悪魔が来りて笛を吹くの作品情報・感想・評価

「悪魔が来りて笛を吹く」に投稿された感想・評価

kazu1961

kazu1961の感想・評価

3.2
▪️JP Title :「悪魔が来りて笛を吹く(1979)」
Original : ※※※
▪️First Release Year : 1979
▪️JP Release Date : 1979/01/20
▪️Production Country : 日本
🏆Main Awards : ※※※
▪️Appreciation Record : 2020-685 再鑑賞
🕰Running Time : 136分
▪️Director : 斎藤光正
▪️Writer : 野上龍雄
▪️MusicD : 山本邦山、今井裕
▪️Cast : 西田敏行、宮内淳、斉藤とも子、二木てるみ、夏八木勲、鰐淵晴子、仲谷昇
▪️Review
『悪魔が来たりて笛を吹く』の題名そのままのフルートのテーマソングが凄く記憶に残ってる、それが一番印象的な作品です。
東宝の金田一シリーズ、松竹の『八つ墓村』に続いて東映も横溝正史の金田一耕助を映画化しました。
でも残念ながら、原作小説の中でも素晴らしい本作ですが、映画化によってその世界観が十分に表現できてると思えず、また東宝や松竹作品のように俳優陣も中心のキャスティングには大物俳優、大物女優が配されていません。ヒロインには斉藤とも子(当時、『ゆうひが丘の総理大臣』などの青春モノの優等生ヒロインで人気でしたね)、金田一耕助には西田敏行、その他宮内淳、二木てるみ、夏八木勲、鰐淵晴子などです。しかしながら中村玉緒、中村雅俊、浜木綿子、梅宮辰夫ら豪華演技陣が脇を固めてるんですけどね。。。(あと神戸須磨の旅館の女将、中村玉緒が京都弁なのはNGですよね)
本作、旧・華族で起きた血の惨劇を描く金田一耕助シリーズの一作で、横溝自らが語る「この恐ろしい物語だけは映画にしたくなかった」という宣伝文句で話題になりましたが、なんと54年に片岡千恵蔵主演で既に映画化されていました(笑)。

物語は。。。
「父はこれ以上の屈辱に耐えていくことができない。ああ、悪魔が来りて笛を吹く」謎の遺書を残して失踪する椿英輔子爵。以後、椿邸では、悪魔の吹くフルートの音とともに、次々と怪奇な殺人事件が発生しますが。。。

▪️Overview
元子爵、椿家の乱れた人間関係によって生まれた兄妹の起こす連続殺人事件を解決する金田一耕肋の活躍を描く。角川春樹事務所の企画で復活した金田一耕助は東宝で石坂浩二の主演で四本製作されたが、今回は、同じ角川春樹事務所の企画だが、西田敏行の主演で東映で製作された。脚本は「柳生一族の陰謀」の野上龍雄、監督はにっかつで「女の意地」を監督した後「太陽にほえろ!」「青春ド真中!」などのテレビ・シリーズを手がけている斎藤光正、撮影もテレビで活躍している伊佐山巌がそれぞれ担当している。(引用:映画. com)
TATSUYA

TATSUYAの感想・評価

3.0
戦前、チカラを持っていた華族の呪われた血が悪魔を生んだ。フルートが邸宅に鳴り響くおどおどろしい話。
雰囲気は出てるけど、西田敏行=金田一耕助が捜査する二時間サスペンス的な作りでしたね。探偵が主役になって、画面に多く出るのは違うと思う。
ななみ

ななみの感想・評価

2.8
こんなだっけ。フルートの件は?原作読み直したい。ドラマ版は良かったのに。
東太郎さん、宮内淳さんなのね。
秌子は鰐淵晴子さんぴったり。美しい。
宮内淳氏の訃報にかこつけてレビューするのは気が引けるが、41年前の映画となれば、監督をはじめ多くのキャストが鬼籍に入っているのは仕方がない。
市川作品と趣きが違うのも面白く、人間味溢れる西田金田一に夏八木勲の名コンビ、斉藤とも子のお嬢様ぶり、雅俊さんや関谷ますみがカメオ出しているなど見所も多い。個人的には二木てるみさんが出演しているので観に行ったのだが、ラストの思わぬ展開にデートムービーにしたことを後悔したのも、いまとなれば懐かしい思い出だ。
2018年のBSスーパープレミアム版に劣らぬ映像化だと評価している。
市川×石坂版の金田一がいかに優れた作品だったかを再認識した映画だった
一族の人間関係の描写が下手くそで
整理しながら観なきゃいけないから
面倒くさいったりゃありゃしない
謎の遺書を残して椿子爵が失踪して以来、椿邸では悪魔の吹くフルートの音とともに次々と怪奇な殺人事件が起こる…。横溝正史の最高傑作を東映が映画化。
金田一テイストも東映カラーも感じられないけど、タイトルのインパクトが際立つ。
"この家には悪魔がいる。父はこれ以上の屈辱、不名誉に耐えていくことができないのだ。由緒ある椿の家名も、これが暴露されると泥沼のなかへ落ちてしまう。ああ、悪魔が来りて笛を吹く"。銀座の宝石店・天銀堂強盗殺人事件。砂占い。風神雷神像。火焔太鼓模様は"悪魔の紋章"。"悪魔ここに誕生す"。「人間の営みのなかには、法律で裁けないことがあるんじゃないでしょうか」
ママン

ママンの感想・評価

3.1
これも映画館に連れてかれて観たのかは覚えてないけど、テレビでもさんざんやってたし、ほんと怖くて怖くてさ、鍵っ子だったからこんなの夜に放送してたから、怖いのに観ちゃうしさ、トラウマしかないよ🌀🌀🌀
相関図が必要…(笑)
殺人の動機はわかるが、一回見ただけではトリックや流れ(?)の分かりにくい部分もあった…。

コミカルな西田敏行さんの金田一は抜け感が自然で良かった。
微妙だな。西田敏行バージョンの金田一さんに違和感(金田一耕助は石坂浩二派です)。変な人オーラが出てない。物語に大した捻りが無く、登場人物も多くてさっぱり楽しめませんでした。
東映版金田一耕助作品。原作と話の流れは概ね一緒だが、所々細かい点や人物設定、そして犯人設定に原作との相違点が見られる。西田敏行の演じる金田一はそれまでの金田一像とは一風違った新しいキャラクターとなっている。他の金田一俳優との差別化を計るための努力も感じられる。少々説明不足だったり、画面の構図がたまに見辛かったりと若干不親切な造りではあるが、それでも十分に楽しめる映画である。
>|