転がれ!たま子の作品情報・感想・評価

「転がれ!たま子」に投稿された感想・評価

ながゆ

ながゆの感想・評価

2.5
かなーり昔にDVDで2.3回観たと思います。
数少ない(?)甘食映画です。
主人公の大好きな日進月歩堂の甘食はどんな味なのか、食べてみたいです。
山田麻衣子と衣装がとっても可愛いので、それだけでも見る価値ありだと思います。
内容はぶっ飛んでます。
何の予備知識もないままタイトルとジャケに惹かれて鑑賞。寒気を通り越して怖気がする程の不思議ちゃんメンヘラ率の高さに圧倒されるイタさが迸ってるけど、それを超越して余りあるほどウルトラ可愛いファッションとミラクル可愛い山田麻衣子の魅力によって緩衝され中和し何かもうどうでもいいやってくらい脳内スーパー(キ◯ガイ)ハッピーフェノメノン! ちびまる子ちゃん的なナレーション処理のダサさとか撮りたい絵だけ繋げて作ってるはずなのに説明台詞で回収する杜撰さとか恥ずか死ぬレベルの超弩級の辱めなのだけれど映画の出来が粗雑であるとか粗悪であるとか粗末であるとか瑣末なこと。甘食さえあれば幸せなのだ、人生は。
でも、これでこの長さは拷問。
前の前の会社で一緒に働いていた映画好きの友達と12年前ぐらいに映画館で鑑賞した作品です。友達に誘われて、この作品を観ました。日本映画は殆ど観ていなかったので何年かぶりに観ました。

タイトルを見ただけで、面白そうで、おバカな変な映画かと観る前は思っていました。
オドレイ・トトゥ主演のフランス映画『アメリ』みたいな作品でした。私は、『転がれ!たま子』より『アメリ』の方が良くて好きです。『アメリ』みたいに面白みのある素晴らしい作品ではなく、『転がれ!たま子』の主人公の女の子が、おバカ過ぎて呆気にとられてしまい、作品の出来具合が悪かったです。

この作品の主人公は、甘食というパンが好きな女の子。甘食がメインだと言ってもいいぐらい甘食が出てきます。この作品を観ていると甘食が食べたくなります。

上映された当時は新人監督が撮影した作品で、有名監督の孫だということもあり、俳優陣はベテラン勢が揃った良い俳優さんが出演して演技も良かったのに、この作品の出来具合は悪く勿体なかったです。

好き嫌いが出るような作品かなと思いました。
yasuka

yasukaの感想・評価

3.5
うわぁ
おそらく10年以上前に観たものなのに、まだ歌える。甘食の歌。
甘食というものをこの映画で初めて知って、その美味しさに感動した。
日本版のアメリみたいな女の子。
zzzzz

zzzzzの感想・評価

3.0
『あーましょく あましょく らぶ
あーましょく あましょく すっき♩♩』


小学生?のとき
人生で初めて見たつまらない映画、

だけど音楽はずっと覚えてる。
うーん。何とも言えない作品。
てか甘食(あましょく)という食べ物初めて知ったし!見たことはあると思うけど、名前は知らんかった。
調べると、「菓子パンと食パンの中間程度に甘い、円錐(えんすい)形のパン」ほぉ~
甘食の事ばっか言ってるけど、それほど甘食がキーワードの作品でした。
花紫

花紫の感想・評価

1.2
びっくりした。つまらなくて。
不思議ちゃんて、自然だからいいのであって、映画の中で作られたものは不自然で無理がある。
甘食しか印象に残らなかった。
2014.04.
山田麻衣子かわいい
とりあえず観終わった後は甘食を買いに行きました
山田麻衣子のかわいさが異常!!
映画全編が山田麻衣子のかわいさのみによって成り立っている有り得ない映画!!
(星三つはすべて山田麻衣子のかわゆさへの評価です)

ストーリーやメッセージ性は無いも同然なので追わずとも良し。
ただただ山田麻衣子のかわいさに溺れればよいのだよ!
(好き者は平岩紙を愛でても可)
ベストショットは甘食を入れたオーブンの赤熱灯に照らされるにんまり笑顔のたま子。

今思うとどことなーく京アニ臭のする内容。
パン屋の双子がいい味出してる。
主題歌が耳にこびりつきます。
sokosan

sokosanの感想・評価

3.7
日本版・アメリ。好きなものがあれば追いかけたいものがあれば人は変われるんだねっ!登場人物みんなが自分のやりたいこと自由にやってて見てて楽しかった!隠れおしゃれ映画。美容室可愛い。
>|