かずらの作品情報・感想・評価

「かずら」に投稿された感想・評価

意外とめっちゃ面白い!ばか!

さまぁ〜ずファンでなければそこまで期待して観ないと思うのですが、それが功を奏して楽しめる作品w

私はさまぁ〜ず好きだけど、特に見る予定がなかった。というのも、レイトショーでしか上映してなかったから。でも、普段あまりやりとりのなかった友人が久しぶりにメールで「これ楽しいから見て!」とわざわざ連絡がきたので、今は無き渋谷パルコ上の階あった頃のシネクイントで鑑賞。

うん、楽しかった。ばかな内容だったw

その友人には感謝しなきゃな
あまり期待せずにみたものの、面白かった。まあオチは最初から分かっていたハッピーエンドではあるが、小ネタが結構楽しかったのでよしとする。とはいえ、この映画を薄毛に悩む男性に勧めるか否かは相手のキャラを見極めたほうが良さそう。
かつら付けてる方が好きって素直にいえる女性になりたい。わたしは増毛のCMとか斉藤さんが気まずい。
Ridenori

Ridenoriの感想・評価

2.6
さまぁ~ず主演のユル笑ムービー
二人の雰囲気をそのまんま映画に持ち込んだ感じ。

観て1週間はやたら頭皮に意識がいってしまう…
Pudding

Puddingの感想・評価

3.0
「地毛を捨てるか」
「彼女を捨てるか」
の究極の選択に笑った。

毛量が少ない人を見ると、「ええっ!?」と二度見してしまうのは気持ちはとてもわかる。


今回この映画を通じて、日常的にお目にかかる残念な頭の方、明らかにハゲているのに何も処理しない人の思考、些細な疑問がココで解決したのでスッキリした。

カツラを付ける=周囲に悟られない為に使うエネルギーが半端ない。思っていた以上にストレス負荷がかかる。

であるなら、
禿げ散らかした状態だろうが、堂々としていた方が精神的にも経済的にも無難という考えも、確かに一理ある。なるほど
友達におススメされたので鑑賞。
実家の男衆がカツラ被って彼女を出迎え、家の中では妹が遺影に髪を書き足しているシーン、かなり笑いました。
力の抜ける映画。
NAO

NAOの感想・評価

3.6
2017.12.29 on hulu
-----------------------------------
倍速で見ると面白さも倍増
-----------------------------------
あれ、評価に反して、、
(自分はハゲてないけど...)ハゲあるあるが本編、差し込みに散りばめられててかなり面白い、ちなみに特段さまぁ〜ずファンではありません。幅広い俳優陣も魅力、でも一番のツボはやっぱり大竹。てか脚本 福田監督なの、昨今の作品よりもギャグのテンポがいいんだけど。。

個人的にはコギャルなともちんが◎

追記 : 1.5倍視聴推奨、再度通常スピードで観たらいつもの福田監督の間だった。。
odasu

odasuの感想・評価

3.0
特別面白いわけじゃないけど、つまらなくはない。三村の演技力笑。たまに棒読みなのにたまにリアル。普段っぽさを出す演技なのか??
最後駅まで走るシーンは歌とマッチしててドキドキした!!

このレビューはネタバレを含みます


 薄毛に悩んでるサラリーマンがかつらの安いお店を見つけて、その店主のアドバイスを受けながら同僚のヒロインといい感じになっていく話。

 三村マサカズさんのたどたどしいお芝居と大竹一樹さんのひょうひょうとしたお芝居がコントになっていなくて、ちゃんと笑えるコメディ映画になっているのが凄いです。ハゲてるから恋に一歩踏み出せない様子を見せていきますが、合間合間にさまぁ~ずさんらしいワールドの世界になっているという。
 途中で助けに来る大竹さんはコントで見せる大竹さんなので、2人のやりとりになると2人とも活き活きとなっているのはご愛嬌なのでしょうが笑えるのでよかったです。かつらの主人公に対して、「この人かつらだから」とみんなに言いふらしちゃうくだりとか個人的にはツボでした。

 カツラがバレるかバレないかサスペンスで引っ張って、ずっと本人はコンプレックスで悩んでいたけど。肝心のヒロインはそんなこと何とも思っていないというのも、コンプレックスってそんなものだよね。と本人には真剣な悩みでも他人からしたらそんなことはどうでもいいんだと改めて教えてくれる映画でした。
☆☆☆★★

2010年4月14日 ヒューマントラストシネマ渋谷/シアター3
>|