価

3.5
白石監督やはり一流
アイランドってマイケル・ベイの映画からかなやはり。
>|

あなたにおすすめの記事